黒人の友人を持つ私は、人種差別主義者ではない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

黒人の友人を持つ私は、人種差別主義者ではない」(こくじんのゆうじんをもつわたしは じんしゅさべつしゅぎしゃではない、:"I'm not racist, I have Black friends"/"Some of my best friends are Black"[1])とは、誤謬であり、白人至上主義者によって彼ら自身がアフリカ系アメリカ人に対して人種差別的ではないことを正当化するときに用いられる、Whataboutismお前だって論法に類する論法である。

2010年代半ばに人気を博したこの成句は、以来、多くのインターネット・ミームや人種的態度を巡る議論を巻き起こしてきた[2][3][4]。アメリカのシットコム番組「ブラッキッシュ」において[5]ドナルド・トランプが選出された2016年のアメリカ合衆国大統領選挙について議論するシーンで使われたことで、この「お決まりの表現」はマスメディア上で物議を醸した[6][注釈 1]

学術雑誌基礎および応用社会心理学英語版』に掲載された2004年の研究では「よく見られる連座的無罪(の主張)」[注釈 2]として挙げられている[7]。学術雑誌『黒人研究英語版』に掲載された2011年の研究によると、白人の「黒人の友人をもっている」という主張を聞いても良い印象を受けるアフリカ系アメリカ人はほとんどいないこと、また、こういった主張は彼らにとってその白人が偏見をもっていると認識させる可能性が高いことを示唆している[8]。この成句は「反レイシズムへの抵抗」の例として引用されており[9]、この成句の誤謬を解体するための反証としては以下のようなものがある:「それは、我々全員に女性の親友や家族がいるから性差別は存在しないと言っているようなものだ」[10]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「ブラッキッシュ」、職場の会議のシーンにおいて、登場人物のひとりである白人女性がトランプに投票したことを明かし、(いわゆるお決まりの表現である)「私はレイシストではない、黒人の友だちがいるから」と、自らが人種差別主義者ではないと釈明する。
  2. ^ 原文"innocent by association"- "guilt by association"(連座の誤謬、特定の人物との関わりをもつことで、その人物と同様の社会属性であると見做されること)の対義語。

出典[編集]

  1. ^ Jackman, Mary R.; Crane, Marie (1986). “'Some of My Best Friends Are Black . . . ': Interracial Friendship and Whites' Racial Attitudes”. Public Opinion Quarterly 50: 459-86.  Sønderskov, Kim Mannemar; Thomsen, Jens Peter Frølund (2015). “Contextualizing Intergroup Contact: Do Political Party Cues Enhance Contact Effects?”. Social Psychology Quarterly 78 (1): 49-76. https://www.jstor.org/stable/44075388. 
  2. ^ Eligon, John (2019年2月16日). “The 'Some of My Best Friends Are Black' Defense”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2019/02/16/sunday-review/ralph-northam-blackface-friends.html 2020年12月4日閲覧。 
  3. ^ Smoot, Kelsey (2020年6月29日). “White people say they want to be an ally to Black people. But are they ready for sacrifice?”. The Guardian. https://www.theguardian.com/commentisfree/2020/jun/29/white-people-ally-black-people-sacrifice 2020年12月4日閲覧。 
  4. ^ Mackey, Robert (2010年10月20日). “Revisionist Fourth-Grade History: 'Thousands' of Black Confederate Soldiers”. The Lede. 2020年12月4日閲覧。
  5. ^ Butler, Bethonie (2017年1月11日). Blackish dissects Trump’s win and finds the humanity in our political discord”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/arts-and-entertainment/wp/2017/01/11/blackish-dissects-donald-trumps-win-in-thoughtful-post-election-episode/ 2020年11月19日閲覧。 
  6. ^ Schwartz, Ian (2017年1月13日). “ABC's Black-ish: 'A Vote For Trump Is A Vote For Racism'”. RealClearPolitics. 2020年11月19日閲覧。
  7. ^ Winslow, Matthew P. (2004). “Reactions to the Imputation of Prejudice”. Basic and Applied Social Psychology 26 (4): 289-297. 
  8. ^ Winslow, Matthew P.; Aaron, Angela; Amadife, Emmanuel N. (2011). “African Americans' Lay Theories About the Detection of Prejudice and Nonprejudice”. Journal of Black Studies 42 (1): 43-70. https://www.jstor.org/stable/25780791. 
  9. ^ MacKay, Kathryn L. (2011). “Review of Anti-racist health care practice by Elizabeth A. McGibbon and Josephine B. Etowa”. International Journal of Feminist Approaches to Bioethics 4 (2): 164-168. https://www.jstor.org/stable/10.2979/intjfemappbio.4.2.164. 
  10. ^ McGibbon, Elizabeth Anne; Etowa, Josephine B. (2009). Anti-racist Health Care Practice. Canadian Scholars' Press. p. 159. ISBN 9781551303550. https://books.google.com/books?id=jzSIEWNRouQC