有熊氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

有熊氏(ゆうゆうし、拼音: yǒuxiong shì)は、古国時代の有熊国の氏族である。

概要[編集]

伝説では、無懐氏の時代、少典が熊を使役できた事から始まる、両氏の祖とされる。有熊国を治め、支族である神農の一族は姜姓軒轅の一族は姫姓を名乗った。現在の中国においては、伝説上とはいえ、殆どがこの子孫という事になっているとされる[1]

有熊国[編集]

有熊国(ゆうゆうこく)は、古国時代無懐氏以降における伝説上の有熊氏の治めた国である。

歴代君主として、次の人物が立ったとされる。

  • 少典  有熊国を建てた。
  • 姜石年 少典の子で、炎帝を称した[注釈 1]
  • 姫勗其 少典の子。古蜀の祖とも[注釈 2]
    • 姫巨駓 姫勗其の子。
  • 姫芒昧 姫巨駓の子。
  • 姫夷栗 姫芒昧の子。
  • 姫柏堅 姫夷栗の子、赤水氏を称した。
  • 姫節  姫柏堅の子。
  • 姫赫胡 姫節の子。
  • 姫封胥 姫赫胡の子。
  • 姫依盧 姫封胥の子。
    • 姫啓昆 姫依盧の子。

炎帝神農氏[編集]

  • 神農 (1) 神農氏の初代。BC3050頃。
  • 帝臨魁(2) 帝承が2代目とも。
  • 帝承 (3) 帝臨が3代目とも。
  • 帝明 (4) 帝則が4代目とも。
  • 帝直 (5) 帝百が5代目とも。
  • 帝来 (6) 帝嫠が6代目とも。
  • 帝哀 (7) 帝襄が7代目とも。
  • 帝楡罔(8) 帝楡とも。阪泉の戦いで敗れる[注釈 3]

黄帝有熊氏[編集]

黄帝有熊氏(こうていー)は、黄帝からまで、事実上の世襲[注釈 4]により中華を治めたとされる一族の事である。単に有熊氏と略する場合があり、混同に注意が必要である。

黄帝有熊国の出身とされ、炎帝神農氏阪泉の戦いで破り、帝号を称した。姫姓であり、三代戦国七雄の祖である。特に周代において、周王家がこの子孫である事が強調された[2]

の治世は、徳により民を正しく導き、有徳者への禅譲が2代続けて行われた事で、後世の為政者から理想化された。また、からの禅譲により夏王朝が成立した事から、曹丕などの簒奪者は、放伐する事もできたが、前王朝からの正当性をアピールするという観点から、禅譲を用いた。

  • 黄帝 (1) 有熊国の出身。
  • 玄囂 (2) 黄帝の長男、少昊。
  • 顓頊 (3) 黄帝の次男昌意の長男。
  •   (4) 玄囂の子の蟜極の子。帝夋(祖)
  •   (5) 嚳の長男。
  • 放勲 (6) 嚳の次男。堯。重華に禅譲。
  • 重華 (7) 瞽叟の子。舜。に禅譲。
    • 窮蝉  顓頊の子。
    • 敬康  窮蝉の子。
    • 句望  敬康の子。
    • 橋牛  句望の子。
    • 瞽叟  橋牛の子。

その後[編集]

羿の帝位簒奪時の家臣に、熊髠という人物が居たとされるが、これは有熊氏の嫡流である熊姓の者とされる。また、周代の諸侯国の1つで子爵を称した羅国も熊姓であったが、BC690にに滅ぼされた。また別系の子孫は華姓を名乗っているとされる[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  • 注釈
  1. ^ 西晋代以降、神農と同一視されるが、それ以前の記述では異なる。
  2. ^ 西晋代以降、黄帝と同一視されるが、それ以前の記述では異なる。
  3. ^ 子孫は残っているが、この代で黄帝に倒されたため、以降は神農氏の項で記すこととする。
  4. ^ 形式上は禅譲であった。
  • 出典