黒沢直輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒沢 直輔(くろさわ なおすけ、1945年5月2日 - )は、日本映画監督

人物[編集]

東京都立新宿高等学校関西学院大学法学部卒。1972年日活に入社。70年代は日活で数多くのロマンポルノ作品の助監督・監督を務めた後、1980年代後半より一般映画、テレビドラマに進出。数多くの作品を現在までコンスタントに取り続ける。

代表作に『女が一番似合う職業』、『ベイシティ刑事』、『京都迷宮案内』、『朝食亭』など。

作品[編集]

映画[編集]

  • ズームイン暴行団地(1980年)
  • 看護婦日記 獣じみた午後(1982年)
  • ニセ未亡人イチジク白書(1984年)
  • 夢犯(1985年)
  • お嬢様探偵ときめき連発(1987年)
  • ころがし涼太 激突モンスターバス!(1988年)
  • 女が一番似合う職業(1990年)
  • 第1回欽ちゃんのシネマジャック「探偵〜ハーレム・ノクターン〜」(1993年)
  • XX美しき標的(1995年)
  • anotherXX 赤い殺人者(1996年)

テレビドラマ[編集]

連続ドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

関連項目[編集]