黒住成章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒住成章

黒住 成章(くろずみ なりあき、前名・佐平治[1]1875年明治8年)12月16日[2] - 1928年昭和3年)7月17日[3])は日本の政治家・衆議院議員(当選3回、立憲政友会)[3]、函館市会議員[3]弁護士函館弁護士会[1][3]会社役員寿都鉄道監査役[4]日魯漁業函館水電、函館銀行の法律顧問[4]。族籍は岡山県平民[1][5]

略歴[編集]

1875年(明治8年)12月、岡山県御津郡一宮村(現・岡山市北区一宮)で生まれる[3]。黒住秀治の長男[5]1902年(明治35年)、和仏法律学校(現・法政大学)を卒業[5][6]司法官試補となる[5]函館で弁護士を開業する。

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選する。立憲政友会に所属。これまで幾度か落選していた[4]

1925年(大正14年)4月20日、加藤高明内閣農林参与官に就任する。

1927年(昭和2年)4月22日、田中義一内閣司法参与官に就任する。1928年(昭和3年)7月17日に死去[3]

人物[編集]

黒住教の息子だが、北海道に渡って土地っ児になった[4]。邪気のない男なので新聞記者仲間では評判が良かった[4]。住所は北海道函館寿町[1][5]

家族・親族[編集]

黒住家

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『人事興信録 第6版』く25 - 26頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月1日閲覧。
  2. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、36頁。
  3. ^ a b c d e f 『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』261頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『新代議士名鑑』168頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 『人事興信録 第7版』く28頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月27日閲覧。
  6. ^ 『法政大学校友名鑑』年度別卒業生名簿14頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月1日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 加藤紫泉『新代議士名鑑』国民教育会、1924年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 法政大学校友名鑑刊行会編『法政大学校友名鑑』法政大学校友名鑑刊行会、1941年。
  • 『日本人名大辞典』講談社