麻酔科医ハナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

麻酔科医ハナ』(ますいかいハナ)は、なかお白亜による日本漫画作品。監修は松本克平。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年13号より連載中。ちなみに当初のタイトルは「麻酔医ハナ」であったが、単行本第1巻発行時に現在のタイトルに変更された。

概要[編集]

術前回診以外に、直接患者と接する機会も少なく、主に世間と隔絶した手術室にいるため、その存在をあまり知られることもなく、かつ脚光を浴びやすい“外科医”の陰で、知られざる激務である麻酔科医の実態をコミカルかつ、シリアスに描いた作品。

登場人物[編集]

仁望大学付属東総合医療センター麻酔科[編集]

華岡ハナ子
主人公。研修期間2年を終えたばかりの駆け出し(後期研修医1年目)。巨乳の持ち主。
キャラクターモデルは、世界で初めて全身麻酔下による手術を行った外科医、華岡青洲
井上いつき
ハナ子の後輩、新人麻酔科医(研修医1年目)。
浅野目愛
ハナ子やいつきの先輩。麻酔科医たち行きつけのカクテルバー「クラビクラ」で、火浦に「アイちゃん」と言われてはいた。
卯月
麻酔科医局長、准講師。甘いもの好きで、菓子類を口にしていることが多い。昔は痩せていたが暴飲暴食が祟り、4年で激太りした。
小早川昴四郎
昔は本院で一番の有能株であったが、麻酔事故で患者を亡くしてから自信喪失となった。一度本院を去り、数年後東医療センターに戻ってきた。かつての事故の心理的影響からなのか、自身が担当する麻酔の件数は少ない。
火浦ヒロト
東総合医療センターが三次救急病院に指定された際に、その補充要員として転属してきた。ハナ子のオーベン(指導医)。他者とのコミュニケートに難があるが、麻酔科医として知識・技術に長けている。

書誌情報[編集]

関連項目[編集]