黒坂藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

黒坂藩(くろさかはん)は、伯耆国日野郡西部(現在の鳥取県日野郡日野町黒坂)に存在した。藩庁は黒坂城(別名・鏡山城)。

藩史[編集]

慶長14年(1609年)に中村一忠が死去して中村家が改易されると、伯耆国には諸大名が分散されて配置されることとなる。その中で翌年、伊勢亀山藩から関一政が2万石加増の上の5万石で入り、黒坂藩が立藩された。

一政は築城や城下町建設で尽力し、藩政の確立に努め、大坂の陣においても戦功を挙げたが、元和4年(1618年)7月、家中における内紛を理由に幕命により改易され、黒坂藩は廃藩となった。その後、その所領は池田家の属領となった。

歴代藩主[編集]

関家

外様。5万石。

  1. 一政