黄喜燦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ファン 喜燦ヒチャン Football pictogram.svg
FC RB Salzburg gegen Wolfsberger AC (10. August 2019) 27.jpg
レッドブル・ザルツブルクでの黄喜燦(2019年)
名前
カタカナ ファン・ヒチャン
ラテン文字 Hwang Hee-Chan
ハングル 황희찬
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1996-01-26) 1996年1月26日(25歳)
出身地 江原道春川市
身長 177cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 RBライプツィヒ
ポジション FW
背番号 11
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2020 オーストリアの旗 レッドブル・ザルツブルク 86 (28)
2015-2016 オーストリアの旗 FCリーフェリング 31 (13)
2018-2019 ドイツの旗 ハンブルガーSV (loan) 20 (2)
2020- ドイツの旗 RBライプツィヒ 18 (0)
代表歴2
2011-2012 大韓民国の旗 韓国U-17 7 (7)
2013-2014 大韓民国の旗 韓国U-20 12 (6)
2015-2018 大韓民国の旗 韓国U-23 22 (5)
2016- 大韓民国の旗 韓国 34 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月8日現在。
2. 2021年3月16日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

黄 喜燦(ファン・ヒチャン、: Hwang Hee-Chan)は、大韓民国江原道春川市出身のサッカー選手。ポジションはFWブンデスリーガRBライプツィヒ所属。韓国代表

経歴[編集]

浦項スティーラースの下部組織出身で、2014年にレッドブル・ザルツブルクのリザーブチームでキャリアをスタートさせた。

2018年8月31日2. ブンデスリーガハンブルガーSVへレンタル移籍[1]ブンデスリーガから降格し、1年でのトップリーグ復帰を目指すハンブルガーの切り札として期待されるも、20試合2ゴールと不発に終わる。

2019年、レッドブル・ザルツブルクに復帰。欧州チャンピオンズリーグリバプール戦でプレミアリーグで55試合連続でドリブル突破を許さなかったフィルジル・ファン・ダイクのタックルを交わし、強力な右足シュートでゴールネットを揺らすなど、1ゴール1アシストの活躍をみせた。サッカー統計サイトの「フースコアードドットコム」はファン・ヒチャンにチーム内最高採点の8.2を与えた。また、欧州サッカー連盟(UEFA)は、「ファン・ヒチャンがUEFA年間最優秀選手賞を受賞したファン・ダイクを完璧に騙した。アンフィールドで視線を釘づけにしたのはファン・ヒチャンだった」と絶賛した。[2]

2020年7月8日、RBライプツィヒと5年契約を締結した[3][4]

代表歴[編集]

リオ五輪を戦う韓国代表に選出された後、ワールドカップ最終予選を戦う韓国A代表にも招集され2016年9月1日の中国戦でデビュー。2017年6月13日の同予選カタール戦で代表初得点を挙げた。

2018 FIFAワールドカップに3試合出場。2018年アジア競技大会男子サッカーに出場し、優勝により兵役免除の恩典を受ける。

エピソード[編集]

  • 2017年3月23日、ワールドカップ最終予選の中国戦で、後半20分に投入されたが後半45分に相手選手の尹鴻博英語版が倒れた際にボール越しに蹴り込み、両軍しばらくの小競り合いとなりゲームを一時中断させてしまった。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

レッドブル・ザルツブルク

代表[編集]

U-23韓国代表

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

ウィキメディア・コモンズには、黄喜燦に関するカテゴリがあります。