黄載均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黃 載鈞 (ファン・ジェギュン)
KTウィズ #10
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 ソウル特別市
生年月日 (1987-07-28) 1987年7月28日(32歳)
身長
体重
183 cm
96 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手遊撃手
プロ入り 2006年 2次ドラフト3位
初出場 KBO/ 2007年4月21日
MLB/ 2017年6月28日
最終出場 MLB/ 2017年8月1日
年俸 11億ウォン(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
プレミア12 2015年2019年
ファン・ジェギュン
各種表記
ハングル 황재균
漢字 黃載鈞
発音: ファンジェギュン
英語表記: Hwang Jae-Gyu
テンプレートを表示

黃 載鈞(ファン・ジェギュン、韓国語:황재균、1987年7月28日 - )は、韓国出身のプロ野球選手内野手)。KBOリーグKTウィズ所属。

サンフランシスコ・ジャイアンツ史上初の韓国人選手である[1]

経歴[編集]

現代ユニコーンズ時代[編集]

京畿高等学校卒業後、2006年に2次ドラフト3位で現代ユニコーンズに入団。

2007年は同球団の最後のシーズンであり、後半戦から1軍に定着し頭角を現した。

ネクセン・ヒーローズ時代[編集]

現代解散後、2008年より創設されたウリ・ヒーローズ(同年途中からソウル・ヒーローズ、2010年よりネクセン・ヒーローズ)へ移籍。

2009年にレギュラーシーズン全133試合に出場、初めて規定打席に達し、18本塁打、30盗塁を記録した。

ロッテ・ジャイアンツ時代[編集]

2010年シーズン途中の7月、ロッテ・ジャイアンツにトレードで移籍した。

2011年遊撃手に転向したが、シーズン途中で文奎現(ムン・ギュヒョン)に遊撃手の座を奪われ、再び三塁に戻った。

2014年は9月に開催された2014年仁川アジア競技大会野球韓国代表に選出された。この大会では、チャイニーズタイペイとの決勝戦で2点タイムリーヒットを打つなど優勝に貢献し、兵役免除の恩典を受けることとなった。また母のソル・ミンギョンはテニス選手で、1982年ニューデリーアジア大会で優勝しており、韓国史上初の母子でアジア大会金メダルを獲得した例となった。2012年から2015年までレギュラーシーズン全試合に出場した。

2015年10月7日に第1回WBSCプレミア12韓国代表選手28名に選出された[2]。大会ではベストナインの三塁手部門で表彰されるなど、韓国代表の優勝に貢献した。同年11月末、メジャーリーグベースボール(MLB)への移籍のためポスティングを要請したが入札先はなく、この年での移籍を断念した。

2016年オフにフリーエージェント(FA)権を行使した。

サンフランシスコ・ジャイアンツ時代[編集]

2017年1月25日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加した。

シーズンの開幕はジャイアンツ傘下のマイナーリーグチームであるAAA級サクラメント・リバーキャッツで迎えた。6月28日コナー・ガレスピー故障者リスト入りに伴い、メジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし、同日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビューを果たした[1]。メジャーでの背番号は1。このデビュー戦で本塁打も記録している[3]7月23日にAAA級サクラメントへ降格となった。7月28日にMLBへ再昇格したが、8月2日に再びAAA級サクラメントへ降格した。9月1日にDFAとなり40人枠から外れ[4]、11月2日にFAとなった。

KTウィズ時代[編集]

2017年11月13日にKTウィズと2018年から4年総額88億ウォンで契約し、韓国プロ野球へ復帰した[5]

2018年は8月から9月に開催された2018年ジャカルタ・パレンバンアジア競技大会の韓国代表に選出された。同大会では韓国の3連覇に貢献した。

2019年オフの11月に開催された第2回WBSCプレミア12の韓国代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした。同大会では決勝で日本に敗れ、準優勝となったが、同大会は東京オリンピック予選を兼ねており、開催国である日本を除きアジア・オセアニア最上位だったため韓国は出場権を獲得した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 現代 63 171 160 19 48 6 0 2 60 12 2 2 4 1 5 0 1 33 1 .300 .323 .375 .698
2008 ウリ
ソウル
ネクセン
117 333 306 27 73 10 1 1 88 18 10 7 7 2 16 0 2 56 8 .239 .279 .288 .567
2009 133 608 536 86 152 27 5 18 243 63 30 15 6 8 55 0 3 100 11 .284 .349 .453 .802
2010 52 198 169 26 38 5 0 2 49 21 12 5 1 4 22 0 2 33 6 .225 .315 .290 .605
ロッテ(KBO) 42 154 137 15 31 9 3 4 58 19 6 2 5 0 10 0 2 40 4 .226 .289 .423 .712
'10計 94 352 306 41 69 14 3 6 107 40 18 7 6 4 32 0 4 73 10 .225 .303 .350 .653
2011 117 458 398 62 115 18 4 12 177 68 12 6 3 8 40 1 9 78 9 .289 .360 .445 .805
2012 133 504 448 42 122 19 1 4 155 51 26 8 11 2 38 3 5 81 10 .272 .335 .346 .681
2013 128 559 489 70 134 29 3 7 190 56 22 11 7 4 49 3 10 78 14 .274 .350 .389 .739
2014 128 550 486 66 156 33 3 12 231 76 17 10 4 4 53 0 3 86 8 .321 .388 .475 .863
2015 144 596 534 95 155 41 2 26 278 97 11 10 4 6 48 1 4 122 14 .290 .350 .521 .871
2016 127 559 498 97 167 26 5 27 284 113 25 10 0 8 49 5 4 66 10 .335 .394 .570 .964
2017 SF 18 57 52 2 8 1 0 1 12 5 0 0 0 0 5 0 0 15 1 .154 .228 .231 .459
2018 KT 142 588 530 76 157 41 3 25 279 88 14 7 2 3 49 1 4 120 5 .296 .358 .526 .885
2019 124 506 447 78 127 16 3 20 209 67 10 7 0 5 52 2 2 70 10 .284 .358 .468 .825
KBO:12年 1450 5785 5138 759 1475 280 33 160 2301 749 197 100 54 55 480 16 51 963 110 .287 .351 .448 .799
MLB:1年 18 57 52 2 8 1 0 1 12 5 0 0 0 0 5 0 0 15 1 .154 .228 .231 .459
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

代表歴[編集]

背番号[編集]

  • 3 (2007年 - 2010年途中)
  • 6 (2010年途中 - 同年終了)
  • 13 (2011年 - 2015年)
  • 10 (2016年、2018年 - )
  • 1 (2017年)

脚注[編集]

  1. ^ a b Hwang homers for first Major League hit MLB.com (英語) (2017年6月28日) 2017年8月3日閲覧
  2. ^ 2015 프리미어12 국가대표팀 최종 엔트리 명단 발표 The official site of Korea Baseball Organisation (朝鮮語) (2015年10月10日) 2015年10月21日閲覧
  3. ^ Hundley, Hwang HRs help Giants sweep Rox MLB.com (英語) (2017年6月28日) 2017年8月3日
  4. ^ Jonathan Hawthorne (2017年9月1日). “Giants bring up four players as rosters expand” (英語). MLB.com. 2017年9月3日閲覧。
  5. ^ kt wiz¸ FA 황재균과 4년 계약 체결!” (韓国語). KT Wiz (2017年11月13日). 2017年11月13日閲覧。

関連項目[編集]