黄慶泳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黄 慶泳
Hwang Kyun-Young
基本情報
大韓民国の旗 韓国
出身地 京畿道平沢市
生年月日 (1969-02-28) 1969年2月28日(50歳)
出身 韓国体育大学校
監督歴
クラブ
2005-2009 日本の旗 オムロン
2008-2012 日本の旗 日本代表女子
2010-2018 日本の旗 オムロン
受賞歴
  • 最優秀監督賞:2005年・2006年・2007年・2008年・2011年・2012年・2013年
テンプレートを表示

黄 慶泳(ファン・キョンヨン、1969年2月28日 - )は、京畿道平沢市出身の元ハンドボール選手、指導者。

オムロンでは監督として日本リーグ優勝7回、日本選手権優勝10回、社会人選手権優勝3回を記録。

経歴[編集]

韓国体育大学校卒業後は尚武でプレー[1]。その後は韓国体育大学でコーチを務めた。

1998年に日本代表女子のコーチに就任[2]

2005年から日本ハンドボールリーグオムロンのヘッドコーチに就任[1]

2008年秋に日本代表女子の監督に就任[3]。就任中の2009-10年シーズンはオムロンのアドバイザーコーチを務めた[4]

2010-11年シーズンからオムロンのヘッドコーチに復帰[5]

2012年ロンドン五輪世界最終予選で敗退したため、代表監督を辞任[6]

2018-19年シーズンから総監督に就任。同シーズン限りで退任した。

詳細情報[編集]

年度別監督成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

リーグ チーム 順位 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
2005-06 JHL オムロン 1位 12 10 0 2 357 279
2006-07 1位 15 13 1 1 502 339
2007-08 1位 15 13 0 2 435 345
2008-09 1位 15 13 1 1 455 310
2010-11 4位 15 9 1 5 390 277
2011-12 2位 15 11 1 3 440 267
2012-13 1位 15 12 2 1 406 262
2013-14 1位 18 14 2 2 495 323
2014-15 2位 18 14 0 4 444 288
2015-16 2位 12 10 0 2 275 208
2016-17 2位 18 12 0 6 388 344
2017-18 5位 24 14 1 9 534 474
JHL:12年 192 145 9 38 5121 3716
  • 各年度の太字はリーグ最高

JHLプレーオフ[編集]

大会名 対戦相手 勝敗
2005-06 プレーオフ決勝 広島メイプルレッズ 32-26 / 優勝
2006-07 プレーオフ決勝 広島メイプルレッズ 33-24 / 優勝
2007-08 プレーオフ決勝 ソニーセミコンダクタ九州 31-30 / 優勝
2008-09 プレーオフ決勝 北國銀行 32-28 / 優勝
2011-12 プレーオフ準決勝 ソニーセミコンダクタ 24-17 / 決勝進出
プレーオフ決勝 北國銀行 18-15 / 優勝
2012-13 プレーオフ決勝 広島メイプルレッズ 22-21 / 優勝
2013-14 プレーオフ準決勝 ソニーセミコンダクタ 25-22 / 決勝進出
プレーオフ決勝 北國銀行 25-23 / 優勝
2014-15 プレーオフ準決勝 広島メイプルレッズ 23-19 / 決勝進出
プレーオフ決勝 北國銀行 18-23 / 敗退 (2位)
2015-16 プレーオフ準決勝 ソニーセミコンダクタ 25-18 / 決勝進出
プレーオフ決勝 北國銀行 17-31 / 敗退 (2位)
2016-17 プレーオフ準決勝 広島メイプルレッズ 19-25 / 敗退 (3位)

代表監督成績[編集]

大会名 結果
2009年 日韓定期戦2009 日本の旗 日本代表女子 1勝1敗
第14回ヒロシマ国際大会 日本の旗 日本代表女子 優勝
2010年 JAPAN CUP 2010 日本の旗 日本代表女子 2位
2011年 第16回ヒロシマ国際大会 日本の旗 日本代表女子 優勝
ロンドン五輪・アジア予選 日本の旗 日本代表女子 敗退 (2位)
2012年 ロンドン五輪・世界最終予選 日本の旗 日本代表女子 敗退 (グループ4位)

タイトル・表彰[編集]

日本ハンドボールリーグ[編集]

  • 最優秀監督賞:7回 (2005年・2006年・2007年・2008年・2011年・2012年・2013年)

日本選手権[編集]

  • 最優秀監督賞:10回 (2005年・2006年・2007年・2008年・2011年・2012年・2013年・2014年・2016年・2017年)

社会人選手権[編集]

  • 優秀監督賞:3回 (2006年・2007年・2013年)

脚注[編集]

[ヘルプ]