黄竹坑駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黄竹坑駅
Platform 2 of Wong Chuk Hang Station.jpg
2番ホーム
黃竹坑
ウォンチョクハン
Wong Chuk Hang
所在地 香港の旗 香港香港島南区黄竹坑香葉道南朗山道の交点
所属事業者 香港鉄路有限公司 (MTR)
電報略号 WCH
駅構造 高架駅
ホーム 島式2面2線
開業年月日 2016年12月28日
乗入路線 1 路線
所属路線 南港島線 (東段)
利東
テンプレートを表示
黄竹坑駅
各種表記
繁体字 黃竹坑站
発音: ファンヂューコン チャン
広東語拼音 wong4 zuk1 haang1 zaam6
広東語発音: ウォンチョクハン ツァム
日本語漢音読み おうちくこうえき
英文 Wong Chuk Hang Station
テンプレートを表示
駅舎南側(左)と南港島線車廠(右)
コンコース
ホーム
券売機

黄竹坑駅(こうちくこうえき、ウォンチョクハンえき)は香港香港島南区にあるMTR南港島線東段である。

概要[編集]

金鐘駅から南風トンネル中国語版を抜けてすぐの場所にあり、城巴シティバス海洋公園車庫中国語版の跡地に建造された、当路線中最初に完工した駅。駅識別カラーは「黄色とオリーブグリーン」。暗渠化した黄竹坑明渠中国語版の上にある

省人化のため有人窓口(客務中心)はなく、タッチパネル式の自助客務機中国語版(セルフ式精算機・チャージ機)やオペレーター通話機能を備えた資訊台が代用として設置される[1]

駅構造[編集]

島式ホーム2面2線の高架駅

のりば[編集]

南港島線
(西段)
ホーム階
南港島線(西段)予定部分
南港島線
ホーム階
2番ホーム 南港島線 金鐘方面海洋公園
島式ホーム
1番ホーム 南港島線 海怡半島方面利東
コンコース階 コンコース B出口/歩道橋、資訊台(改札外)、セルフ式精算機(改札内)、
無料Wi-fiスポット、自動券売機、売店、トイレ
地上 - A出口、バスターミナル、タクシー乗り場

駅出口[編集]

A1出入口
A2出入口エレベーター
A2出入口階段
B出入口
B出入口連絡橋
香葉道休憩処(B出入口)
公共交通結節点(バスターミナル)
  • 身障者用エレベーターA出口:バスターミナル
  • 身障者用エレベーターB出口:南朗山道
  • スロープC出口:黄竹坑道(開業時は未完成。黄竹坑車廠上の開発エリアと連結される)

利用状況[編集]

平日はラッシュ時3分20秒間隔、日中4分30秒間隔、土曜日は日中4分30秒間隔、夕方4分間隔、日祝日は日中4分30秒間隔で3両編成の無人運転列車が運行される[2]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

香港鉄路 (MTR)
南港島線 (東段)
海洋公園駅 - 黄竹坑駅 - 利東駅
南港島線 (西段)(計画中)
黄竹坑駅 - 香港仔駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]