黒田成勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

黒田 成勝(くろだ しげかつ、1905年11月11日 - 1972年11月3日)は日本の数学者

来歴[編集]

東京都出身。数学者高木貞治の娘婿で、息子の黒田成幸言語学者。

東京帝国大学卒業。東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)教授、名古屋帝国大学教授、メリーランド大学教授などを歴任した。

1945年 東京帝国大学 理学博士。論文の題は「Uber den Dirichletschen Korper (ジリクレ体に就て)」[1]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

著書[編集]

  • 黒田成勝、久保田富雄:「整数論 ー 代数的整数論の基礎 ー」、朝倉書店(数学全書)(昭和38年(1960年)3月8日)。