黒い画集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

黒い画集』(くろいがしゅう)は、松本清張の短編小説集。また、それを原作とした映画シリーズ。現在は新潮文庫から刊行されている。『別冊黒い画集』も出ており、現在は文春文庫から刊行されている。

映画は3作が作られた。

黒い画集[編集]

  • 遭難』(週刊朝日1958年10月5日号 - 1958年12月14日号)
  • 証言』(週刊朝日・1958年12月21日号 - 1958年12月28日号)
  • 坂道の家』(週刊朝日・1959年1月4日号 - 1959年4月19日号)
  • 『失踪』(週刊朝日・1959年4月26日号 - 1959年6月7日号)…単行本化時に除外された作品。のちに短編集『失踪』(2005年、双葉文庫)などに収録。
  • 』(週刊朝日・1959年6月14日号 - 1959年8月30日号)
  • 寒流』(週刊朝日・1959年9月6日号 - 1959年11月29日号)
  • 『凶器』(週刊朝日・1959年12月6日 - 1959年12月27日号)
  • 『濁った陽』(週刊朝日・1960年1月3日号 - 1960年4月3日号)
  • 』(週刊朝日・1960年4月10日号 - 1960年6月19日号)
  • 天城越え』(サンデー毎日特別号・1959年11月号)…本シリーズとは別に掲載された作品だが、単行本化時に加えられている。

別冊黒い画集[編集]

  • 事故』(週刊文春1963年1月7日号 - 1963年4月15日号)
  • 熱い空気』(週刊文春・1963年4月22日号 - 1963年7月8日号)
  • 獄衣のない女囚』(週刊文春・1963年7月15日号 - 1963年10月14日号)…単行本化時に除外された作品。のちに中編集『高台の家』(1976年、文藝春秋)に収録。
  • 『形』(週刊文春・1963年10月21日号 - 1963年11月18日号)
  • 『陸行水行』(週刊文春・1963年11月25日号 - 1964年1月6日号)
  • 断線』(週刊文春・1964年1月13日号 - 1964年3月23日号)
  • 『寝敷き』(週刊文春・1964年3月30日号 - 1964年4月20日号)

映画[編集]

このほか、『天城越え』のように『黒い画集』シリーズとは別に映画化された作品もある。

関連項目[編集]