黄志龍 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黄 志龍
Chih-Lung Huang
YG-Chih-Lung-Huang20100829.jpg
読売ジャイアンツ時代
(2010年8月29日)
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台湾省台東県
生年月日 (1989-02-22) 1989年2月22日(29歳)
身長
体重
177 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 NPB / 2010年6月9日
CPBL / 2012年3月21日
最終出場 NPB / 2010年6月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

黄 志龍(ファン・ツーロン、1989年2月22日 - )は、台湾中華民国)の台東県出身の元プロ野球選手投手)。右投げ右打ち。

経歴[編集]

日本球界時代[編集]

2009年秋に日台間の野球交流事業の一環で読売ジャイアンツの2軍練習に参加。多彩な変化球が関係者の目に留まり、2010年から読売ジャイアンツの育成選手として契約。

2010年6月4日支配下選手登録される。契約金1千万円、年俸440万円。背番号は「118」から、同じ台湾出身の呂明賜姜建銘らが着用していた「97」に変更された。

2010年6月9日にオリックス戦で1軍初登板。躍動感あるフォームから繰り出される威力十分の投球もあり、3回1/3を2失点で降板も首脳陣から高く評価された。

2010年11月、広州アジア大会台湾代表に選ばれ銀メダルを獲得した。

2011年は、一軍登板は無く、二軍でも僅か4試合の登板に終わった。10月9日、球団から川口寛人とともに戦力外通告を受けた[1]

台湾球界時代[編集]

2011年の中華職棒大連盟ドラフト会議にて、統一セブンイレブン・ライオンズから1位指名をされた。

2012年11月には、第3回WBC予選前にキューバ代表との国際親善試合であるサンダーシリーズのCPBL代表に選出されている[2]

2014年10月13日にライオンズを解雇される。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 巨人 3 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 43 7.2 13 1 6 1 0 6 1 0 9 9 10.57 2.50
2012 統一 18 7 0 0 0 0 4 0 0 .000 206 40.1 69 1 20 0 5 15 2 0 40 32 7.14 2.21
2013 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 3.1 7 1 3 0 1 2 1 0 5 4 10.80 3.00
2014 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 0.1 2 0 2 0 0 0 0 0 2 2 54.00 12.00
NPB:1年 3 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 43 7.2 13 1 6 1 0 6 1 0 9 9 10.57 2.50
CPBL:3年 23 7 0 0 0 0 4 0 0 .000 232 44.0 78 2 25 0 6 17 3 0 47 38 7.77 2.34
  • 2014年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 118 (2010年 - 同年途中)
  • 97 (2010年途中 - 2011年)
  • 23 (2012年 - 2014)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ファン、川口両選手に戦力外通告”. 読売ジャイアンツ (2011年10月9日). 2011年10月9日閲覧。
  2. ^ WBC 資格賽《賽前組訓熱身賽》球員出賽參考名單 中国語 2015年4月19日閲覧

関連項目[編集]