黄瀬文吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

黄瀬 文吉(きのせ ぶんきち、天明6年(1786年) - 天保13年(1843年12月)は、江戸時代後期の一揆指導者[1]

経歴・人物[編集]

近江国甲賀郡杣中村(現:滋賀県甲賀市水口町)の庄屋[1]

50歳の時に職を辞し[2]天保13年(1843年)の近江天保一揆を指導する[1]。のち指導者として捕らえられ、同年12月京都二条城にて獄死した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『黄瀬文吉』 - コトバンク
  2. ^ 滋賀県教育会編『近江人物志』、p.611(1917)