黒島港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒島港
黒島港浮桟橋と旅客待合所
黒島港浮桟橋と黒島船客ターミナル
所在地
日本の旗 日本
所在地 沖縄県八重山郡竹富町
詳細
開港 1972年(昭和47年)5月15日[1]
管理者 沖縄県
種類 地方港湾
面積 224ha[1]
係留施設数 5[2]
桟橋数 1[2]
統計
統計年度 2015年
発着数 2,935隻/65,903総トン(入港船舶)[3]
貨物取扱量 6,544トン[3]
旅客数 210,913人(乗降人員)[3]
公式サイト 黒島港 (PDF)

黒島港(くろしまこう)は、沖縄県八重山郡竹富町黒島にある地方港湾である。港湾管理者は沖縄県[1]統計法に基づく港湾調査規則では乙種港湾に分類されている[4]

概要[編集]

黒島の北側に位置する。石垣島石垣港等との間に旅客船(高速船)が就航しているほか、定期貨客船フェリー)や地元の小型船もこの港を利用している。島外との交通手段が実質的に船舶に限られる黒島において、住民にとっては生活上必要不可欠な生活港湾であり、観光客にとっては唯一の玄関口でもある。また、黒島の周辺海域はダイビングスポットとなっており、石垣島からのダイビング船が休憩のために訪れる[5]

沿革[編集]

施設[編集]

黒島港浮桟橋
黒島船客ターミナル
  • 係留施設[2]
    • 物揚場 (-3.0m) - 50m(最大対象船舶 100総トン)
    • 物揚場 (-2.0m) - 30m(最大対象船舶 30総トン)
    • 物揚場 (-2.5m) - 45m(最大対象船舶 5総トン)
    • 船揚場 - 50m
    • 浮桟橋 - 1基(最大対象船舶 74総トン)
  • 待合所「黒島船客ターミナル」 - 鉄筋コンクリート構造赤瓦屋根・平屋建。延床面積87.75m2[6]

定期航路[編集]

八重山観光フェリー安栄観光の2社が以下の定期航路を運航している。ただし、石垣航路以外の本数は少ない。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 港湾管理者一覧表 (PDF) 国土交通省港湾局、2017年4月1日
  2. ^ a b c 八重山要覧 平成28年度版 第3章 交通・通信 (PDF) 沖縄県八重山事務所、2017年8月
  3. ^ a b c 港湾統計(年報)平成27年 国土交通省
  4. ^ 港湾調査規則 e-Gov
  5. ^ a b 黒島港 (PDF) 沖縄県土木建築部港湾課
  6. ^ a b c 黒島港 新旅客待合所が完成、浮桟橋や屋根付歩道も 八重山毎日新聞、2012年5月2日
  7. ^ 黒島浮き桟橋の完成盛大に祝う 八重山毎日新聞、2006年2月24日
  8. ^ 竹富町の沿革4 竹富町

関連項目[編集]