黄エン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「黄琬」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

黄 琬(こう えん、141年 - 192年)は、中国後漢末期の人物。子琰[1]。曾祖父は黄香。祖父は黄瓊(黄琼)。荊州江夏郡安陸県の出身。

生涯[編集]

幼少時に父を失い、祖父に養われた。三公の孫であるという理由で童子郎に選ばれ、都で名を知られるようになった[2]

成長して五官中郎将となったとき、黄琬は陳蕃と共に政治の刷新を狙ったが失敗し、20年に亘り官界から追放された。光和年間末、楊賜の推薦で返り咲き、太僕などを歴任し、豫州となった[3]

永漢元年(189年)、董卓が権力を握ると都に召還され司徒に、次いで太尉に任命された。しかし、董卓の長安遷都に反対し罷免された。後に光禄大夫として復帰し、さらに司隷校尉に転じた。王允呂布らが董卓の暗殺を図ると、黄琬もこれに参画し暗殺を成功させた。

しかし間もなく、旧董卓軍の李傕郭汜らが長安を占拠して王允を殺害、呂布を追い出してしまう。この際に黄琬も李傕らに捕らえられ獄死した。享年52。

なお小説『三国志演義』では、黄奎という架空の息子が登場する設定となっている。

脚註[編集]

  1. ^ 『後漢書』校勘記(中華書局)の『文選』にある李善(李邕の父)が引用する『後漢書』によると「公琰」。
  2. ^ 漢末英雄記』(王粲著)・『続漢書』(司馬彪著)によると、黄琬は同郷の劉璋の祖母の甥にあたり、同時に来敏の姉の夫でもあった。
  3. ^ 三国志』「曹真伝」の裴松之の注に引用された『魏書』には、曹真の父曹邵初平年間に、曹操が挙兵した時に呼応して兵を集め、曹操に従った。豫州牧黄琬が曹操を殺害しようとした際、曹操は難を逃れたが、曹邵は殺された、とある。但しこれは、189年中に豫州牧から司徒に遷っているという『後漢書』「献帝紀」の記述と矛盾する。