黒川紀章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒川 紀章
生誕 1934年昭和9年)4月8日
愛知県海部郡蟹江町
死没 (2007-10-12) 2007年10月12日(73歳没)
東京都新宿区河田町
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学工学部建築学科
東京大学大学院工学系研究科
職業 建築家
受賞 正四位旭日重光章
芸術文化勲章
公式サイト www.kisho.co.jp
所属 日本芸術院
建築物 中銀カプセルタワービル
六本木プリンスホテル
著作 共生の思想

黒川 紀章(くろかわ きしょう、本名:くろかわ のりあき、1934年昭和9年)4月8日 - 2007年平成19年)10月12日)は、日本建築家一級建築士)、思想家実業家政治活動家。株式会社黒川紀章建築都市設計事務所代表取締役社長を務めた。日本芸術院会員。1986年に建築界のノーベル賞と言われるフランス建築アカデミーのゴールドメダルを受賞した[1]

来歴[編集]

愛知県海部郡蟹江町生まれ。

1953年昭和28年)東海高等学校卒業。1957年(昭和32年)京都大学工学部建築学科卒業。在学中は西山卯三に師事。卒業制作の題目は「A Project for Shopping Center」であった。同年東京大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程へ進学。東大では丹下健三研究室に所属し指導を受ける。 東大在学中に「株式会社黒川紀章建築都市設計事務所」を設立。1964年(昭和39年)東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程単位取得退学。1969年(昭和44年)に株式会社アーバンデザインコンサルタントと社会工学研究所を設立。

槇文彦磯崎新谷口吉生らと共に丹下健三の門下生である。1959年(昭和34年)に建築理論メタボリズム浅田孝大高正人槇文彦菊竹清訓粟津潔栄久庵憲司川添登らと提唱した。1960年(昭和35年)、メタボリズム・グループとして世界デザイン会議に参加。社会の変化や人口の成長に合わせて有機的に成長する都市や建築を提案した。メタボリズムに基づいた増築・取替えの可能な建築として中銀カプセルタワービル1972年)などの作品がある。

博士課程時代の数々の構想案や、磯崎新の代理でアスペン学生デザイン会議に参加[要出典]するなどの結果、学生時代から国際的に著名で、のちも海外の作品も数多い。

2007年平成19年)、共生新党を結党して、4月の東京都知事選挙7月29日参院選に立候補していずれも落選するが、バラエティ番組への出演と合わせて耳目を集めた。

参院選2ヵ月後の10月12日午前8時42分に、多臓器不全[2]のため東京女子医科大学病院で死去した。73歳没。夫人の若尾文子は、前日に同病院で受診した結果から検査入院したと語った。青山の梅窓院に埋葬され、戒名は至聖院範空功道居士である。

フランス建築家協会正会員、日本景観学会会長などを務めた。また保守派の文化人として日本会議の代表委員に名を連ねた。

主な作品[編集]

名称 所在地 状態 備考
/西陣労働センター 1962年 26京都市上京区 日本の旗 日本 現存せず
/ 日東食品山形工場 1964年 06山形県寒河江市 日本の旗 日本
/こどもの国セントラルロッジ 1964年 14神奈川県横浜市 日本の旗 日本 現存せず
/山形ハワイドリームランド 1967年 06山形県山形市 日本の旗 日本 現存せず
/寒河江市役所庁舎 1967年 06山形県寒河江市 日本の旗 日本 登録有形文化財
/大阪万博東芝IHI館、タカラビューティリ
オン、空中テーマ館
1970年 27大阪府吹田市 日本の旗 日本 現存せず
/佐倉市役所庁舎 1971年 12千葉県佐倉市 日本の旗 日本
/中銀カプセルタワービル 1972年 13東京都中央区 日本の旗 日本
/札幌プリンスホテル本館 1972年 01北海道札幌市 日本の旗 日本 現存せず
/ 軽井沢プリンスホテル東館 1973年 20長野県軽井沢町 日本の旗 日本
/下田プリンスホテル 1973年 22静岡県下田市 日本の旗 日本
/ カプセルハウスK 1973年 20長野県北佐久郡 日本の旗 日本
/BIG BOX 1974年 13東京都新宿区 日本の旗 日本
/福岡銀行本店 1975年 40福岡市中央区 日本の旗 日本
/ソニータワー 1976年 27大阪市中央区 日本の旗 日本 現存せず
/ 青山ベルコモンズ 1976年 13東京都港区 日本の旗 日本 現存せず
/和木町庁舎 1976年 35山口県和木町 日本の旗 日本
/嬉野温泉和多屋別荘タワー館 1977年 41佐賀県嬉野市 日本の旗 日本
/国立民族学博物館 1977年 27大阪府吹田市 日本の旗 日本
/日本赤十字社本社 1977年 13東京都港区 日本の旗 日本
/石川厚生年金会館 1977年 17石川県金沢市 日本の旗 日本 北陸電力会館 本多の森ホール
/東京大同生命ビル 1978年 13東京都中央区 日本の旗 日本 現存せず
/長崎新聞本社ビル 1980年 42長崎県長崎市 日本の旗 日本
/福岡県庁舎 1981年 40福岡市博多区 日本の旗 日本
/埼玉県立近代美術館 1982年 11埼玉県さいたま市 日本の旗 日本
/国立文楽劇場 1983年 27大阪市中央区 日本の旗 日本
/六本木プリンスホテル 1984年 13東京都港区 日本の旗 日本 現存せず
/ワコール麹町ビル 1984年 13東京都千代田区 日本の旗 日本
/国際科学技術博覧会Gブロック外国館、電力
館、東芝館、日本IBM館、三井グループ館
1985年 08茨城県つくば市 日本の旗 日本
/吉運堂本社 1985年 15新潟市南区 日本の旗 日本
/ベルリン日独センター 1988年 ベルリン ドイツの旗 ドイツ
/名古屋市美術館 1988年 23愛知県名古屋市中区 日本の旗 日本
/広島市現代美術館 1989年 34広島市南区 日本の旗 日本
/ウインズ銀座 1990年 13東京都中央区 日本の旗 日本
/小松市立本陣記念美術館 1990年 17石川県小松市 日本の旗 日本
/沖縄県庁舎 1990年 47沖縄県那覇市 日本の旗 日本
/白瀬南極探検隊記念館 1990年 05秋田県にかほ市 日本の旗 日本
/三起商行本社 1991年 27大阪府八尾市 日本の旗 日本
/奈良市写真美術館 1991年 29奈良県奈良市 日本の旗 日本
/きびプラザ 1992年 33岡山県吉備中央町 日本の旗 日本
/パシフィック・タワー 1992年 ラ・デファンス フランスの旗 フランス
/南山城村文化会館・やまなみホール 1992年 26京都府南山城村 日本の旗 日本
/和歌山県立近代美術館 1994年 30和歌山県和歌山市 日本の旗 日本
/和歌山県立博物館 1994年 30和歌山県和歌山市 日本の旗 日本
/愛媛県総合科学博物館 1994年 38愛媛県新居浜市 日本の旗 日本
/リパブリックプラザ 1995年 シンガポール シンガポールの旗 シンガポール
/ホテル京セラ 1995年 46鹿児島県霧島市 日本の旗 日本
/福井市美術館 1996年 18福井県福井市 日本の旗 日本
/ソフトピアジャパンセンタービル 1996年 21岐阜県大垣市 日本の旗 日本
/帯広空港ターミナルビル 1997年 01北海道帯広市 日本の旗 日本
/クアラルンプール国際空港 1998年 クアラルンプール マレーシアの旗 マレーシア
/KLセントラル駅 2001年 クアラルンプール マレーシアの旗 マレーシア
/京セラ本社ビル 1998年 26京都市伏見区 日本の旗 日本
/新首都アスタナ計画 1998年- アスタナ  カザフスタン 2030年完成予定
/門司港レトロハイマート 1999年 40福岡県北九州市門司区 日本の旗 日本
/ゴッホ美術館新館 1999年 アムステルダム オランダの旗 オランダ
/フラワーヒルミュージアム 1999年 30和歌山県紀の川市 日本の旗 日本
/豊田大橋 1999年 23愛知県豊田市 日本の旗 日本
/大阪府立国際会議場 2000年 27大阪市北区 日本の旗 日本
/福井県立恐竜博物館 2000年 18福井県勝山市 日本の旗 日本
/豊田スタジアム 2001年 23愛知県豊田市 日本の旗 日本
/大分スポーツ公園総合競技場 2001年 44大分県大分市 日本の旗 日本
/鄭東新区マスタープラン 2003年- 河南省鄭州市 中華人民共和国の旗 中国 2020年完成予定
/世知原温泉くにみの湯 山暖簾 2004年 42長崎県佐世保市 日本の旗 日本
/日本看護協会原宿会館 2004年 13東京都渋谷区 日本の旗 日本
/長崎歴史文化博物館 2005年 42長崎県長崎市 日本の旗 日本
/パルティせと 2005年 23愛知県瀬戸市 日本の旗 日本
/吉運堂新発田店 2005年 15新潟県新発田市 日本の旗 日本
/アスタナ新国際空港 2005年 アスタナ  カザフスタン
/国立新美術館 2006年 13東京都港区 日本の旗 日本
/大口町立大口中学校 2007年 23愛知県大口町 日本の旗 日本
/大阪府警察本部 2008年 27大阪市中央区 日本の旗 日本
/長崎県立埋蔵文化財センター・壱岐市立一支
国博物館
2010年 42長崎県壱岐市 日本の旗 日本
/吉運堂ストーンミュージアム 2010年 15新潟市南区 日本の旗 日本
板橋大遠百Mega City 2011年 新北市板橋区  台湾
/ガスプロム・アリーナ 2016年 サンクトペテルブルク ロシアの旗 ロシア

1979年昭和54年)に開業した日本初のカプセルホテル(カプセル・イン大阪)を設計したのも、黒川である。

主な作品・外観画像
寒河江市役所庁舎
寒河江市役所庁舎
大阪万博東芝IHI館
大阪万博東芝IHI館
佐倉市役所庁舎(1971年)
佐倉市役所庁舎(1971年)
福岡銀行本店(1975年)
福岡銀行本店(1975年)
ソニータワー
ソニータワー
青山ベル・コモンズ(1976年)
青山ベル・コモンズ(1976年)
和木町庁舎(1976年)
和木町庁舎(1976年)
国立民族学博物館(1977年)
東京大同生命ビル(1978年)
東京大同生命ビル(1978年)
長崎新聞本社(1980年)
長崎新聞本社(1980年)
埼玉県立近代美術館(1982年)
国立文楽劇場(1983年)
国立文楽劇場(1983年)
ワコール麹町ビル(1984年)
ワコール麹町ビル(1984年)
名古屋市美術館(1988年)
広島市現代美術館(1989年)

賞歴[編集]

海外の学会における顕彰を受けており、

である。

都市計画への取り組み[編集]

他の丹下研究室出身の建築家と同様、“都市”について意識的な建築家である。東京計画1960は磯崎新とともに主担当したが、それまでは丹下研究室での設計実務も磯崎とともに極力拒否していた。[要出典]

ポンピドゥ・センターコンペでドミノ1971を提案し、大阪府立国際会議場のコンペでスーパードミノ2000を提案した[3]

以下に手がけた具体的事案を「主な都市計画」、構想を「主な都市構想」、で示す。

主な都市計画[編集]

主な都市構想[編集]

  • 1959年昭和34年) - 新東京計画案:50年後の東京
  • 1960年(昭和35年) - 垂直壁都市 丸の内再開発計画
  • 1960年(昭和35年) - 農村都市計画
  • 1961年(昭和36年) - 東京計画1960サイクルトランスポーテーションシステム
  • 1961年(昭和36年) - 霞ヶ浦計画
  • 1961年(昭和36年) - 丸の内業務地域再開発計画
  • 1961年(昭和36年) - 東京計画1961<ヘリックス計画>
  • 1962年(昭和37年) - 箱型量産アパート計画
  • 1962年(昭和37年) - 西陣地区再開発計画
  • 1965年(昭和40年) - メタモルフォーゼ計画1965
  • 1966年(昭和41年) - 山形HD計画
  • 1969年(昭和44年) - 海洋工業基地メタボナート'69
  • 1976年(昭和51年) - 吉備高原都市計画
  • 1987年(昭和62年) - 東京2025計画(グループ2025)
  • 1989年平成元年) - ニーム副都心計画コリゼ

政治活動[編集]

かねてから日本会議で代表委員を務めるなど、保守派の論客として知られていた。2007年平成19年)に共生新党を発足して党首に就任し、4月の東京都知事選挙、7月の第21回参議院議員通常選挙に出馬したが落選した。建築で世界的に著名な人物の初出馬は、派手なパフォーマンスが世間の注目を集め、マスコミでの露出も増えて「バラエティの宝」とも言われた[誰?]

この後も衆議院議員選挙に出馬する意向であったとされる[誰?]が、都知事選出馬表明の約8か月後に世を去ったため、一連の政治活動とメディア出演は死期を悟った上での行動だったのではないかとも言われる[誰?]。建築家磯崎新は黒川の死後、彼の立候補によるアイデア表明はメディア型建築家として当然のことと見做し「(都知事選の)マニフェストは群を抜いていた」「そのアイデアは誰かが実現させることだろう」と述べた[5]

概要[編集]

東京都知事選[編集]

経緯[編集]

2007年平成19年)2月21日、「石原氏とは親しいが、議会無視、側近政治、無意味な五輪招致など目に余る」と2007年東京都知事選挙に出馬を表明。本人は石原を応援していた8年前から出馬を考えていたと発言した。3月16日には共生新党を立ち上げた。

主要4候補の一人としてテレビ討論に出演するなどメディアに取り上げられるも落選(票数:159,126、得票率:2.9%)。

選挙翌日のフジテレビのインタビューでは、浅野史郎が敗因や感想を述べ総括をしていたのとは対照的に、都政の具体的な話題に熱弁をふるい、次の都知事選に触れた。

選挙の2日後に、共生新党として参院選に出馬する意志があることを明らかにした。

マニフェスト[編集]

以下は2007年平成19年)3月5日都庁で発表したマニフェストである。

都知事選立候補時の記者会見では、日本会議で代表委員も務めた保守派言論人というイメージにも関わらず、「僕は社会主義に対する幻影がいまだにある。具体的に支援しているのは中国。ロシアは本気で亡命しようとしたこともあった」と発言して話題となった[6]

パフォーマンス[編集]

自らがデザインした円形のガラス張り選挙カーを使用、クルーザーから手を振る、ヘリコプターで都知事選候補者では初めて離島へ向かうなどの選挙活動を黒川自らが「陸海空作戦」と称した。当初は飛行船から桜吹雪を撒き散らすというアイデアもあったが、選挙管理委員会の許可がおりなかった。

他の主要候補者が演説している場所に突然現れ、対話しようとする選挙活動を一部のメディアが「奇襲作戦」と称した。選挙戦の最終日は新宿西口で演説中の石原慎太郎候補の近くに来て、「石原裕次郎の名前を出さないと当選できない石原慎太郎さんには、この歌を送ります」といい、妻と共に石原裕次郎の「銀座の恋の物語」を歌った。しかし、その後は夫婦で石原の演説に聞き入り、最後に拍手を送っていた。

参議院選挙から関口忠相を選対副本部長[要出典]に据え、最終日の和太鼓・ほら貝・松明に武田信玄のテーマをバックミュージックにした新宿駅東口の打ち上げ演説の様子は、多くのテレビで放映されたが、黒川本人は体調不良で参加しなかった。

参議院選挙[編集]

結果
  • 黒川 - 得票70275、投票率1.16%
  • 共生新党 - 得票総数146,986.951、得票率0.25%
主張
  • 命を守る安全な日本をつくります。
  • 老後も安心して生活できる年金、医療、福祉を最重点政策とします。
  • 格差の是正
  • 教育
  • 経済と文化の共生

人物・エピソード[編集]

黒川家は蟹江町の名家であり、弟の黒川雅之、黒川喜洋彦(株式会社黒川建築事務所代表取締役)を加え父子4人とも東海高等学校OBの建築家である[7]。父は社団法人日本建築家協会東海支部長であった黒川巳喜。

母校の東海高等学校で受けた宗教教育に影響を受け、共生の思想を建築の領域で展開[要出典]し、最晩年に共生新党を結成して政界への進出を試みた。

黒川がファンだった若尾文子と、中部日本放送のトーク番組『すばらしき仲間1976年昭和51年)に共演して若尾の美しさをバロック芸術の「肯定と否定の矛盾」に例えた。番組をきっかけに交際を始め、黒川と前妻の離婚が成立した1983年(昭和58年)に若尾と結婚した。若尾も再婚で再婚者同士の婚姻で、両者共に50歳を超えた再婚であった。

本名は紀章(のりあき)。1960年代に出版された『プレハブ住宅』では、紀章(のりあき)と書かれている。

日本文化デザイン会議では黒ずくめの服装で日本刀を持ち込み、「僕はいつも、明け方三時にこれ(日本刀)を抜いて、自宅近辺を走ってますよ。刀を抜いて着物で走るという“実戦”の訓練を昔からやっているんです」と週刊文春 2007年3月8日号で語っている。

を好む人物として知られて[誰?]おり、1960年代を流行らせたと自負[要出典]する。「黒の服しか着ない」と述べており、初めて買ったポルシェの色もで設計事務所のワークステーションも黒で統一している。その他、IBMのロゴに対して、三色を使っていることと斜めを向いていることに対して、「いわれにこだわりすぎ」と述べるほどである[8]

講談社1969年4月に「キミたち若者が選んだ現代のヒーロー」に、幾人かとともに選出した。サンデー毎日1970年12月「街で聞いたカッコいい男」で12位、週刊読売1971年2月人気投票で3位、1990年日刊建設通信のアンケート「好きな建築家」で1位、となる。週刊ポスト1970年2月27日号が「女子大生がシビレる建築界の鉄腕アトム 黒川紀章」と報じ、1989年10月文藝春秋「エリート100人が選んだ日本の最強内閣」で建設大臣とした。

自身設計の東京赤坂のマンションに居住し、若尾文子も同じマンションの異なる階の別部屋に居住した。ほかに東京全日空ホテルのスイートルームに常泊していた。海外ではサンディエゴシンガポールロンドンサンクトペテルブルクに住まいがある。

亡くなる二日前、妻の「あまり良い奥さんじゃなかったわね」という言葉に対して「そんなこと、そんなこと…本当に好きだったんだから」と答えたのが妻と2人で交わした最後の言葉とされる[9]

台風で甚大な被害を受けた高千穂鉄道の再建のため、同鉄道から施設の継承を予定している神話高千穂トロッコ鉄道数億円規模の寄付を行う意向を示していたが、急逝により、高千穂あまてらす鉄道は計画の変更を余儀なく[要出典]。された。

本田技研工業に同社初となる小型ジェット機 HondaJetの1号機と次期NSXの1号車を発注していたが、急逝のために引き渡されなかった[要出典]

ヤフーの週計検索キーワードランキング(集計期間10月8日 - 10月14日)の急上昇時事ワードランキングで「黒川紀章 死去」が一位になった[10]

没後から久しい2014年12月15日に個人事務所(プライベートカンパニー)である黒川紀章建築都市設計事務所が同日に民事再生法の適用を申請したと、長男[11]である会社代表の黒川未来夫が発表。今後は大手建築コンサルタント業の日本工営に経営支援を仰ぐ予定[12][13]

主な著作[編集]

  • 「プレファブ住宅 」(1960年、彰国社)
  • 「都市デザイン」(1965年1994年紀伊國屋書店) ISBN 978-4314006583
  • 「行動建築論 メタボリズムの美学」(1967年、彰国社)
  • 「メタボリズムの発想」(1972年、白馬出版)
  • 「都市の思想」(1977年、白馬出版)
  • 「グレーの文化 」(1977年、創世紀)
  • 「共生の思想」(1987年徳間書店
  • 「TOKYO大改造」(共著:グループ2025、1988年、徳間書店)ISBN 978-4191435858
  • 「新遊牧騎馬民族ノマドの時代 情報化社会のライフスタイル」(1989年、徳間書店)ISBN 978-4191439627
  • 「建築論2」(1990年、鹿島出版会)
  • 「共生の思想 増補改訂」(1991年、徳間書店)ISBN 978-4195546406
  • 「花数寄」(1991年、彰国社)ISBN 978-4395003273
  • 「黒川紀章2 1978 - 1989」(1991年、鹿島出版会)
  • 「黒川紀章作品集」(1992年、美術出版社)ISBN 978-4568600292
  • 「建築の詩」(1993年毎日新聞社
  • 「黒川紀章ノート」(1994年同文書院)ISBN 978-4810340556
  • 「黒川紀章 - 都市デザインの思想と手法」(1996年、彰国社)ISBN 978-4395110841
  • 「新・共生の思想」(1996年、徳間書店)ISBN 978-4198604400
  • 「Each One A Hero」(1997年、講談社インターナショナル)
  • 「日本まさに荒れなんとす」(共著:C.W.ニコル2001年、致知出版社)
  • 「都市革命―公有から共有へ」(2006年中央公論新社)ISBN 978-4120037030
  • 「黒川紀章著作集(全18巻)」(2006年、勉誠出版)ISBN 978-4585012306

論文[編集]

家族[編集]

夫人は女優若尾文子。弟は建築家黒川雅之。前妻との間に1男1女[14]

脚注[編集]

関連項目[編集]