黒川和美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒川 和美
生誕 (1946-06-02) 1946年6月2日
死没 (2011-02-02) 2011年2月2日(64歳没)
研究機関 (機関)法政大学
日本経済学会
公共選択学会(名誉会長)
日本計画行政学会(会長:2005年4月-2008年3月)
研究分野 公共選択論
母校 横浜国立大学学士
慶應義塾大学修士
テンプレートを表示

黒川 和美(くろかわ かずよし、1946年6月2日 - 2011年2月2日[1])は、日本の経済学者法政大学教授 (1985年 - 2011年)。岐阜県生まれ。

略歴[編集]

横浜国立大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。学部では長洲一二ゼミに所属。大学院では加藤寛に師事した[2]

法政大学経済学部特別研究助手・助教授・教授を歴任。公共選択論の日本における第一人者となり、数多くの審議会委員を歴任したほか、公共選択学会、日本計画行政学会の会長を歴任。2011年2月2日、原発性慢性骨髄線維症のため東京都港区の病院で死去。64歳没[1]

研究面のみならず、教育面においても、黒川研究室からは多くの研究者を輩出し、また、公共部門・民間事業会社に有為な人材を輩出している。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『公共部門と公共選択』(三嶺書房、1987年/第2版、1993年)
  • 『民優論』(PHP研究所、1997年)
  • 『農村大革命-農村を変える 日本を変える-』(PHP研究所、1998年)
  • 『黒川和美の地域激論 ― 日本の問題、地方の課題』(ぎょうせい、2002年)

編著[編集]

  • 『地域金融と地域づくり――二層の広域連携時代における地域金融の課題と役割』(ぎょうせい、2006年)
  • 『官僚行動の公共選択分析』「官僚行動の公共選択分析」編集委員会、勁草書房(原著2013年)。ISBN 978-4326503742。

共著[編集]

  • (大塚勇一郎・高山憲之武蔵武彦村上敦)『経済政策入門(1)理論』(有斐閣、1993年)
  • 奥野正寛・藤原正寛・多賀谷一照・横山彰三野徹)『農業大革命――農業が甦る・日本が変わる』(PHP研究所、1995年)
  • (森地 茂・「二層の広域圏」形成研究会 『人口減少時代の国土ビジョン新しい国のかたち「二層の広域圏」(日本経済新聞社、2005年)
  • 『グローバルフロント東京 ~魅力創造の超都市戦略~』(都市出版)

共編著[編集]

  • (加藤寛)『政府の経済学』(有斐閣、1987年)
  • 舟田正之)『通信新時代の法と経済』(有斐閣、1991年)
  • (大岩雄次郎・関谷登)『テキストブック現代経済政策』(有斐閣、1993年)

公職・委員履歴[編集]

  • 内閣府道州制ビジョン懇談会 税財政専門委員会 委員長
  • 内閣府構造改革特区 評価・調査委員会 委員
  • 財務省 財政制度等審議会 委員
  • 財務省 独立行政法人評価委員会 委員
  • 国土交通省都市・地域整備局
  • 下水処理水の再利用のあり方を考える懇談会 委員
  • 国土交通省 交通政策審議会 港湾分科会 委員
  • 農林水産省 食料・農業・農村政策審議会 委員
  • 総務省電波政策懇談会 委員
  • 総務省ICTビジョン 懇談会 委員
  • 総務省情報通信審議会 専門委員
  • 東京国税局 土地評価審議会 委員

など

脚注[編集]

[ヘルプ]