黒い犬の秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
黒い犬の秘密
The Black Dog Mystery
著者 エラリー・クイーン
発行日 アメリカ合衆国の旗1941年
日本の旗1978年
発行元 アメリカ合衆国の旗pocket books
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 金色の鷲の秘密
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

黒い犬の秘密』(くろいいぬののひみつ、The Black Dog Mystery )は、1941年に刊行されたエラリー・クイーン推理小説

エラリー・クイーン・ジュニア名義[1]だが、日本ではエラリー・クイーン名義で翻訳・出版された[2]

作家エラリー・クイーンが児童向けに発表した作品であり、ジュナの冒険シリーズの第1作でもある。舞台は主人公ジュナの住む村エデンボロ。シリーズは1966年の第9作「紫の鳥の秘密」まで25年にわたり続く。

あらすじ[編集]

エデンボロの村に住んでいるジュナとスコッチ・テリアのチャンプ。町まで買物に行ったジュナたちは、銀行から出てくる拳銃を持った二人組に出くわす。逃げる犯人を目撃したことから、銀行強盗事件の捜査に協力するのだが・・・。

主な登場人物[編集]

  • ジュナ - 主人公。エデンボロの村に住む少年。チャンプという名前の犬を飼っている。
  • チャンプ - ジュナの愛犬。
  • エラリイ - ジュナのおばさん。初老の婦人。ジュナと二人で暮らしている。
  • トミー - ジュナの友人。
  • ジョージ - 村の大工だが、修理、配送などトラックを使い、様々な仕事をこなしている。

書誌情報[編集]

  • 『黒い犬の秘密』(1978年 早川書房 ハヤカワ文庫 JR1)
  • 『見習い探偵ジュナの冒険 黒い犬と逃げた銀行強盗』(2017年、角川つばさ文庫)

脚注[編集]

  1. ^ ジュナの冒険シリーズ9作と、ノンシリーズの児童ミステリ2作の計11長編を発表している。
  2. ^ 早川書房「ハヤカワ文庫 JR1」(1978年)では「エラリイ・クイーン」と表記されている。