黒書院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

黒書院(くろしょいん)は、将軍、大名や高僧などの大規模な殿舎に設けられた書院。奥向き(内向き)の書院を黒書院という。

概要[編集]

  • 黒書院は黒木造の書院の意味で、部材はネズコなどの面皮や磨丸太が用いられ、数寄屋風の構成になる。障壁画には彩色画は少なく水墨画や絵自体を描かないことが多い。
  • 格子天井、床框から障子の縁に至るまで全てを黒漆塗りとした建築を黒書院と称す事もある。この場合、多くは座敷として使用された。

主な遺構[編集]

二条城黒書院外観

関連項目[編集]

  • 白書院 - 表向きの書院で、柱、長押、天井等の部材に表面を仕上げた主に杉の角材を用い、障壁画も金壁彩色画で黒書院とは異なる。
  • 大奥 - 徳川将軍家の奥向き御殿。

参考文献[編集]

  • 文・宮上 茂隆、絵・穂積 和夫「大坂城 天下一の名城」草思社
  • 「日本大百科全書」小学館