黒岩涙香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒岩 涙香
Kuroiwa Ruikou.jpg
定本俚謡正調:写真
ペンネーム 古概
涙香
民鉄
黒岩大
誕生 黒岩周六
1862年11月20日
土佐国安芸郡川北村
死没 (1920-10-06) 1920年10月6日(57歳没)
東京府東京市本郷区
墓地 總持寺
職業 ジャーナリスト
歴史家
評論家
小説家
評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 中之島専門学校
ジャンル 小説
文学活動 時事評論
主な受賞歴 勲三等
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

黒岩 涙香(くろいわ るいこう、1862年11月20日文久2年9月29日) - 1920年大正9年)10月6日)は、日本小説家思想家作家翻訳家ジャーナリスト。兄は黒岩四方之進。本名は黒岩周六。黒岩涙香のほか、香骨居士、涙香小史、冷眼士等などの筆名を用いた。号は古概、民鉄、正調庵、黒岩大。執拗な取材をおこなうことから「マムシの周六」というあだ名がついた。戒名は黒岩院周六涙香忠天居士。

翻訳家、作家、記者として活動し、『萬朝報(よろずちょうほう)』を創刊した。

経歴[編集]

土佐国安芸郡川北村大字前島(現在の高知県安芸市川北)に土佐藩郷士・黒岩市郎の子として生まれる。藩校文武館で漢籍を学び、16歳で大阪に出て中之島専門学校(後の大阪英語学校)に学び英語力を身につける。翌年、上京して成立学舎慶應義塾に進学するも、いずれも卒業せず。大阪時代から新聞への投書を始め、自由民権運動に携わり1882年明治15年)には官吏侮辱罪により有罪の判決を受けた。

『同盟改進新聞』や大平三次の経営する『日本たいむす』に新聞記者として入社後、1882年(明治15年)に創刊された『絵入自由新聞』に入社。2年後に主筆となり、語学力を生かして記者として活躍していくも、後に翻案小説に取り組むようになる。『今日新聞』(後の『都新聞』)に連載した翻案小説『法廷の美人』がヒットして、たちまち翻案小説スターとなり、次々に新作を発表した。逐語訳はせず、原書を読んで筋を理解したうえで一から文章を創作していた。1889年(明治22年)、『都新聞』に破格の待遇で主筆として迎えられたが、社長が経営に失敗。新たに社長に就任した楠本正隆と衝突して退社。

1892年(明治25年)に朝報社を設立し、『萬朝報(よろずちょうほう)』を創刊した。紙名には「よろず重宝」の意味がかけられていた。タブロイド判の日刊新聞で、涙香の『鉄仮面』『白髪鬼』『幽霊塔』『巌窟王』『噫無情(あゝ無情)』などの代表作を次々に掲載したり、『相馬家毒殺騒動』(相馬事件)や『淫祠蓮門教会』といったスキャンダラスな出来事を他紙よりも長期にわたり、ドラマチックに報道することで部数を伸ばしていく。一時は東京一の発行部数を誇り、最大発行部数は30万部となった。また有名人無名人の愛人関係を本人はもちろん愛人も実名住所職業入りで暴露した人気連載「弊風一斑蓄妾の実例」も涙香の執筆によるものであった。こうしたスキャンダル報道だけでは、やがて大衆に飽きられて売れなくなると、涙香は幸徳秋水内村鑑三堺利彦らといったインテリに参画を求めた。1901年(明治34年)には「理想団」を設立、人心の改善、社会の改良を目指し、青年の人気を得た。しかし1903年(明治36年)になって、日露問題に非戦論をとなえていた「萬朝報」が開戦論に転じたことで、この3人の好論客は退社している。

1911年(明治44年)に朝報社より婦人雑誌『淑女かゞみ』創刊。婦人問題について執筆し、『小野子町論』『予が婦人観』などを刊行する。シーメンス事件では政府を攻撃したが、続く大隈内閣を擁護して不評をまねいた。1915年大正4年)の御大典に際して、新聞事業の功労により勲三等に叙せられる。同年に長男のために米問屋兼小売商の増屋商店を開業。1920年(大正9年)、肺癌のため東京帝国大学附属病院で死去[1][2]。戒名は黒岩院周六涙香忠天居士(自らの撰)[2]

家族[編集]

父の黒岩市郎は、高知城下から海岸線を東に40キロほど行った安芸郡川北村(現・高知県安芸市)で私塾を開いていた[3]。先祖は戦国武士の黒岩越前と言われ、その10代目の子孫の黒岩玄治(1805年没)が涙香の曽祖父に当たり、川北村で医業を営んでいた[3]。その長男は医業に進み、次男の源助(涙香の祖父)は郷士となり暦学者となった[3]。市郎は明治維新後上京し、大蔵省に出仕したまま郷里に戻らず、涙香が13歳の1875年に亡くなった[3]

母の信子は祖父・源助の弟の次女で、市郎とはいとこ結婚だった[3]。信子の兄慶介は江戸に出て浅田飴で有名な浅田宗伯に師事し、静山と号する医者になった[3]

涙香の上に姉2人兄1人がおり、兄は黒岩四方之進、姉の為子は土佐藩山内容堂の元典医で東京銀座で医院を開業していた秦呑舟に嫁ぎ、のちに千葉に移り住んでキリスト教の布教と地域医療に尽力した[3]。涙香は生後すぐ、父の弟の黒岩直方(1900年没)の養子となったが、実家で育った[3]。直方は大阪や東京の裁判所で判事を務めており、涙香が新聞界に進んだのも直方から漏れ聞いた裁判の話がきっかけだったという[4]。直方の次男・直厚はのちに涙香の最初の妻の身内である鈴木珠(たま)に婿入りして鈴木家を継ぎ、朝報社内の「万弁舎」の編集発行人を務めた[5]

最初の妻・真砂子(1874年生、本名・乃ぶ)とは「都新聞」社長の山中閑の媒酌で1891年に結婚した[6]。真砂子は上野で下宿屋をしていた寡婦・鈴木ますの娘で、涙香は一時仲間とそこに住んでいた[6]。結婚後も母ますが同居し、母娘ともども身持ちが悪く、母親と涙香の仲も噂され、真砂子も書生らと浮名を流した[7]。真砂子とは三男をもうけたが、ますの没後離婚した[7]

真砂子との長男の黒岩日出雄(1892年生、俳号・漁郎)は『万朝報』重役のほか、涙香が初代会長だった東京かるた会の2代目会長を務めた[8]。二男の宣光(1894年生)は涙香の兄・黒岩四方之進の養子となった[9]。1905年より、都新聞元社長山中閑の娘・華子(1898年生)を養女に迎えて女学校を卒業させ、三菱銀行上海支店長大村徳太郎の妻だった華子の姉が病没したため、その後添えとして嫁がせた[10]

1910年に赤坂芸者・栄龍(1886年生)を後妻に迎えた[11]。栄龍は本名を大友清子(すがこ)といい、徳川家の直参だった大友義德の五女だった[12][9]。清子とは四男・五男の二子をもうけた[4][9]。清子には連れ子とも涙香との実子とも言われる娘・染子(1908年生)がおり、『万朝報』に長く勤めて涙香の秘書的な仕事をしていた前田耕作と結婚した[13][14]

前述の涙香の甥・直厚と結婚した鈴木珠(1886年生)は、戸籍上は涙香の最初の妻真砂子の母鈴木ますの兄で植木屋の鈴木亀吉の庶子であるものの[3]、涙香の実子を匂わすような発言をして周囲から疎まれることもあったが[15]、夫没後に朝報社に入って女記者として働き、生涯涙香の顕彰に励んだ[6]。元芸術院事務局長の鈴木勉(1911年生)は珠の次男[16]

業績[編集]

翻案小説[編集]

涙香は 100以上もの外国小説を翻案している。青年時代に語学の勉強のために輸入された廉価本を読み漁った。そのうちで面白いと思ったものを彩霞園柳香に書かせた「二葉草」を今日新聞に掲載したが、面白くならなかったため、自ら『法廷の美人』を執筆した。

代表作には以下のような作品がある。

  • 月世界旅行 - 1883頃 ジュール・ヴェルヌLe Voyage dans la lune (月世界旅行)
  • 法廷の美人 - 1888年 ヒュー・コンウェイ英語版Dark Days (暗き日々)
  • 人耶鬼耶 - 1888年 エミール・ガボリオL'Affaire Lerougeルルージュ事件
  • 有罪無罪 - 1888年 エミール・ガボリオの La Corde au cou (首の綱)
  • 片手美人 - 1889年 フォルチュネ・デュ・ボアゴベイLa Main coupée (切られた手)
  • 真っ暗 - 1889年 アンナ・キャサリン・グリーンThe Leavenworth Case (リーヴェンワース事件)
  • 決闘の果 - 1889年 フォルチュネ・デュ・ボアゴベイの Continuations of a duel (決闘の果)
  • 美少年 - 1889年 フォルチュネ・デュ・ボアゴベイの Où est Zénobie? (ゼノビーは何処に)
  • 死美人 - 1891〜1892年 フォルチュネ・デュ・ボアゴベイの La Vieillesse de Monsieur Lecoq (ルコック氏の晩年)
  • 血の文字 - 1892年 エミール・ガボリオの Le petit vieux des Batignolles (バティニョールの小男)[17]
  • 鉄仮面 - 1892〜1893年 フォルチュネ・デュ・ボアゴベイの Les Deux Merles de M. de Saint-ars (サン・マール氏の二羽のつぐみ)
  • 白髪鬼 - 1893年 マリー・コレリ英語版Vendetta, A Story of One Forgotten (復讐)
  • 人の運 - 1894年 メアリー・エリザベス・ブラッドン英語版Lady Audley's Secret (レディ・オードレイの秘密)
  • 捨小舟 - 1894年 メアリー・エリザベス・ブラッドンの Diavola (ディアヴォラ)
  • 怪の物 - 1895年 エドモンド・ドウニイの The Little Green Man (小緑人)[18]
  • 人外境 - 1896年 アドルフ・ペローの Black Venus (黒きヴィナス)
  • 武士道 - 1897年 フォルチュネ・デュ・ボアゴベイの Les Cachettes de Marie-Rose (マリー・ローズの隠れ家)
  • 幽霊塔 - 1899〜1900年 アリス・マリエル・ウィリアムソンA Woman in Grey (灰色の女)[19]
  • 巌窟王 - 1901〜1902年 アレクサンドル・デュマ・ペールLe Comte de Monte-Cristoモンテ・クリスト伯
  • 噫無情 - 1902〜1903年 ヴィクトル・ユーゴーLes Misérables (レ・ミゼラブル)
  • 破天荒 - 1903年 ジョージ・グリフィスA Honeymoon in Space (空中新婚旅行)
  • 暗黒星 - 1904年 サイモン・ニューカムThe End of The World (世界の果)
  • 今より三百年後の社会 - 1912年〜1913年 H・G・ウェルズThe Sleeper Awakes (睡眠者目覚める時)
  • 八十万年後の社会 - 1913年 H・G・ウェルズの The Time Machine (タイム・マシン)
  • 島の娘 - 1913年 ウォルター・ベサント英語版Armorel of Lyonesse (リオネスのアーモレル)
  • 今の世の奇蹟 - 1918年 H・G・ウェルズの The Man Who Could Work Miracles (奇蹟を行なう男)

創作小説[編集]

  • 無惨(別題「三筋の髪、探偵小説」) - 1889年9月10日、小説館の『小説叢』誌第1巻に掲載された。日本初の探偵小説(創作)とされる。惨殺された身元不明の死体が握っていた三筋の髪の毛を手がかりに、2人の探偵はそれぞれ、外見的特徴、科学的特徴から犯人を推理していく(青空文庫に掲載)。
  • 六人の死骸、探偵小説 - 1896年12月6日 

評論[編集]

  • 天人論 - 1902年
  • 人尊主義 - 1910年
  • 小野小町論 - 1913年

その他[編集]

  • 五目並べ」を「連珠」と命名発展させた。禁手のない初期ルールの五目並べの必勝法を1899年(明治32年)に発表した。1904年(明治37年)に東京連珠社を設立し、段位制を制定、1910年(明治43年)に社長。初代永世名人であり高山互楽を名乗った。連珠本も数冊出している。
  • 競技かるたのルールを全国で統一した。
  • 黒岩は本名に、涙香は愛読していた「紅涙香」に由来する。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)118頁
  2. ^ a b 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)133頁
  3. ^ a b c d e f g h i 「黒岩大」とは誰なのか : 「涙香伝」のために 奥武則、法政大学社会学部学会『社会志林』巻60号 2014
  4. ^ a b 『日本 の "創造力": 近代・現代を開花させた四七〇人 第7巻 驀進から熟成へ』日本放送出版協会, 1992、p329-331
  5. ^ 古本夜話103 黒岩涙香と出版小田光雄 出版・読書メモランダム 2011-06-04
  6. ^ a b c 『黒岩淚香伝』伊藤秀雄、国文社, 1975、p69-70
  7. ^ a b 『弊風一斑畜妾の実例』黒岩淚香、社会思想社, 1992、p190-200
  8. ^ 『百人一首研究資料集, 第4巻』吉海直人、クレス出版, 2004、p58
  9. ^ a b c 黑岩周六 (男性)『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  10. ^ 『黒岩淚香伝』伊藤秀雄、国文社, 1975、p22
  11. ^ 『四十五年記者生活』松井広吉著 昭和4
  12. ^ 『黒岩淚香伝』伊藤秀雄、国文社, 1975、p4
  13. ^ 『黒岩淚香研究』伊藤秀雄、幻影城, 1978、p32
  14. ^ 『黒岩淚香伝』伊藤秀雄、国文社, 1975、p93
  15. ^ 『探偵実話黒岩淚香』いいだもも、リブロポート, 1992、p344
  16. ^ 探偵作家・雑誌・団体・賞名辞典-す-
  17. ^ 『血の文字』:新字新仮名 - 青空文庫
  18. ^ 従来、この作品が原作とされていたが、小森健太朗が原書を取り寄せて読んでみたところ、妖精物語であり、『怪の物』の原作ではなかった(小森健太朗『英文学の地下水脈』東京創元社、2009年)。
  19. ^ 『幽霊塔』:新字新仮名 - 青空文庫
  20. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。

参考文献[編集]

  • 伊藤秀雄『黒岩涙香研究』、幻影城『幻影城評論研究叢書5』、1978年10月。
  • 岡直樹『偉人涙香-黒岩涙香とゆかりの人びと』、土佐文化資料調査研究会、1970年10月。
  • 『日本探偵小説全集1 黒岩涙香・小酒井不木・甲賀三郎』 東京創元社<創元推理文庫> 1984年12月
  • 伊藤秀雄『黒岩涙香』 三一書房 1988年12月

評伝[編集]

  • 奥武則『黒岩涙香 断じて利の為には非ざるなり』ミネルヴァ書房<日本評伝選>、2019年11月

関連項目[編集]