黄金の夜明け (ギリシャの政党)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ギリシャの旗 ギリシャ政党
黄金の夜明け
Χρυσή Αυγή
Meandros flag.svg
党旗
党首 ニコラオス・ミハロリアコス
成立年月日 1993年10月1日
本部所在地 アテネ
ギリシャ議会
0 / 300   (0%)
(2019年7月7日)
政治的思想・立場 メタクシズム英語版[1][2][3][4]
超国家主義[5][6][7]
ネオナチ[8]
ネオ・ファシズム[9][10][11]
社会保守主義[12]
国民保守主義[13]
経済ナショナリズム[14]
欧州懐疑主義[15][16][17][18]
右翼ポピュリズム[19]
反グローバリズム[20]
反共主義[21]
イスラム恐怖症[22]
公式サイト ΧΡΥΣΗ ΑΥΓΗ
シンボル 赤・黒
国際組織 平和と自由のための同盟
テンプレートを表示

黄金の夜明け(おうごんのよあけ、ギリシア語: Χρυσή Αυγή / Chrysi Avgi フリシ・アヴギ: Golden Dawn)は、ギリシャ極右政党移民排斥の主張と行動で知られる。2012年5月ギリシャ議会総選挙で国政に進出した。

党のスローガンは、「血、名誉、黄金の夜明け」である。集会で党員たちがこの言葉を連呼している[23]

概要[編集]

ムスリム・マイノリティを攻撃する「黄金の夜明け」のビラ(2012年)。上部にあるロゴが、ギリシア雷文(メアンドロス模様)を用いた「黄金の夜明け」のマーク

党名は、党首ニコラオス・ミハロリアコス1980年12月に創刊した雑誌の名前に由来している。その行動は1990年代より注目を集め、2010年代に入るとギリシャの経済破綻を背景に支持を伸ばした。

内外のメディアからは「ファシスト」と目されるが、黄金の夜明けの広報担当者は「我々はナショナリストだ。ファシストはイタリアだろ?」と述べており、ファシズム政党であることを否定している[24]。「黄金の夜明け」は、1930年代後半に首相として全体主義体制(八月四日体制)を築いたイオアニス・メタクサスの思想への共感を掲げている。

移民排斥を訴え、時折過激な暴力事件(ヘイトクライム)を引き起こしている。ホモフォビアを掲げ、ギリシャのゲイ・パレードを襲撃したことがある。他にも、移民が営業している露店を集団で襲撃し破壊したり[25]サッカーでのフーリガン活動など、この団体の引き起こしている暴力沙汰は枚挙に暇がない[26]。またホロコースト否認を掲げる[27]

一方、逆に党本部や支部が頻繁に反ファシストを掲げる左翼団体アナーキストの団体の襲撃にあっている[28]2012年12月3日には、アスプロピルゴスで事務所の入ったビルが何者かに爆破された[29]

沿革[編集]

「黄金の夜明け」のデモ(2010年)

ニコラオス・ミハロリアコスが1980年に結成した政治運動体が現在の「黄金の夜明け」である。1991年には注目を集める運動となり、1993年に政党として届け出が行われた。2005年にはいったん「黄金の夜明け」としての政治活動を停止し、愛国者同盟 (Patriotic Allianceの活動に参加していたが、のちにミハロリアコスが支持を取り下げている。2007年3月の第6回党大会で、党執行部は政治行動の再開を声明している。しかし、2009年の総選挙では0.29%の得票しか得られなかった[30]

ギリシャの財政破綻による経済危機を背景に支持が広がった。2010年11月7日の地方選挙ではアテネ自治体で5.3%の得票を集め、市議会に議席を得た。大きな移民コミュニティに隣接する地区では、その得票率は20%にさえ達した。

2012年4月初頭、総選挙を控えて行なわれた世論調査では支持率が5.5%にまで上昇し[30]、国政進出が確実と目されるようになった[31]。2012年5月6日に行われたギリシャ議会総選挙では、「すべての移民を国外追放し、国境地帯に地雷を敷設する」という過激な公約にもかかわらず[32]、7%の得票率によりギリシャ議会に18議席を獲得した 2013年6月連立政権の一翼を担っていた「民主左派」が連立離脱。これにより、一気に政局が不安定化しており、総選挙も取りざたされる中、黄金の夜明けの2013年6月現在の支持率は14%と直近の選挙から倍増。仮に総選挙が行われた場合、議会第三党に躍り出る可能性が高くなっている[33]

同年9月、黄金の夜明けのメンバーないしシンパと疑われている極右の男が、反ファシストの活動家でありヒップホップMCでもあったパブロス・フィサス(キラーP)を殺害した。この事件後、これに抗議する大規模デモがギリシャ国内で行われ[34]、活動家と警官隊との衝突があったり、黄金の夜明けの党事務所が襲撃されるなどした[35]。エヴァンゲロス・ベニゼロス首相代理は、広範な市民の抗議運動を歓迎し、黄金の夜明けに対して議会から出ていくよう求めた[36]。またこれに関連し、28日に党首ミハロリアコス他4人が犯罪組織結成に関与したとして逮捕されている[37][38]。10月24日、国会はテロリズムや犯罪組織に関係のある政党への国庫補助を禁止する法案を賛成多数で可決。これにより黄金の夜明けへの補助も止められた[39]

ところが、この事件から程なくして急落したはずの支持率が元に戻っている。

2014年5月25日欧州議会選挙で得票率9%を得て議席獲得、欧州議会に初進出を果たした。

2015年9月20日に行われた国政選挙では、7%の得票率で18議席を獲得しギリシャ議会第3政党となった[40]。しかし、2019年7月7日の総選挙では議席を獲得できなかった。

政策[編集]

EUがギリシャに強要する緊縮財政政策に反対している。2015年7月、黄金の夜明けに所属するイリアス・カシディアリスはEU側がギリシャに突きつけた構造改革と緊縮財政などEU案が記された書類をギリシャ議会において破りすて、大きな譲歩を重ねてEU案をのんだアレクシス・チプラスを非難した[41]

活動[編集]

貧困にあえぐギリシャ人食料を無料配布するなどの活動を行っている[42]。 ただし、これらの施しはギリシャ人のみ(しかも、自身が「愛国者」であると表明したものだけ)が対象であり、移民は含まれない。

トルコについての立場[編集]

領土問題などで長年対立状態にあるトルコとの関係について、この党は強硬な姿勢を打ち出している。ニコラオス・ミハロリアコス党首はイスタンブールについて、そう遠くない将来に「(ギリシャによって)解放される」「イスタンブールを取り戻す」などと主張している[43]。これにとどまらず、黄金の夜明けはトルコ領土に対する野心を表明している。2013年1月には、黄金の夜明けの党員たちが反トルコデモを行い、トルコ総領事の車を襲撃した[44]

ギリシャ警察との関係[編集]

ギリシャ国内外で、黄金の夜明けは実は裏ではギリシャ警察と繋がりがあるという指摘がいくつかなされている[45][46]。ギリシャの大手新聞「タネア新聞」は、ギリシャ国内での左翼団体やアナーキスト団体の抗議デモの際に、警察が黄金の夜明けの党員たちに棒や無線機を提供したり、黄金の夜明けのメンバーを意図的に逮捕しなかったり、また、黄金の夜明けのメンバーが中道右派政党新民主主義党の某議員の護衛をしていたと報じている[47]

海外の極右政党との関係[編集]

イギリスの極右政党「イギリス国民党」は黄金の夜明けと良好な関係を持っており、ニック・グリフィン国民党党首と黄金の夜明けの共同記者会見も行われた[48]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Evdoxios Doxiadis, Aimee Placas as ed. Living Under Austerity: Greek Society in Crisis, Berghahn Books, 2018, 1785339346, p. 83.
  2. ^ Erik Sjöberg, The Making of the Greek Genocide: Contested Memories of the Ottoman Greek Catastrophe, Berghahn Books, 2016, 1785333267, p. 143.
  3. ^ Vasilopolou, Sofia (2015). The Golden Dawn's 'Nationalist Solution': Explaining the Rise of the Far Right in Greece. Springer. 
  4. ^ *Renee Maltezou (2012年4月25日). “Greece: Secretive far-right party taps into Greeks' anger, fear”. 2012年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月16日閲覧。 “Set up in 1992 and relaunched in 2007, the party admires Greek dictator Ioannis Metaxas, who refused to surrender to the Axis powers in 1940. It calls itself nationalist and insists its logo is the ancient Greek meander symbolizing bravery and endless struggle."”*Nikos Chasapopoulos (2012年8月4日). “Οι φύρερ της διπλανής πόρτας”. Step. http://www.tovima.gr/politics/article/?aid=452491. ""Ο φασισμός είναι δαιμονολογία. Φασισμός στην Ιταλία σήμαινε ότι πίσω απ' αυτόν βρίσκεται το κράτος. Εμείς εδώ στην Ελλάδα πιστεύουμε στο Εθνος, στο εθνικό κράτος. Αλλωστε δεν χαιρετούσαν και Ελληνες του Μεταξά έτσι; Δεν χαιρετούσε έτσι και ο σερ Οσβαλντ Μόσλεϊ, ηγέτης της Βρετανικής Ενωσης Φασιστών, που όμως πολέμησε τους Γερμανούς;"" 
  5. ^ Tsatsanis, Emmanouil (2011), “Hellenism under siege: the national-populist logic of antiglobalization rhetoric in Greece”, Journal of Political Ideologies 16 (1): 11–31, doi:10.1080/13569317.2011.540939, "...and far right-wing newspapers such as Alpha Ena, Eleytheros Kosmos, Eleytheri Ora and Stohos (the mouthpiece of ultra-nationalist group Chrysi Avgi)." 
  6. ^ Ivarsflaten, Elisabeth (2006), Reputational Shields: Why Most Anti-Immigrant Parties Failed in Western Europe, 1980–2005, Nuffield College, University of Oxford, p. 15, http://www.nuffield.ox.ac.uk/Politics/papers/2006/ivarsflatenapsa2006.pdf 
  7. ^ On the Road with Golden Dawn, Greece’s Ultra-Nationalist Party. Time. Published 31 October 2012. Retrieved 11 March 2017.
  8. ^
    • Wodak, Ruth (2015), The Politics of Fear: What Right-Wing Populist Discourses Mean, Sage, "However, Golden Dawn's neo-Nazi profile is clearly visible in the party's symbolism, with its flag resembling a swastika, Nazi salutes and chant of 'Blood and Honour' encapsulating its xenophobic and racist ideology." 
    • Vasilopoulou; Halikiopoulou (2015), The Golden Dawn's 'Nationalist Solution', p. 32, "The extremist character of the Golden Dawn, its neo-Nazi principles, racism and ultranationalism, as well as its violence, render the party a least likely case of success..." 
    • Dalakoglou, Dimitris (2013), “Neo-Nazism and neoliberalism: A Few Comments on Violence in Athens At the Time of Crisis”, WorkingUSA: The Journal of Labor and Society 16 (16(2): 283–292, doi:10.1111/wusa.12044, https://www.academia.edu/3073037 
    • Miliopoulos, Lazaros (2011), “Extremismus in Griechenland” (German), Extremismus in den EU-Staaten, VS Verlag, p. 154, doi:10.1007/978-3-531-92746-6_9, ISBN 978-3-531-17065-7, "...mit der seit 1993 als Partei anerkannten offen neonationalsozialistischen Gruppierung Goldene Mörgenröte (Chryssi Avgí, Χρυσή Αυγή) kooperierte... [...cooperated with the openly neo-National Socialist group Golden Dawn (Chryssi Avgí, Χρυσή Αυγή), which has been recognized as a party since 1993...]" 
    • Davies, Peter; Jackson, Paul (2008), The Far Right in Europe: An Encyclopedia, Greenwood World Press, p. 173 
    • Altsech, Moses (August 2004), “Anti-Semitism in Greece: Embedded in Society”, Post-Holocaust and Anti-Semitism (23): 12, "On 12 March 2004, Chrysi Avghi (Golden Dawn), the new weekly newspaper of the Neo-Nazi organization of that name, cited another survey indicating that the percentage of Greeks who view immigrants unfavorably is 89 percent." 
  9. ^ “Calls for coup, firing squads: Greek far right angry at name deal”. アルジャジーラ. (2018年6月15日). https://www.aljazeera.com/news/2018/06/greek-furious-north-macedonia-deal-180615104730316.html 
  10. ^ “Golden Dawn tarnished”. ポリティコ. (2015年4月29日). https://www.politico.eu/article/blurring-the-lines-of-golden-dawns-neo-fascist-ideology/ 
  11. ^ “Neo-fascist Greek party takes third place in wave of voter fury”. ガーディアン. (2015年9月21日). https://www.theguardian.com/world/2015/sep/21/neo-fascist-greek-party-election-golden-dawn-third-place 
  12. ^ Sotiris, Panagiotis (2018). Crisis, Movement, Strategy: The Greek Experience. BRILL. p. 196. 
  13. ^ O'Reilly, Gerry (2019). Aligning Geopolitics, Humanitarian Action and Geography in Times of Conflict. Springer. p. 47. 
  14. ^ Rose, William (2014). Thirties Throwbacks: Explaining the Electoral Breakthroughs of Jobbik and Golden Dawn. タフツ大学. http://as.tufts.edu/politicalscience/sites/all/themes/asbase/assets/documents/research/thirtiesThrowbacks.pdf. 
  15. ^ Antonis Galanopoulos: Greek right-wing populist parties and Euroscepticism (PDF), p.2 "Golden Dawn is also Eurosceptical and it is opposing Greece's participation in the European Union and the Eurozone"
  16. ^ France24: A look at the European Parliament's eurosceptic parties, Golden Dawn, Greece
  17. ^ The Guardian: Greek election 2015: Golden Dawn rises on austerity-driven despair, "In successive opinion surveys, the virulently [...] anti-EU party has emerged as Greece's third-biggest political force"
  18. ^ Financial Times: Anti-EU parties celebrate election success, 26 May 2014
  19. ^ Ekström, Mats (3 July 2018). “Right-wing populism and the dynamics of style: a discourse-analytic perspective on mediated political performances”. Palgrave Communications 4 (83). 
  20. ^ Independent: The Golden Dawn: A love of power and a hatred of difference on the rise in the cradle of democracy, "The economic ethos of European neo-fascism, from the Golden Dawn to the British National Party, has historically been anti-neoliberal and anti-globalization", 14 October 2012
  21. ^ Χυδαίος αντικομμουνισμός από τη ναζιστική Χρυσή Αυγή στη Βουλή – 902.gr”. 2019年5月16日閲覧。
  22. ^ Traversing ideological boundaries: Islamophobia in Greece : Counter-Islamophobia Kit”. cik.leeds.ac.uk. 2019年5月16日閲覧。
  23. ^ The Rise of 'Golden Dawn' in Greece - Mini-documentary by 'The Guardian' (English subtitles)YouTube
  24. ^ ギリシャ、極右政党が議席獲得の勢いTBS News-i 2012年5月5日
  25. ^ Who are Golden Dawn? - TruthloaderYouTube
  26. ^ 2012年6月7日には生放送のテレビ討論番組の最中に、広報担当のイリアス・カシディアリス議員が、女性議員にコップのをかけ、抗議した他の女性議員にも平手打ちを見舞うという騒ぎを起こしている。ギリシャの極右政党議員、テレビで他党議員を平手打ち ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 (2012年6月8日)
  27. ^ Greek government, Jewish group condemn far-right party's Holocaust denial. ハアレツ. (2012年5月14日). http://www.haaretz.com/jewish-world/jewish-world-news/greek-government-jewish-group-condemn-far-right-party-s-holocaust-denial-1.430454 2012年5月15日閲覧。 
  28. ^ Επεισόδια με πυροβολισμούς έξω από τα γραφεία της οργάνωσης «Χρυσή Αυγή». in.gr. (2005年10月20日). http://news.in.gr/greece/article/?aid=664890 2012年4月9日閲覧。 
  29. ^ “ギリシャ極右政党の事務所、爆破される アテネ近郊”. 朝日新聞. (2012年12月5日). http://www.asahi.com/international/update/1205/TKY201212040932.html 2012年12月5日閲覧。 
  30. ^ a b [1]
  31. ^ [2]
  32. ^ バービー・ラッツァ・ナドー (2012年8月2日). “ギリシャ極右の危険な躍進(Golden Dawn's Violent War Against Immigrants)”. ニューズウィーク日本語版. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2012/08/post-2643.php 2012年8月3日閲覧。 
  33. ^ MRB poll gives New Democracy 2.3 percent leadEnet.gr 2013年6月8日
  34. ^ Police clash with anti-fascist protesters in GreecePressTV 2013年9月18日
  35. ^ Police Raid Golden Dawn Office in Athens After a Killingニューヨーク・タイムズ 2013年9月18日
  36. ^ Greek Minister to Golden Dawn: Walk Out of Parliament, PleaseTIME 2013年9月26日
  37. ^ ギリシャの極右党首を逮捕 組織犯罪容疑で 共同通信2013年9月28日
  38. ^ “ギリシャ極右党首を逮捕=歌手刺殺で大規模摘発”. 時事通信. (2013年9月28日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013092800292 2013年9月28日閲覧。 
  39. ^ ギリシャ、極右政党への補助金停止 犯罪組織を運営疑い 朝日新聞2013年10月24日
  40. ^ Golden Dawn Doubles Vote Share on Greek Island of KosS. Burke, NBC News, 21 Sep 2015
  41. ^ Golden Dawn MP furiously tears up papers in Parliament over bailout dealL. Siciliano, The Daily Telegraph, 15 Jul 2015
  42. ^ “Golden Dawn nationalists hand out 'Greeks only' food”. BBC. (2012年8月1日). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-19084584 2012年8月24日閲覧。 
  43. ^ Greek far-right leader vows to ‘take back’ İstanbul, İzmir Today's Zaman 2012年6月15日
  44. ^ Yunanistan'da Türk konsolosun aracına saldırıNTVMSNBC 2013年1月10日
  45. ^ Greek police send crime victims to neo-Nazi 'protectors'ガーディアン 2012年9月28日
  46. ^ Στο στόχαστρο η σκιώδης σχέση Χρυσής Αυγής με ΕΛ.ΑΣ.news247.gr
  47. ^ 2004年4月17日のタネア新聞の記事より
  48. ^ NICK GRIFFIN (MEP) TOGETHER WITH GOLDEN DAWN MP'S - ATHENS GREECE 10TH JAN 2014YouTube

関連項目[編集]