黄金のパートナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
黄金のパートナー
監督 西村潔
脚本 長野洋
原作 西村京太郎発信人は死者
製作 山田順彦
出演者 三浦友和
藤竜也
紺野美沙子
吉行和子
小林稔侍
音楽 来生たかお
高中正義
主題歌 来生たかお「そして、昼下り」
撮影 市原康至
編集 黒岩義民
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1979年4月28日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

黄金のパートナー』(おうごんのパートナー)は、1979年昭和54年)4月28日に公開された日本映画西村京太郎の『発信人は死者』を原作としている[1]

水中撮影も美しい青春アドベンチャーミステリー。中年男、青年、若い女性の微妙な関係のトリオによる犯罪絡みの宝探し、海洋冒険活劇、暗転と復讐といった点でフランス映画の『冒険者たち』に共通する忠実なオマージュとなっているが、ラストも含め、より明るく爽やかなタッチとなっている。

ストーリー[編集]

フリーカメラマン白バイ警官は"SOS245109"という謎のモールス信号を傍受する。そして謎の若い女が、帝国海軍の10億円の金塊を求めて、サイパンの海へ旅立つ。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ デジタル大辞泉プラス『発信人は死者』 - コトバンク