黒田真二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒田 真二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県比婆郡東城町(現:庄原市
生年月日 (1958-07-25) 1958年7月25日(61歳)
身長
体重
180 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト外
初出場 1983年4月12日
最終出場 1986年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

黒田 真二(くろだ しんじ、1958年7月25日 - )は、広島県比婆郡東城町(現:庄原市)出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

アマチュア時代[編集]

小学生のころから広島カープのファンで、中学から本格的に野球を始める。出身の比婆郡は当時まだヒバゴンブームの熱気が残り、黒田も同出身地と話題を呼んだ。東城町谷繁元信の出身地でもある。中学3年だった1973年夏の甲子園大会で優勝した広島商を見て、崇徳高校の選手として対戦してみたいと思ったという。

2年時に、エースとして1975年夏の甲子園県予選決勝に進むが、谷真一らのいた広島商に敗れる。しかし同年の秋季中国大会は決勝で岡山東商を完封、翌1976年春の選抜への出場を決める。チームメートの應武篤良山崎隆造小川達明らとともに勝ち進み、決勝で小山高を降し初の全国制覇[1]。超高校級投手と騒がれ、甘いマスクもあり女性ファンを集めた。夏の甲子園県予選準決勝では広島商からノーヒットノーランを達成、決勝でも浜本龍治のいた尾道商に快勝。夏の甲子園では春夏連覇を期待されたが、3回戦で酒井圭一を擁する長崎・海星高に敗退[2]

入団拒否から社会人野球へ[編集]

同年11月のプロ野球ドラフト会議では酒井圭一と並んで高校生の目玉とされた。広島とは相思相愛で他球団には指名しないよう要望していたが、指名順が広島の2つ前だった日本ハムファイターズが1位で強行指名。入団を拒否する自分の意思とプロ入りを勧める周囲の意見との間で悩んでいる時に日本鋼管福山の監督と出会い、同社入りを決意する。しかし、環境の変化に対応できず気管支喘息で入院し1年で退社。

野球を続けたいという気持ちが沸いてきた中、誘いがあったリッカーに入団。社会人野球では例のない移籍となるため1年間の出場停止となる、しかし1980年には山内和宏と投の二本柱を組み、社会人野球日本選手権に出場。1回戦では先発し、山内とのリレーで新日本製鐵堺を完封。2回戦は山内が打ち込まれ日本楽器に敗退した。その後も都市対抗野球大会の補強選手に選ばれるなど活躍。しかし若手の中西清起1981年入社で、黒田と同じくセンバツ優勝投手)の台頭やリッカーの経営不振もあり、1982年オフにドラフト外ヤクルトスワローズに入団した。

ヤクルト入団後[編集]

1年目は未勝利だったが査定で5勝と評価される。武上四郎監督からはオフの完全休養を許可されたが、投手コーチの投げ込み指示に従った結果、右肘を故障し翌年は登板数が激減する。1987年、コントロールの良さを買われてボブ・ホーナー打撃投手を務め、オフに現役引退し正式に打撃投手として契約。

1999年に退団した後は、東京都八王子市の自宅でスナックを経営。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 ヤクルト 32 4 0 0 0 0 5 2 -- .000 320 72.0 86 11 23 4 2 37 1 0 42 38 4.75 1.51
1984 7 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 53 11.1 19 5 2 0 1 3 0 0 11 10 7.94 1.85
1986 10 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 84 19.2 20 2 5 0 3 7 0 0 14 10 4.58 1.27
通算:3年 49 6 0 0 0 0 7 2 -- .000 457 103.0 125 18 30 4 6 47 1 0 67 58 5.07 1.50

記録[編集]

背番号[編集]

  • 22 (1983年 - 1987年)
  • 92 (1988年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

参考文献[編集]

澤宮優『ドラフト1位 九人の光と影』 河出書房新社、2008年

関連項目[編集]