黒岩祐治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒岩 裕治
くろいわ ゆうじ
Governor Kanagawa Yuji Kuroiwa. In the case of an electric bus test ride, I photographed it at Fureiyu.JPG
黒岩 祐治(2011年)
生年月日 (1954-09-26) 1954年9月26日(65歳)[1][2]
出生地 日本の旗 日本兵庫県神戸市[1]
出身校 早稲田大学政治経済学部政治学科
前職 国際医療福祉大学大学院教授、フジテレビ社員、ニッポン放送コメンテーター
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2011年4月23日 - 現職
テンプレートを表示

黒岩 祐治(くろいわ ゆうじ、1954年9月26日[1] - )は、日本政治家、元ニュースキャスター2011年4月から神奈川県知事[3] を務める(3期)。現職。

1980年(昭和55年)4月から2009年(平成21年)9月までフジテレビジョン[3] 報道記者、番組ディレクター、キャスターなどを務め[3]、同年10月から2011年(平成23年)3月まで[3]国際医療福祉大学大学院教授[4]早稲田大学大学院公共経営研究科講師(非常勤)[5]新しい日本をつくる国民会議運営委員[要出典]を務めた。2018年(平成30年)7月から北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会の会長に就任[6]。所属事務所は黒岩祐治事務所。

趣味・特技はミュージカルダイビング[1]。座右の銘は「愚直」[1]。血液型はO型[7]

来歴[編集]

兵庫県神戸市出身[1]芦屋市立精道小学校灘中学校・高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部政治学科入学[8]灘高校では生徒会長を務めた[9]。大学在学中は、早稲田大学雄弁会ミュージカル研究会に所属。ラサール石井と一緒の舞台に立っていた[10]

早大卒業後[11]、1980年4月にフジテレビジョンへ入社。同期入社に山村美智子宅間秋史の妻)、坂野尚子(入社当時は土井尚子)、亀山千広松本方哉がいた。

1988年(昭和63年)4月から『FNNスーパータイム』の休日アンカーマンに起用。小田多恵子とコンビを組む。報道記者やディレクターの経験から、自身が特集を企画して取材や編集した救急医療キャンペーン『救急医療にメス』が1989年(平成元年)1月から2年間放送され、救急救命士制度発足に先鞭をつける。自身が企画したこの放送は、第16回放送文化基金賞日本民間放送連盟賞を受賞した。

1991年(平成3年)4月から報道記者へ転じた上田昭夫に代わり、平日のアンカーマンとなり安藤優子とコンビを組む。

1992年(平成4年)4月から1997年(平成9年)3月まで『報道2001』でキャスターを務め、その後ワシントン特派員を経て1999年(平成11年)3月帰国。帰国後は『FNNスーパーニュース』『報道2001』『新報道2001』などでキャスター・コメンテーターを務める。そうした中、取材で世話になっていた聖路加国際病院理事長の日野原重明から「『葉っぱのフレディ』のミュージカルをやりませんか」と相談され、プロデューサーを務める[12]

2009年(平成21年)9月に『新報道2001』を降板し、同月30日にフジテレビを退職[13]。同年10月から国際医療福祉大学大学院教授に着任し「医療・福祉に関する実践的メディア論」「医療・福祉に関する報道の検証」「メッセージ力の高め方」などを研究する。

2011年(平成23年)3月16日、8日後に告示される神奈川県知事選挙第17回統一地方選挙)に無所属で出馬する意向を表明した[14]。3選出馬が有力視されていた現職の松沢成文が、同じ統一地方選挙で実施される東京都知事選挙への出馬を3月1日に表明したことから黒岩の出馬表明が告示日直前になった。なお、現職都知事(当時)石原慎太郎の4選出馬表明により、松沢は都知事選出馬表明後に断念して石原支持に転じている。

選挙では自民民主公明の3党県連が相乗りして事実上オール与党体制で支援され、他に前開成町長でみんなの党神奈川ネットワーク運動が推薦する露木順一日本共産党の候補者らが出馬するも、投票総数55.5パーセント相当の1,728,862票を獲得して初当選[15]。2011年(平成23年)4月23日、正式に神奈川県知事に就任した。

2015年(平成27年)4月12日、第18回統一地方選挙にて神奈川県知事に再選される。2019年(平成31年)2月6日、横浜市内で記者会見を開き、4月の知事選へ立候補することを表明し[16]4月7日投開票の知事選で3選を果たした[17]

年譜[編集]

  • 1954年 兵庫県神戸市出身[1]
  • 1980年 早稲田大学政治経済学部卒業[1]
  • 1980年 フジテレビジョンへ入社。
  • 1988年FNNスーパータイム』でキャスターを担当。
  • 1990年 自身が企画した救急医療キャンペーン「救急医療にメス」が第16回放送文化基金賞と日本民間放送連盟賞を受賞する。
  • 1992年報道2001』でキャスターを担当する。
  • 1993年 ドキュメンタリーシリーズ「感動の看護婦最前線」が日本民間放送連盟賞を受賞。
  • 1997年 ワシントン支局特派員になる。
  • 1999年新報道2001」でキャスターを担当する。
  • 2002年 「感動の看護婦最前線」が民間放送連盟賞を受賞する。
  • 2009年 『新報道2001』のキャスターを降板して、フジテレビジョンを退職する。
  • 2009年 国際医療福祉大学大学院教授に着任する。
  • 2011年 神奈川県知事選挙へ無所属で立候補して初当選する。
  • 2011年4月23日 神奈川県知事に就任する。
  • 2013年 内閣官房 健康・医療戦略 参与に就任する。
  • 2014年 内閣官房 ロボット革命実現会議 委員に就任する。
  • 2015年 神奈川県知事に再選される。
  • 2019年 神奈川県知事3選。

政策[編集]

東日本大震災被災地がれき受け入れ[編集]

2011年(平成23年)5月17日、放射性物質で汚染された廃棄物処理は「別の扱いとなっており、受け入れの対象ではない」と強調しつつも「県を挙げて被災地の復興を支援したいと思います」と東日本大震災で発生したがれきなどをかながわ環境整備センターで受け入れる旨を表明[18] したが、同年11月9日の会見で「どうぞ、とすぐにも言いたい気持ちですが、現実的にはなかなかそうもいかない、というのが正直なところ」と広域処理の協力に慎重な姿勢を示した[19]

2012年(平成24年)12月26日、漁網の受け入れについて「被災地の声は漁網(がれき)の処理を手伝ってほしいということ」「救いたい気持ちに変わりはありません」と述べた[20]。後に、南足柄市箱根町が災害廃棄物の漁網受け入れを表明して2013年7月31日に合意書を取り交わし、岩手県洋野町から神奈川県が受諾した漁網を南足柄市と箱根町が処理し、同年12月12日に受け入れを終了している[21]

エネルギー政策[編集]

2011年(平成23年)、東日本大震災による原発事故後に実施された4月の神奈川県知事選挙で「“反”原発」ではなく「“脱”原発」を掲げ、県内住宅施設への太陽光発電パネル普及政策として「4年間で200万戸分の太陽光パネルを自己負担無しで設置」を公約として当選するも、当選後の10月に「(公約を)忘れてほしいと思います」と撤回した[22]

再生可能エネルギーについて、2030年度段階で再生可能エネルギーなどの分散型電源の割合を45%まで引き上げることを目指している[23]

朝鮮学校教科書問題[編集]

朝鮮学校に対しては、複数の都府県が歴史教育の内容を問題視しており、神奈川県でも松沢成文前知事が2010年、神奈川県内の朝鮮学校を運営する学校法人神奈川朝鮮学園に対し「教育内容によっては補助金の支給を見送る」との方針を表明していた[24]。高校の歴史教科書で「日本当局は『拉致問題』を極大化し」と表記した部分と、1987年大韓航空機爆破事件を「捏造」と断定した部分が特に問題とされた[24]。松沢前知事は神奈川朝鮮学園に教科書の改訂を求めるとともに、2010年12月以降の補助金の交付を留保すると通告した[24]。これを受けて神奈川朝鮮学園は、2011年度から使用する歴史教科書からは問題の記述を削除したと県に報告したが、2011年(平成23年)4月23日に新知事に就任したとなった黒岩が確認すると、拉致問題については記述ごと削除されていたことが判明した[24]

このため県は神奈川朝鮮学園に対し再度改善を要求したが、学校側が「拉致問題について詳述した副教材を生徒に配布して補足する」と約束したとして、黒岩知事は2011年度も例年通り補助金約6300万円を支給する方針を表明した[24]朝鮮総連の広報担当者はこの件に関する取材に対し「双方が歩み寄るのは良いことだ。ただし教材の取り扱いについては県と学校側がすべて合意したものでなく、今後も検討を続けると学校から聞いている」と語った[24]

黒岩知事はその後、拉致問題が教科書に記載されないことを理由に、2016年(平成28年)4月から8月分の県内朝鮮学校への補助金を約2100万円の支給を留保した[25]。これに対し神奈川朝鮮学園は同年11月「拉致問題について記載した独自の教科書を年度内に作成する」と県に回答したものの、その後「不可能になった」と通知した[25]。黒岩知事はこれを受け「拉致問題を明記した教科書に改訂することが(補助金支給の)前提」として、2017年3月29日の定例会見で「学校側からは現時点で連絡がない。拉致問題を記載した教科書が出ても内容確認には時間がかかるため、今年度中に補助金交付を決定するのは不可能」と述べて、2017年度(平成29年度)の当初予算案でも朝鮮学校への補助金計上を見送った[25]

医療・健康[編集]

医療ジャーナリストや医療福祉系大学教授としての経験を活かし、県知事就任以来、未病対策に取り組んでおり、未病が国の「健康・医療戦略」に記載された[26]。また、大井第一生命館ビル跡地を再開発した未病をテーマにした施設「ビオトピア」がオープンし、当初の予定目標より多い来客数を記録している[27]

黒岩は医療福祉系大学教授職在任中に、『週刊ポスト』2010年12月3日号に短期集中連載「検証・医療とマスコミ」第5回として「『ホメオパシー叩き』に隠された『統合医療迷信』の権威主義」という記事を執筆した[28]。その内容は「私は決してホメオパシー擁護論者ではない」としつつ、ホメオパシーに否定的なマスコミ報道が、鍼灸などの代替医療やそれと西洋医学を併用する統合医療全体への否定につながることを危惧する内容であった[28]。なお同連載の第4回では「『予防接種悪玉論』の横行で日本はワクチン後進国になった」と題した記事も書いている[28]。この記事に対してはホメオパシーに否定的・肯定的な立場の双方から反響があり、大槻義彦は自身のブログで批判した[29]。また日本ホメオパシー医学協会は記事に対する反論を公式サイトに掲載した[30]

厚木市病院建設問題[編集]

2015年9月8日厚木市関口に建設された病院が、建物が完成し開院予定を5か月過ぎても開院できない状態になっていることが報道された[31]。これは厚木市のパチスロ大手企業オーイズミが建設した認知症専門病院(180床)で、さらに高齢者住宅デイケア施設を併設することを計画していた[31]。オーイズミの会長は黒岩知事の関連政治団体に個人献金し、グループ会社2社が政治資金パーティー券を購入していた[31]

都道府県は開院許可申請の受け付け前に病院の安定経営確保のため指導をする場合が多く、神奈川県でも赤字や休眠中の医療法人に対してはまず診療所で2年間黒字経営の実績を積むよう指導するという内規があった[31]2011年12月にオーイズミが赤字の医療法人と提携して病院開設の意向を県に伝えた際、神奈川県厚木保健福祉事務所は実績不足や地元医師会との調整不足を理由として難色を示した[31]。その直後に黒岩知事の特別秘書が同事務所に対し「オーイズミから『ダメ出しされて困っている』と相談を受けた」と伝えると、同事務所は「基準をクリアすれば許可は出す」と姿勢を転じた[31]。医療法人への指導を担当する県庁医療課は、当初は診療所で実績を積むよう求めていたが、翌2012年6月にオーイズミは東京都内の休眠中の医療法人に提携先を変更[31]。これに対して県は都内の医療法人であることなどを理由に内規を適用せず、翌2013年3月に開院を許可した[31]

しかし翌月の2013年4月には、建設用地が医療法人の債務不履行により差押を受け民事訴訟を提訴されたため着工できなくなった[31]。これを受け、翌2014年に県はオーイズミが医療法人の土地を買い取って建設することを許可する「異例の対応」をしたため、病棟は2015年1月に完成、4月開院予定だったが、訴訟継続中のため開院できない状態が続いている[31]。この特別秘書である人物は菅義偉官房長官の公設秘書であったが、2011年に黒岩知事の特別秘書に起用され、県議会との確認事項で「政策形成に直接関与せず職員に命令や指示をしない」立場とされている[31]。県医療課は「内規は県外法人にも適用されるが法的拘束力はない」「医療法上は県に病院着工の可否を判断する権限はない」としている[31][32]

病院建設用地の所有権をめぐる民事訴訟では、オーイズミは一審で敗訴したが、2015年12月3日に原告側とオーイズミおよび医療法人の間で和解が成立[33]。和解を受け、病院はのちに認知症専門病院として開院している。

企業誘致施策[編集]

企業誘致に積極的に取り組んでおり、4年間で2022億円を投じ「セレクト100」として企業100社の誘致を目標に行ってきたが、2018年(平成30年)11月にはその目標を達成した[34]。黒岩知事はこれに対し「100件の目標達成に満足することなく、先頭に立って県内への企業誘致に取り組んでいく」と語った[34]

防災[編集]

県と市町村の合同総合防災訓練「ビッグレスキューかながわ」、いっせい防災行動訓練「かながわシェイクアウト」を実施している[35][36]。この2つの訓練は毎年開催されているが、「ビッグレスキューかながわ」は毎年異なる市町村と実践的訓練を行っている。

教育[編集]

2018年(平成30年)4月から県として私立高校の就学支援策を拡大し、年収約590万円未満の世帯を対象に授業料の実質無償化に踏み切った。黒岩知事は「国が出口を決めてくれたことで、今回一つの目玉として踏み込んで立案した」と述べた[37]

観光[編集]

横浜・鎌倉・箱根に次ぐ「第4の観光の核」となる都市づくりを進めており、「城ヶ島・三崎」「大山」「大磯」の3つを構想地域にしている[38]

財政[編集]

1992年度(平成4年度)以降、神奈川県では基礎的財政収支が赤字であったが、黒岩が知事就任後の2014年(平成26年)には基礎的財政収支の黒字を達成した。以後、2019年度(平成31年度)予算まで6年連続で黒字化を達成している[39][40]

過去の発言[編集]

  • 2020年東京五輪・パラリンピックの仮設施設整備費について、東京都が全額負担することになったことに対して定例会見で「一歩前進と受け止めているが、大会運営費について明言はなかった」「重大な問題は残ったままだ」と発言した[41]
  • 障害者の法定雇用率の引き上げを踏まえ、「企業の雇用を促進する観点からも率先して精神障害者雇用を進める必要がある」と県本会議で述べた[42]
  • 相模原殺傷事件から1年経った日に現場となったた県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」を訪れ、「19人の貴重な命が奪われた悲惨さを改めて痛感した」と述べた上で、「元職員の犯行に県としても心からおわびしたい」と再発防止を誓った[43]
  • 情報通信技術(ICT)を活用し、自宅など職場以外で働くテレワークが首都圏の自治体や企業で広がってきたことを受けて、「働き方改革は『待ったなし』の課題」と述べた[44]
  • 県産品のPRと地域活性化に向けた新たなムーブメント「我がまちツマミde乾杯宣言」を展開することについて「条例はハードルが高いが、神奈川独自のアイデアを出した。いろいろやって盛り上がってきたところで県全体で打ち出していきたい」と語った[45]
  • 海の家の営業形式について、鎌倉市が運営会社に取りやめを求めたことに対し、定例会見で、市が懸念する「風紀の乱れ」については、「報道で見ていること以外は知らない」と前置きしつつ、「知らない男女が向き合って座って飲食するだけで風紀が乱れるというのは、今の時代にふさわしくない表現ではないか」と述べた[46]
  • 毎年実施されている足柄上郡の首長たちとの意見交換の場で、「松田町ボルダリングドッグラン、足柄産業集積ビレッジ構想など今日ここで初めて知ったことが数多くあり情報共有の重要さを痛感した。県がもつ発信力の強みを活かして各市町と連携し、県西地域の活性化につなげていきたい」と述べた[47]
  • 神奈川県遊技場協同組合が県青少年保護育成条例の啓発用としてクリアファイルを県に寄贈したことを受けて「人気のサッカーチームのデザインだと青少年も喜ぶので嬉しい。しっかりと青少年や保護者に配布して有効活用をしていきたい」と述べた[48]
  • 45人が殺傷された神奈川県立障害者施設「津久井やまゆり園」の再生を議論してきた審議会の専門部会が最終報告をまとめたことを受け、「苦労してまとめてくださったこの案を、真摯に受け止めながら、その精神をしっかりといかすような形で、とりまとめていきたい」と語った[49]
  • 相次ぐ乾杯条例の施行を受け、地元で愛されている酒類とツマミで乾杯する機運を高めようと、県は動画チャンネル「かなチャンTV」で紹介する取り組みを開始し、黒岩知事は「盛り上がったところで“ツマミで乾杯宣言”を行いたい」と語った[50]
  • 電子部品大手の村田製作所が横浜市西区の「みなとみらい21地区」に研究開発拠点を新設することを受けて、「県内企業とのビジネスチャンスの創造や優秀な人材の活用に期待する」と述べた[51]
  • 2020年東京五輪・パラリンピックに向けた「風しん撲滅作戦」の一環として神奈川県は、県内の大学を含む各大学の「ミスキャンパス」が風疹ワクチンの接種を呼びかける動画を作成し、インターネット上で配信している。黒岩祐治知事は「若年層向けのキャンペーンとして活用する」と語った[52]
  • 性犯罪被害者をサポートする専門支援センター開設し、「一人で悩むことなく、回復の一歩を踏み出すきっかけにしてほしい」と述べた[53]
  • 「津久井やまゆり園」の再建について、「施設の原状復帰という当初の方針は変更し、小規模化、地域移行という方向性で県として新しい方針を打ち出す」と述べた[54]
  • 国体に出場する選手たちの結団式に出席し「スポーツのエリートである皆さんは県民の模範になるよう心掛け、さらなる高みを目指してほしい」と激励した[55]
  • 北朝鮮核実験を行ったことに対し、市長会と町村会の両会長と連名で、「神奈川県と県内の全市町村は、貴国がその責任を痛感し、今後一切の核実験を行わないよう、強く求める」と語った[56]
  • 県内の酪農・乳業関係団体と県が、県内で生産された生乳のみを使った牛乳や乳製品を認証する制度を立ち上げた。県産生乳のブランド化を進めることで県内酪農業の活性化を図ることが狙いで、黒岩知事は試食会で、「牛乳でも微妙に味が違う」「新鮮な生乳を使ったものはやはりおいしいね」と感想を述べた[57]
  • 老人ホームを訪問し、入所者の長寿を祝って記念品を贈呈した。そのうえで「100歳が当たり前の時代に、皆さんにはニコニコ元気で明るく過ごしてほしい。そういう時代のモデルは皆さんです。ここに来て良かった」と話した[58]
  • ボクシングの井上尚弥、拓真兄弟が、地元の神奈川県庁を表敬訪問、その際、黒岩知事は「史上最強と言われるだけのことはある。素晴らしい成果だった」と称えた[59]
  • 熊本地震支援のお礼をするため県庁を訪れたくまもんに対して、「今後もできることを最大限やっていく」と約束した[60]
  • 企業と連携し、脊損受傷小中高生を対象に、ロボットスーツ「HAL」(ハル)による「歩行機能向上プログラム」を実施することを発表し、発表の席で「神奈川県は”未病の改善”と”最先端医療・最新技術の追求”という大きな2つのテーマを掲げている。このプロジェクトの推進はこのテーマに大きく寄与するもの」と語り、「歩行ができなくなって困っている小中校生に対して、最先端の歩行機能向上促進を体験する機会を与えることができる」と述べた[61]
  • 相模原殺傷事件が起きた障害者施設「津久井やまゆり園」の再生基本構想を発表し、「罪もなく奪われた生活の場は責任を持って守り抜く」と述べた[62]
  • 厚木基地で空母艦載機が陸上空母離着陸訓練を実施し始めたことに対し、「騒音被害に苦しめられている住民に耐え難い苦痛を与える。訓練を直ちに中止するよう強く求める」と主張した[63]
  • 台風21号の高波によって被害を受けた江の島を視察し、黒岩知事は「想定外の高波で、備えが十分ではなかった」として、五輪に向けて対策を急ぐ考えを示した。また「(五輪期間中の)8月に高波が押し寄せないとはいえない。台風の際にヨットをどこにどうやって動かすのかなどマニュアルを作成する必要がある」と述べた[64]
  • 平成30年台風第21号の県内の被害に対し、記者会見で「復旧に向けては補正予算での対応も視野に入れる」と述べた[65]
  • 2020年東京五輪のセーリング会場となる藤沢市江の島で9日、テロ対策訓練が実施され、訓練後に黒岩知事は「参加者の真剣な表情に心強く思った。訓練を通してマニュアルをしっかり検証し、2020年に安全安心な大会を皆さんとともに成功させたい」と話した[66]
  • リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストの山県亮太選手が神奈川県庁で黒岩祐治知事を表敬訪問した。知事は「いよいよ東京五輪まで1000日を切りました。心から山県選手を応援しております」と激励した[67]
  • 2018年のセーリング ワールドカップシリーズ江の島大会実行委員会が設立され、設立に際し「『セーリング ワールドカップシリーズ江の島大会』は、オリンピックに向けてのテスト的な大会という位置づけになる。選手の皆様には、実際の競技海面でレースに臨んでいただいて、その感触をじっくり味わっていただく。お迎えする我々も、オリンピック大会の時に完璧な形でお迎えできるように、準備をしっかり整えていく。最高のワールドカップにして、最高のオリンピック大会に結びつけていきたい」と意気込みを語りました[68]
  • 神奈川県の黒岩祐治知事が15日、南足柄市大雄町の大雄山最乗寺(石附周行山主)を訪問し、「2019年のラグビーワールドカップは横浜で試合が行われ、外国人が訪れる。未病をコンセプトに特別な体験ツアーなどを企画できるのは面白い」などと話した[69]
  • 政府が新設を検討している「森林環境税」の大枠が、県が10年前に導入した「水源環境保全税」と重なる増税となり、国税一本化となれば負担と配分の不均衡で9割超の減収となることを受けて、「もし新税に取って代わられたりしたら、神奈川が進めてきた森林対策は根本から崩れることになり、大変重大な問題だ」と指摘した[70]
  • 多頭飼育を届け出制にする考えを明らかにし、「併せて、市町村やボランティア、県獣医師会などと幅広い情報を共有し、しっかりとした連携体制を構築する」と述べた[71]
  • 定例記者会見で自身が選んだ今年(2017年)の漢字を「達」と発表し、「いくつかの点で到達したという実感を得ることがあった」と、その理由を述べた[72]
  • 県立がんセンターの重粒子線治療施設が医師の退職によって稼働停止の可能性があることに触れ、「治療中の患者に不安や不信感を与えず、安定して医療を提供することが重要。医師の確保に全力で取り組む」と述べた[73]
  • 県教育委員会が主催する第5回「いのちの授業大賞」の表彰式において、「命のかけがえのなさ、人としての温かさを感じるすばらしい作品」と評し、賞状や盾を手渡した[74]
  • 防衛省が自衛隊や米軍の基地周辺の騒音対策で続けていたNHK受信料の補助を打ち切る方針を示したことを受け、黒岩祐治知事は会見で、「唐突だ。突然打ち切ると言われても、事態が劇的に変化した訳でもない。地元が納得できないとの思いを持つのも当然だ」と述べた[75]
  • 2020年東京五輪のセーリング競技会場となる藤沢・江の島で、地震による津波を警戒して浮上した観客席の大幅削減案に対し、「機運を盛り上げていこうというときに、誤った情報は非常にマイナスになる。怒りを覚えている」、「組織委と情報を共有し、あらゆる場合を想定しながら準備を進めている」と語った[76]
  • 大学との包括協定締結によって知事自身も教壇に立つことに触れ、「その時々の最大のテーマについて議論し、学生から解決策を提示してもらうなど緊張感のある内容にしたい」と述べた[77]
  • 第90回記念選抜高校野球大会に出場する東海大相模と慶応が、神奈川県庁を表敬訪問した4年ぶりの県勢出場に、「4月4日の決勝戦のスケジュールは日程に入っています。ぜひ(両校とも)決勝へいけるよう頑張ってほしい」と激励した[78]
  • 先端医療産業を活性化するため武田薬品工業と覚書を交わし、「県が取り組む最先端の医療や未病の改善などの施策が一気に前に進む大きな可能性を感じる」と期待を示した[79]
  • 政府が大規模災害時の避難所運営や仮設住宅整備などの権限について、都道府県から政令指定都市に移すことを可能にする災害救助法改正案を閣議決定したことを受け、「全国知事会と政令指定都市市長会の意見は平行線のままだった。強引に法改正が進められて大変遺憾だ」と述べた[80]
  • 友好提携35周年を迎えた中国・遼寧省と新たな覚書を結び、未病対策など「新たな分野で連携を深めていきたい」と強調した[81]
  • アサヒ飲料と健康と病気の間の状態を指す「未病」対策に力を入れる神奈川県と連携することで覚書を結んだ際に「消費者に直接届く形でコンセプトを浸透させていくことが健康寿命を延ばすことに有効だ」と語り、連携に期待を込めた[82]
  • 夏の甲子園大会に出場する横浜と慶応の選手、監督ら計約40人が三十一日、県庁を訪れ際に、「3年連続出場の横浜は、三度目の正直として(優勝を)期待している。春夏連続出場の慶応は、初戦敗退した春の悔しさをぶつけてほしい」と激励した[83]
  • 女子学童軟式野球の全国大会「NPBガールズトーナメント2018」で県勢初の優勝を果たした「YAMAYURI」(やまゆり)が二十日、県庁を訪れ、優勝報告をした際に「皆さんの表情は誇りと自信にあふれ、良い経験だったと思う。その裏には多くのスタッフとご両親の支えがあったことを忘れないで」と述べた[84]
  • ヘイトスピーチ対策などを目的とする有識者会議について「継続的な人権啓発、人権教育の必要性などさまざまな意見をいただいた」と述べ、「表現の自由に関わることから慎重に検討すべき問題ではあるが、ヘイトスピーチは決して許されるものではない」指摘した[85]
  • 2020年東京五輪・セーリング競技の開催期間中、会場となる藤沢・江の島の小型ヨット(ディンギー)の移動計画が白紙となったことについて、「入出艇が難しいという課題が浮かび上がり、残念ながら見送ることにした」と説明。その上で、「県内には民間マリーナがたくさんあり、どれだけのスペースがあるか調査を進めてきた。これから具体の条件を詰めていく作業になる」と述べた[86]
  • 川崎ブレイブサンダースの元沢伸夫社長らが表敬訪問、「ベイスターズがDeNAになった時を思い出しワクワクしている。プロバスケットボールで県民の皆さまのスポーツ振興にもつながる。頑張ってもらいたい」とエールを送った[87]
  • 「かながわプラごみゼロ宣言」を行い、会見で「きょうの段階は宣言。具体的に何ができるかは県民や市町村、企業の皆さんと考えたい」と述べた[88]
  • 2018年1月の新聞のインタビューで未病について聞かれ、「今年は認知症糖尿病対策で、さらに取り組みを進めていく」と述べた[89]
  • 藤沢市江の島で競技が始まるセーリングのワールドカップ(W杯)シリーズ江の島大会にエントリーしている神奈川ゆかりの4選手を「日本人選手の大活躍でセーリングが盛り上がる。東京五輪に向けて大いに心強い」と激励した[90]
  • セーリングのワールドカップ(W杯)シリーズ江の島大会の開催を受け、「サッカーW杯のようにセーリングも盛り上げたい」と強調した[91]
  • 平塚商工会議所を訪れ、地元政財界人を前に講演した。知事は「過去の事例を見ると、地域や企業の再生は本物の危機感からV字回復が始まる」など地域活性化への持論を述べた[92]
  • 北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の54歳の誕生日となる5日、救出を呼び掛ける横断幕が神奈川県庁に掲示され、「風化が一番いけないこと。少しでも役に立てればと思う」と語った[93]
  • 未病産業の最新動向を国内外に発信する展示会「ME-BYO Japan2018」が開催された際に、命に対する新しい向き合い方や、健康寿命が延びていくことが実感できる場になる」と強調した[94]
  • 独自の工夫等の実施によって成長している中小企業などを神奈川がんばる企業として認定された10社に「日頃の活動が成果を生んでいる。リーダーとして県の中小企業を引っ張って行って欲しい」と期待を寄せた[95]
  • 2019年3月に「神奈川かもめ『短編演劇』フェスティバル2019(かもフェス'19)」が実施される。それに先立ち記者会見の場で、「神奈川では、文化・芸術の力で人を引き付けようとマグネット・カルチャー(マグカル)という取り組みを展開しています。この『かもフェス』もやり続けることで、神奈川で新しい演劇が発展していく可能性があるという流れをつくっていきたい」と意気込みを語った[96]
  • 免震・制振装置データ改竄(かいざん)問題に対して、定例記者会見で「地震発生時の安全性に対する信頼を損なうものであり、大変遺憾だ。一日も早く、新しい製品に交換するよう指示する」と述べた[97]
  • 神奈川と台湾の長年の交流に尽力したとして、太平洋戦争末期、座間、海老名市内にあった高座海軍工廠で戦闘機などを製造していた少年工らの同窓組織「台湾高座会」に感謝状を贈った。「大変なご苦労があったことと思うが、神奈川を第二の故郷とし、県と台湾の友好協力の礎となっていただいていることに感謝している」と述べ、感謝状を手渡した[98]
  • 神奈川県大磯町の明治記念大磯邸園の記念公開式が行われ、「横浜、箱根、鎌倉に次ぐ、第4の観光の核をつくろうという事業に取り組み、大磯町が第4の観光の核に選ばれた。大磯町がかつて以上の素晴らしい輝きが得られるよう努力していく」と強調した[99]
  • 「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の導入に向け、神奈川県が実証実験を開始し、「(RPA導入で)効率化を図ることができれば、職員をより創造性の高い業務に振り分けることが可能になる」と語っている[100]
  • 県はアレルギー疾患の治療で中心的役割担う病院を2病院を選定した。「県民の安心安全につながる大きな仕組みづくりになる」と強調。両病院はアレルギー診療体制の強化を図っているとし、「生活に大きな不自由をもたらすアレルギーの治療に、これまで以上に貢献していきたい」などと述べた[101]
  • 相模補給廠にミサイル防衛の米軍司令部が駐留駐留することについて、「住民の安心のためには、より具体的な情報が必要」とし、国に情報提供を求めた[102]
  • 2019年2月6日、4月に行われる神奈川県知事選挙に立候補することを正式に表明した。出馬表明では「やりがいのある8年間でそれなりに形になったが、まだやり残したこともある」と強調した。8年間の実績については「国に先駆けた独自提案をやり、国も動いた」と説明。やり残したことについては、再生可能エネルギーの数値目標や健康寿命を延ばす取り組みが未達成であるとし、「まだまだ取り組まなければいけない」と語った[103]
  • 2度目の米朝首脳会談開催を前に「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」会長として首相官邸を訪れ、菅官房長官と面会し、要望書を提出。面会後、記者団に対し、「今回の米朝首脳会談でのさらなる前進を期待して要望した。家族が高齢化して時間がない中、諦めないで突破口を見出していく思いを共有した」と述べた[104]
  • 3選へ向けた立候補を表明した会見で、やり残した再生可能エネルギーについて問われ、「2030年度の段階で再生可能エネルギーなどの分散型電源の割合(2016年度は13.5%)を45%にしたい」と答えた[103]
  • 3選立候補出馬会見で、自身が掲げた「いのち輝くマグネット神奈川」というビジョンは「正しかったと確信を持てる」と語った[105]
  • 3選に向けた政策発表の場で、「今までやってきたことをさらに充実させ、不十分なところは完成形に近づけていく」と語った[106]

フジテレビ勤務歴[編集]

  • 1980年4月-1983年3月 - スポット営業部
  • 1983年4月-1987年3月 - 報道部政治部社会部)記者。
  • 1987年4月-1988年3月 - ノンフィクションディレクター
  • 1988年4月-1997年3月 - ニュースキャスター
  • 1997年4月-1999年3月 - ワシントンD.C.支局特派員
  • 1999年4月-2009年9月 - ニュースキャスター

出演番組[編集]

舞台[編集]

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『救急医療にメス・走れ家族のための救急車』情報センター出版局1990年)ISBN 4795810524
  • 『ナースたちの朝』講談社1994年)ISBN 4062066467
  • 『人間はテレビよりスクープだ』三五館(1998年)ISBN 4883201627
  • 『マスコミ改革を考える』自由国民社2003年)ISBN 4426121078(共著)
  • 『恩師の条件:あなたは「恩師」と呼ばれる自信がありますか?』リヨン社発行、二見書房発売(2005年)
  • 『消防官だからできること』リヨン社
  • 『夢を実現するチカラ』扶桑社
  • 『日本を再生するマグネット国家論』
  • 『灘中 奇跡の国語教室:橋本武の超スロー・リーディング(中公新書ラクレ394)』中央公論新社(2011年)ISBN 9784121503947

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h プロフィール”. 神奈川県知事 黒岩祐治 オフィシャルウェブサイト. 2012年4月27日閲覧。
  2. ^ プロフィール”. 神奈川県 (2012年). 2012年4月27日閲覧。
  3. ^ a b c d 第13回北里・ハーバードシンポジウム 2014年
  4. ^ 「共に生きる社会」めざして 高校生作文コンテスト 2010年
  5. ^ 早稲田大学 大学院 公共経営研究科 公共経営研究科について:教員紹介
  6. ^ 拉致問題を風化させない取組み
  7. ^ 神奈川県知事の黒岩祐治さんを徹底解剖! はまれぽ.com、2011年04月20日
  8. ^ 黒岩祐治氏インタビュー:高齢化問題への新たなアプローチ 「WHO Bulletin」2017年11月号
  9. ^ 勝谷誠彦、黒岩祐治、中田考…天才たちの灘校時代を和田秀樹が描く AERA.dot(2020年2月11日)
  10. ^ 「発信人物録 黒岩祐治さん プロデューサー業にも乗り出したキャスター」『毎日新聞』1995年11月9日
  11. ^ 神奈川県知事プロフィール
  12. ^ 「歌いたい フジテレビキャスター 黒岩祐治さん」『毎日新聞』夕刊 2006年6月17日
  13. ^ “フジテレビ黒岩祐治キャスターが退社”. 日刊スポーツ. (2009年9月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090918-545240.html 2015年12月19日閲覧。 
  14. ^ 県知事選:告示わずか8日前で構図ようやく固まる、3氏が出馬表明/神奈川 神奈川新聞 カナロコ、2011年3月17日
  15. ^ 知事選:黒岩氏、「知名度」戦略が奏功し大勝/神奈川 神奈川新聞 カナロコ、2011年4月11日
  16. ^ 神奈川の黒岩知事、3選出馬表明「五輪見届けたい」” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年3月20日閲覧。
  17. ^ 神奈川知事選、黒岩氏が3選”. 日本経済新聞 (2019年4月7日). 2019年4月8日閲覧。
  18. ^ 震災がれきなど黒岩知事が受け入れ表明、汚染廃棄物は「対象ではない」/神奈川 神奈川新聞 カナロコ、2011年5月18日
  19. ^ 被災地がれき受け入れ、黒岩知事が慎重姿勢/神奈川 神奈川新聞 カナロコ、2011年11月10日
  20. ^ がれき年内決着せず 神奈川・黒岩祐治知事 MSN産経ニュース、2012年12月30日
  21. ^ 東日本大震災によって発生した災害廃棄物の受入れについて 神奈川県
  22. ^ 神奈川県黒岩知事、選挙公約「忘れてほしい」「太陽光で脱原発」トーンダウン J-CASTニュース、2011年10月8日
  23. ^ “「やり残したことある」黒岩知事3選出馬正式表明”. 神奈川新聞. (2019年2月7日) 
  24. ^ a b c d e f 神奈川県、朝鮮学校への補助金交付へ 拉致の表記改訂で 朝日新聞、2011年6月1日
  25. ^ a b c “朝鮮学校学費補助金 黒岩祐治・神奈川県知事「交付決定は不可能」” (日本語). 産経ニュース (SANKEI DIGITAL INC.). (2017年3月30日). https://www.sankei.com/politics/news/170330/plt1703300010-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  26. ^ 健康・医療戦略”. 首相官邸 (2017年2月17日). 2019年2月15日閲覧。
  27. ^ 黒岩知事インタビュー”. タウンニュース (2019年1月11日). 2019年2月15日閲覧。
  28. ^ a b c 「ホメオパシー叩き」は統合医療潰しを目的としていたのか? BLOGOS、2010年11月18日
  29. ^ ホメオパシーと黒岩祐治 大槻義彦のページ
  30. ^ ホメオパシー新聞12 週刊ポストの記事 第6回 本連載が大論争を巻き起こした(「ホメオパシー問題」に私がこだわった理由)に対しての見解 日本ホメオパシー医学協会、2010年12月3日
  31. ^ a b c d e f g h i j k l “【神奈川】知事支援者に病院許可 休眠中法人、内規適用せず”. 毎日新聞. (2015年9月8日) 
  32. ^ 神奈川県:知事支援者に病院許可 休眠中法人、内規適用せず 毎日新聞電子版、2015年9月8日
  33. ^ 業界ニュース オーイズミ、訴訟相手と和解 パチンコ・パチスロ業界ニュース「遊戯日本」、2015年12月7日
  34. ^ a b 県、企業誘致100件達成 4年間で投資額2022億円”. 神奈川新聞 カナロコ. 2019年2月15日閲覧。
  35. ^ 「ビッグレスキューかながわ」を実施します!!(平成28年度神奈川県・横須賀市合同総合防災訓練)”. 神奈川県. 2019年2月15日閲覧。
  36. ^ かながわシェイクアウト(いっせい防災行動訓練)”. 2019年2月15日閲覧。
  37. ^ 私立高無償化、年収590万円未満の世帯を対象に 県、支援策拡大へ”. 神奈川新聞 カナロコ. 2019年2月15日閲覧。
  38. ^ “日本経済新聞 黒岩知事 3選出馬を表明”. (2019年2月7日) 
  39. ^ プライマリーバランスの推移”. 神奈川県. 2019年2月21日閲覧。
  40. ^ “県31年度予算案”. 産経新聞. (2019年2月13日) 
  41. ^ “黒岩祐治・神奈川県知事「重大な問題残ったまま」 五輪費用負担問題で不満吐露” (日本語). SankeiBiz(サンケイビズ). (2017年5月11日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170511/mca1705111758022-n1.htm 2018年11月30日閲覧。 
  42. ^ 精神障害者を積極採用 県本会議で知事が方針」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  43. ^ 「生きた証」たどる 相模原殺傷-各地で鎮魂の祈り」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  44. ^ “テレワーク、じわり拡大” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXLZO19069910Q7A720C1L83000/ 2018年11月30日閲覧。 
  45. ^ 地元の酒+料理で乾杯 地域活性化へ神奈川県が注力」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  46. ^ “「相席」海の家の営業見送りは当然なのか 神奈川県知事が疑問視「男女が食事して『風紀が乱れる』って時代と合わない」 - ライブドアニュース” (日本語). ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/13299618/ 2018年11月30日閲覧。 
  47. ^ 県・1市5町 地域の課題を共有 知事「初めて知ったことも」 | 足柄 | タウンニュース」『タウンニュース』、2017年7月29日。2018年11月30日閲覧。
  48. ^ 神遊協ら 青少年育成に協力 啓発ファイル、県へ寄贈 | 神奈川区 | タウンニュース」『タウンニュース』、2017年7月13日。2018年11月30日閲覧。
  49. ^ 日本テレビ. “「やまゆり園」再建 専門部会は分散を提言|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. http://www.news24.jp/articles/2017/08/03/07368705.html 2018年11月30日閲覧。 
  50. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年8月8日). “「地酒で乾杯」官民一体で普及へ 神奈川県内自治体で条例施行相次ぐ” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/region/news/170808/rgn1708080053-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  51. ^ “村田製作所、みなとみらいに新拠点 32年開業目指す” (日本語). SankeiBiz(サンケイビズ). (2017年8月17日). https://www.sankeibiz.jp/business/news/170817/bsc1708171749007-n1.htm 2018年11月30日閲覧。 
  52. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年8月15日). “【動画あり】神奈川県のミスキャンパスが「風疹ワクチン接種してね」 動画で呼びかけ” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/life/news/170815/lif1708150020-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  53. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年8月25日). “神奈川県、性犯罪被害者をサポートする専門支援センター開設” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/region/news/170825/rgn1708250019-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  54. ^ “津久井やまゆり園:再建は小規模・分散化 黒岩知事が方針 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20170818/k00/00m/040/079000c 2018年11月30日閲覧。 
  55. ^ 誇りと感謝胸に戦う 県選手団が結団式えひめ国体」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  56. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年9月4日). “【北朝鮮核実験】金正恩氏に抗議文郵送の自治体相次ぐ 「断じて許されない」「責任痛感を」” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/politics/news/170904/plt1709040035-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  57. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年9月9日). “酪農家×神奈川県、地産生乳ブランド化 生産量全国2位も…原料は県外産” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/region/news/170909/rgn1709090062-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  58. ^ 寿湘ヶ丘老人ホーム 県知事が施設訪問 長寿祝い記念品を授与 | 秦野 | タウンニュース」『タウンニュース』、2017年9月15日。2018年11月30日閲覧。
  59. ^ “【ボクモバニュース】井上兄弟が神奈川を盛り上げる! 2017.9.21” (日本語). ボクシングモバイル. https://boxmob.jp/sp/news/index.html?nid=19669&n=1 2018年11月30日閲覧。 
  60. ^ 熊本地震支援くまモン「感謝」 県庁訪問し礼状」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  61. ^ サイバーダインとAIGが脊損受傷の小中高生を対象にロボットスーツHALを使った「歩行機能向上促進プログラム」を神奈川で実施!あきらめを希望に変える | ロボスタ - ロボット情報WEBマガジン」『ロボスタ』。2018年11月30日閲覧。
  62. ^ “小規模、分散で21年度開設 新やまゆり園基本構想” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22275970U7A011C1CC1000/ 2018年11月30日閲覧。 
  63. ^ “厚木基地で米軍が艦載機訓練 周辺自治体、中止を要請” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H8O_R00C17A9CC1000/ 2018年11月30日閲覧。 
  64. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年10月28日). “江ノ島「想定外の高波」 神奈川県知事が台風被害を視察” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/affairs/news/171028/afr1710280007-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  65. ^ “台風21号、神奈川県内約7億円の被害” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23210110X01C17A1L82000/ 2018年11月30日閲覧。 
  66. ^ テロ想定、江の島で訓練 五輪向け情報共有も」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  67. ^ “山県亮太「僕は9秒8台出したい」流行語の上目指す - 陸上 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201711140000431.html 2018年11月30日閲覧。 
  68. ^ “東京五輪のメダル獲得に向けて準備万端!セーリング ワールドカップシリーズ江の島大会実行委員会が設立”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000029945.html 2018年11月30日閲覧。 
  69. ^ 黒岩知事 大雄山最乗寺を訪問 地域との交流状況を視察 | 足柄 | タウンニュース」『タウンニュース』、2017年11月25日。2018年11月30日閲覧。
  70. ^ 「二重課税」県ピリピリ 政府・森林環境税 1人千円 国税一本化で減収9割超」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  71. ^ 多頭飼育、届け出制に 黒岩知事が考え表明」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  72. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年12月20日). “今年の漢字は「達」黒岩祐治知事 神奈川” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/politics/news/171220/plt1712200017-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  73. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年12月20日). “医師退職で重粒子線治療施設稼働停止も 神奈川の県立がんセンター” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/life/news/171220/lif1712200028-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  74. ^ 心の成長を言葉に 「いのちの授業」大賞に小野さん」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  75. ^ 基地周辺の受信料補助打ち切り 「唐突」黒岩知事が違和感」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  76. ^ 客席削減案に地元「仕方ないが…」 五輪セーリングの舞台・江の島」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  77. ^ “神奈川県、関東学院大と包括協定 知事も講師に” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25993480S8A120C1L82000/ 2018年11月30日閲覧。 
  78. ^ “東海大相模と慶応が表敬訪問 黒岩知事「決勝へ」 - 高校野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201803090000392.html 2018年11月30日閲覧。 
  79. ^ “神奈川県、先端医療産業活性化へ武田薬品と連携” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29102730W8A400C1L82000/ 2018年11月30日閲覧。 
  80. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2018年5月9日). “神奈川知事「大変遺憾」 災害救助法改正案閣議決定” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/region/news/180509/rgn1805090049-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  81. ^ “神奈川県、中国・遼寧省と新たな覚書 ロボット産業など” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30222640Y8A500C1L82000/ 2018年11月30日閲覧。 
  82. ^ “アサヒ飲料、神奈川の「未病」対策支援 十六茶で啓発” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31545980Y8A600C1XQH000/ 2018年11月30日閲覧。 
  83. ^ “横浜と慶応ナインら、甲子園での健闘誓う 県庁に知事訪問” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201808/CK2018080102000141.html 2018年11月30日閲覧。 
  84. ^ “県勢初Vの喜び知事に報告 全国女子学童野球で「YAMAYURI」” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201808/CK2018082102000143.html 2018年11月30日閲覧。 
  85. ^ ヘイト規制条例「議論深めたい」 有識者会議受け知事」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  86. ^ 五輪開催中の小型ヨット移動白紙 県、民間マリーナで調整」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  87. ^ “川崎ブレイブサンダースが黒岩知事を表敬訪問 新体制でタイトル獲得誓う” (日本語). 川崎経済新聞. https://kawasaki.keizai.biz/headline/566/ 2018年11月30日閲覧。 
  88. ^ 黒岩知事、プラごみゼロ宣言 汚染深刻化で実効策探る」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  89. ^ “黒岩知事インタビュー 「未病」対策 認知症にも” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201801/CK2018010402000109.html 2018年11月30日閲覧。 
  90. ^ 【セーリングW杯江の島大会】県内ゆかり4選手、健闘誓う 知事と藤沢市長が激励」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  91. ^ “神奈川県、セーリング普及に力 W杯で課題も” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35969560R01C18A0940M00/ 2018年11月30日閲覧。 
  92. ^ 黒岩知事 地域活性化へ危機意識訴え | 平塚 | タウンニュース」『タウンニュース』、2018年10月4日。2018年11月30日閲覧。
  93. ^ OpenId transaction in progress”. www.niigata-nippo.co.jp. 2018年11月30日閲覧。
  94. ^ 最新の未病産業集結 パシフィコ横浜で展示会」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  95. ^ 「エース」10社に認定証 独創性と貢献度を評価 | 神奈川区 | タウンニュース」『タウンニュース』、2018年10月18日。2018年11月30日閲覧。
  96. ^ Inc., Natasha,. “「かもフェス'19」審査委員長に渡辺えり「書きたいことを書く20分に」 - ステージナタリー” (日本語). ステージナタリー. 2018年11月30日閲覧。
  97. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2018年10月19日). “KYB免震データ改竄 神奈川県内71件 知事「大変遺憾」” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/life/news/181019/lif1810190017-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  98. ^ 台湾と神奈川、長年の交流に尽力 高座会に県が感謝状」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  99. ^ “【政権の奥座敷】「明治150年」を記念して明治記念大磯邸園が特別公開 国交省 12/24まで | 建設通信新聞Digital”. 建設通信新聞Digital. (2018年10月24日). https://www.kensetsunews.com/web-kan/250643 2018年11月30日閲覧。 
  100. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2018年10月26日). “データ入力業務を自動化へ 神奈川県がRPAの実証実験を開始” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/economy/news/181026/ecn1810260040-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  101. ^ アレルギー治療新拠点、県が2病院選定 一般病院と連携へ」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  102. ^ 相模補給廠にミサイル防衛の米軍司令部駐留へ 地元は反発」『カナロコ|神奈川新聞ニュース』。2018年11月30日閲覧。
  103. ^ a b “神奈川新聞 「やり残したことある」黒岩知事3選出馬正式表明”. (2019年2月7日) 
  104. ^ “神奈川新聞 米朝会談見据え日米で緊密連携”. (2019年2月15日) 
  105. ^ “朝日新聞 「やり残した課題ある」黒岩知事 3選出馬表明”. (2019年2月7日) 
  106. ^ “神奈川新聞 未病創造など5本柱”. (2019年3月14日) 
  107. ^ 救急医療キャンペーン”. 公益財団法人 放送文化基金 (1990年). 2012年4月27日閲覧。
  108. ^ 日本民間放送連盟賞/1990年(平成2年)入選・事績 放送活動部門=地区審査のみ テレビ放送活動 入 選 <フジテレビジョン> FNNスーパータイム 救急医療キャンペーン”. 日本民間放送連盟 (1990年). 2012年4月27日閲覧。
  109. ^ 日本民間放送連盟賞/1993年(平成5年)入選・事績 優 秀 テレビ報道 <フジテレビジョン> 金曜ファミリーランド 報道熱血スペシャル 白衣の天使・密着24時~感動の看護婦最前線2~”. 日本民間放送連盟 (1993年). 2012年4月27日閲覧。
  110. ^ 日本民間放送連盟賞/2002年(平成14年)入選・事績 優 秀 テレビ報道 優 秀 <フジテレビジョン> 眠れない3歳児・感動の看護婦最前線16”. 日本民間放送連盟 (2002年). 2012年4月27日閲覧。

関連項目[編集]

公職
先代:
松沢成文
神奈川県の旗 神奈川県知事
公選第17・18・19代:2011年 -
次代:
現職