黒崎定三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
黒崎定三

黒崎 定三(くろさき ていぞう、1885年2月16日 - 1948年7月19日)は、日本の法制官僚政治家貴族院議員、法制局長官

経歴[編集]

京都府出身。郡山中学第三高等学校を経て、1911年東京帝国大学法科大学を卒業。同年12月、文官高等試験に合格。逓信省に入り通信局書記に就任。その後、法制局参事官、内閣恩給局審査官、法制局書記官などを歴任。その他、日独戦役講和準備委員、法制審議会幹事、交通審議会幹事などを務めた。1933年3月、齋藤内閣の法制局長官となり1934年7月まで在任。退任後すぐに貴族院勅選議員に任命され研究会に属し1946年5月17日[1]まで在任した。

1939年1月、平沼内閣で再び法制局長官となり同年8月まで在任。その他、企画院参与、議会制度審議会幹事長、土木会議議員、大蔵省委員、国民更生金庫理事長などを歴任。戦後に公職追放となった。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5804号、昭和21年5月23日。
  2. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。


公職
先代:
堀切善次郎
船田中
日本の旗 法制局長官
第31代:1933 - 1934
第38代:1939 - 1939
次代:
金森徳次郎
唐沢俊樹