黄鍾律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

黄 鍾律(ファン ジョンニュル、1909年 - 1972年1月21日)は、日本統治時代の朝鮮および大韓民国官僚政治家

生涯[編集]

1909年に漢城府で誕生。日本の内地に留学し、九州帝国大学法文学部法科を卒業。満州国大同学院を経て、同国の官吏となった[1]。満洲国経済部金融司において金融事務官を務め、経済分野に注力した。

第二次世界大戦終戦で満州国が消滅すると、朝鮮半島軍政庁地域に戻った。1945年から延禧専門学校教授をしばらく務めた後、在日本公館長(1947年)、外資購買処長(1952年)、外資管理局長(1952年)、東国大学校法政大学教授(1959年)、忠清北道知事(1960年-1961年)を歴任。

第三共和国では財務部長官(1963年)、経済科学審議会常任委員(1966年)、無任所長官(1966年-1967年)、逓信部長官(1967年-1968年)、財務部長官(1968年-1969年)を歴任。1971年に民主共和党から比例代表国会議員に当選。国会議員在職中の1972年に死去。

参考資料[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 南昌龍 (2000-08-15). “7. 歴史的審判”. 満州帝国朝鮮人. ソウル: 新世林. ISBN 9788985331593. 


公職
先代:
金世錬
大韓民国の旗 大韓民国財務部長官
1968 - 1969
次代:
朴東奎
先代:
朴璟遠
大韓民国の旗 大韓民国逓信部長官
第20代:1967 - 1968
次代:
金泰東
先代:
金潤起
大韓民国の旗 大韓民国無任所長官
第15代:1966 - 1967
次代:
金元泰
先代:
徐奉均
大韓民国の旗 大韓民国財務部長官
第16代:1963
次代:
金裕澤
(経済企画院長官)
先代:
鄭麟澤
忠清北道知事
第8代:1960 - 1961
次代:
趙大衍