黄門さま〜助さんの憂鬱〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黄門さま〜助さんの憂鬱〜
ジャンル 歴史漫画風刺漫画ギャグ漫画
漫画
作者 徳弘正也
出版社 集英社
掲載誌 グランドジャンプ
レーベル ヤングジャンプコミックス
発表期間 2013年16号 - 2015年15号
巻数 全6巻
テンプレート - ノート

黄門さま〜助さんの憂鬱〜』(こうもんさま すけさんのゆううつ)は、徳弘正也による日本青年漫画作品。『グランドジャンプ』(集英社)にて2013年第16号から2015年15号まで連載。

概要[編集]

デビューから長年執筆してきた集英社の雑誌から離れ、小学館発行の『ビッグコミックスペリオール』に移籍した作者が、再び集英社の『グランドジャンプ』に戻り執筆した作品。作者初の時代劇作品となる。水戸黄門を題材にしているが、単純な勧善懲悪ではなく、水戸光圀を従来の水戸黄門のような正義の味方としては扱わず、いわゆるブラックコメディを織り交ぜており、封建社会に対する皮肉も込められている。内容は基本的にシリアスな展開が中心だが、作者独特のギャグや人情話、下ネタは健在である。

あらすじ[編集]

世は江戸時代徳川綱吉の施政のもと、人々は繁栄を謳歌し始めていた。だが、そんな中、水戸光圀は戦国時代のような血なまぐさい刺激を味わいたいという理由から、諸国を漫遊するという名目で、旅先で騒動を引き起こし楽しんでいた。御付の者達が何人も死亡し、水戸藩では家臣が次々と亡くなる事態を憂慮し、御付の者を浪人から募集することにする。何も知らない浪人の井上新ノ助は、水戸藩に仕官出来るチャンスと考え募集に応募し合格するが、それによって光圀の行動に巻き込まれようとしていた。

主な登場人物[編集]

井上新ノ助(いのうえ しんのすけ)
主人公で、若い浪人。人の良い好青年で、結構スケベだが、実は剣の達人で強い正義感の持ち主。
水戸藩で剣術指南役を募集していることを知り、仕官のチャンスと考え申し込み合格、佐々木助三郎(助さん)として採用され、光圀の行動に振り回されることになる。幼いころに、父親から弱い者を助けるためにその力を使うように言われ、成長してからもその意志を持ち続けているが、水戸藩からは正式な藩士ではなく、私的な光圀の護衛として雇われているため、低い扱いを受けている。そのため出来ることも限られ、憂鬱な日々を過ごしている。
かつて、父親は小田原藩の剣術指南役であったが、道場破りに倒され、それを恥じ切腹する[1]。藩を追い出され、苦しい生活の中、大道芸で日銭を稼ぎ、病弱な母親と長屋暮らしをしている。実は、両親の実子ではなく、赤子の頃に、剣術修行の山ごもりをしていた父親が、天狗と称する人物から託された子供なのだが、本人はそのことを知らず、その出生も最後まで明かされることはなかった。
光圀が亡くなった後は浪人に戻り、大道芸で稼ぎながら平穏な人生を送った。
安藤正直(あんどう まさなお)
水戸藩の大組番頭(おおぐみばんがしら)。自ら志願し渥美格之進(格さん)となる。新ノ助の剣の実力は認めているが、浪人である新ノ助を見下している。
志願して光圀の護衛につくことで、藩での地位を確立し出世しようと企み、何としても生き残るために剣の達人である新ノ助を護衛として利用し、もし失敗した時には新ノ助にすべての責任を押し付け、保身を図ろうとする卑劣な人物でもある。初の漫遊で、無能さをさらけ出す失態をしてしまったが、帰藩後、剣の達人である新ノ助がいれば、滞りなく諸国漫遊が出来るので、どんな無能でも格さんが務まると考えた光圀の肝入りで、捨て駒として格さんの希望者を確保するために、水戸藩江戸藩邸の御手廻頭(おてまわりがしら)に出世させられるが、本人はその意図に気付かず、出世したことを喜んでいる。
その後、無事生き残り最後の漫遊を終え、次の格さんに引継ぎ旅を終える。
大村升次郎(おおむら ますじろう)
役目を終えた安藤の後を引き継ぎ、6代目格さんになった水戸藩士。算用方の下級武士で、格さんの選抜試験で筆記試験を満点で合格し選ばれる。
下級武士とは云え、水戸藩一の秀才だが、剣の腕は全くない。光圀は養嗣子である綱條が、秀才である大村に何かあったさいに、それを口実に諸国漫遊を止めさせるために、格さんに任命したと考えている。そのため、その行動に疑心暗鬼している。
真面目な性格で、光圀の諸国漫遊が正義の人助けの旅だと思っていたが、新ノ助や源内から道楽で漫遊していたことを知らされる。だが、あえて上手く光圀をおだて利用し、世直しをさせようとしている。
光圀が亡くなった後は武士を辞めて商人に転身し、大成功する。
源内(げんない)
水戸藩のお庭番頭で諸国漫遊の警護を取り仕切っている。番頭の源さんとして旅に同行し、常に光圀の傍らに付き従い警護し、光圀が飽きると荷物に仕込んだ連発銃で(雨天等、連発銃が使えない時は手裏剣を投げ)、その場で斬り合いをしている者たちを抹殺しているため、毎回生き残っている。
光圀の諸国漫遊については内心否定的だが、表に出さず従っている。新ノ助のことは、弱い者の味方に立つ優しい心の持ち主として内心では好感を持っている。
光圀が亡くなった後は水戸藩隠密に戻り、その任務中に死亡。
お花(おはな)
水戸藩のくノ一で、本名は不明。新ノ助と正直の2人と同じく、前任者のくノ一が死亡したため、新たに光圀の孫娘役として諸国漫遊に同行する。
図太い神経の上、天然な性格で、良くも悪くも一行のムードメーカー的存在となっている。単純に容姿によって選ばれており、くノ一としての技量は低いはずであるが、時折鋭さを見せることもある。
光圀が亡くなった後は武士を辞めた升次郎と結婚。商売を手伝うがサボり気味。
水戸光圀(みと みつくに)
水戸藩の先代藩主で今は隠居の身。かつては名君と呼ばれていたが、血なまぐさい刺激を求め、剣術指南の試験でも、浪人同士に真剣で斬り合いをするよう命じ、それを見て喜ぶ等、性格破綻者となってしまっている。だが、老人になるまで、周りからの気遣いでまともに戦ったことがなく、初めて刺客を倒したさい、高揚感から脱糞する位喜んでいる。
木曽の木材問屋の隠居『国ェ門』として身分を隠し諸国漫遊をしているが[2]、旅先で血なまぐさい騒動を起こし、その都度家臣を失わせている。そのため藩内でも疎まれているが、先代藩主ということもあり、誰も意見出来ないでいる。
新ノ助の剣の実力を認めているため、諸国漫遊の警護人としては重宝しているが、その正直さと正義感を疎んでいる。だが新ノ助が正義感に基づく行動に出ることにより、自分が最も愉悦に浸れる「スリル」を味わえるという事実を認識した結果、「自分がつまらないと感じたなら即斬首」という条件の元その行動を容認するようになる。
新ノ助だけではなく、升次郎が加わったことで源内なども手を貸すようになり、結果としてそれまでの様な「騒動を起こすだけの漫遊」から、「騒ぎは起こすが問題を解決する世直し漫遊」へとシフトし、だんだんと良い笑顔をみせるようになっていったが、それから5年ほどのちに亡くなった。
茜(あかね)
新ノ助同様に水戸藩の試験に挑戦した福井藩浪人・木村定次郎の娘。木村は受験者の中でも指折りの腕前だったが、光圀が決めた真剣による立ち会いで新ノ助に負けて亡くなった[3]。新ノ助が稼いだ月二両の給金の半分を償いとして譲っており、それを受け取る役をしている。
父の仇とはいえ、給金の半分を受け取ることで自身も女郎として売られずに済んだこと、人柄を察していることから新ノ助を慕っている。光圀が亡くなった後は浪人に戻った新ノ助を支えた。

単行本[編集]

  • 徳弘正也 『黄門さま〜助さんの憂鬱〜』 集英社ヤングジャンプコミックス〉、全6巻
    1. 2014年2月24日第1刷発行(2014年2月19日発売)、ISBN 978-4-08-879747-2
    2. 2014年6月24日第1刷発行(2014年6月19日発売)、ISBN 978-4-08-879791-5
    3. 2014年9月24日第1刷発行(2014年9月19日発売)、ISBN 978-4-08-890014-8
    4. 2015年1月24日第1刷発行(2015年1月19日発売)、ISBN 978-4-08-890112-1
    5. 2015年5月24日第1刷発行(2015年5月19日発売)、ISBN 978-4-08-890156-5
    6. 2015年8月24日第1刷発行(2015年8月19日発売)、ISBN 978-4-08-890248-7

脚注[編集]

  1. ^ 相手のふくみ針による奇襲で動揺したことが倒された原因なのだが、自身は何も言い訳をせず、切腹している。
  2. ^ 実際は江戸中に自分が漫遊したことについてを、瓦版でばら撒いているので、江戸の庶民には諸国漫遊は知れ渡っている。また、大名クラスにも諸国漫遊は知れ渡っていて、印籠を出さなくてもその顔で正体がばれてしまっている。
  3. ^ 新ノ助の技量なら殺さずに済ませることも不可能ではなかったが、前日に安藤(覆面をしていたが、目下と眉毛が木村と良く似ていた)に襲われたことで疑心暗鬼に陥っていた。