黒須チヒロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒須チヒロ
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
ジャンル J-POPJazzRockR&BFolkHiphopClassic
職業 音楽プロデューサー
作詞家
作曲家
編曲家
ボーカル
実業家
プロモーター
担当楽器 ピアノギター

黒須チヒロ(くろす ちひろ)は、兵庫県神戸市出身の音楽プロデューサー作詞家作曲家編曲家ボーカル実業家プロモーターである。作詞ネームは、黒須チヒロ、Chihiro Close、c.close、Chihiro Kurosu。

来歴[編集]

ロックバンド・サイコベイビーズのボーカルギター作詞作曲を担当[1]1994年、芸能プロダクションアミューズと契約し、日本コロムビアよりCDシングル5枚、CDアルバム3枚をリリースする[2]

デビューした際、ある文学雑誌に、自分のアルバムが年間の最優秀作詞作品に選ばれ、それが知り合いのディレクターの目に止まり、「作詞のプロデューサーとして仕事をしないか」と誘われる。1998年MISIAのデビュー時からリリックプロデューサーを担当。MISIAのデビューアルバム『Mother Father Brother Sister』が爆発的ヒット、第40回日本レコード大賞ベストアルバム賞を受賞する。1999年深田恭子のデビューアルバム及びシングル3枚目までの全作品の作詞、2001年MAXのリリックプロデュースを担当。

2002年、アミューズと専属プロデューサーとして再契約し、全国の芸能スクールを回り、新しい才能の発掘、育成、デビューへと導く。2003年、自らが発掘したガールズバンド「クレイジーラブ」とともに独立。2004年、クレイジーラブがBMG JAPANよりメジャーデビューした。2005年、これまでの経験を活かし、福岡に総合芸能スクール「ヴァンズエンタテイメント」を立ち上げ、大手プロダクション「ホリプロ」と業務提携をし現在に至る。

音楽関係以外でも精力的に活動を行っており、世界最大規模のダンスエンタテインメントLegend Tokyoの運営理事として全国展開を担当、関西提携大会、九州提携大会を立ち上げる。2016年から「UMU 全国ご当地アイドル No.1 決定戦」をホリプロより引き継ぎ運営。2017年から格闘技イベント・RIZIN運営サポート。そのほか、 eスポーツの韓国プロゲームチーム『Team MVP』のサポート、演劇プロデュース、現役国会議員による音楽バンド『ギインズ』にも楽曲提供、活躍の幅を広げている。

人物[編集]

中学2年のとき英国のロックバンド・クイーンにハマりギターとピアノを習いコピーする。高校でバンドを結成してボーカル担当。高校3年のとき大手プロダクションにデモテープを送ってアーティスト契約。ボーカルと作詞・作曲を担当する。大学時代にコンテンストを多数入賞した。

音楽誌から黒須の作詞の世界は『質が高い、作品が重い、重厚な良くも悪くも残る、軽く流す音楽に不向き』。作曲の世界は『ルーツが洋楽っぽい、イギリスのロック主体』と寸評される。

好きなアーティストはクイーンとプリンス、様式美と奥が深いところ。影響を受けた人物は宮沢賢治、特に銀河鉄道の夜。交友関係は、アートディレクター・タナカノリユキ、作曲家・小森田実、ホリプロ社長・堀義貴。趣味は映画フェデリコ・フェリーニスタンリー・キューブリックを敬愛。特技は空手、中学1年からはじめ高校2年で師範代を取得。

手掛けた主な関連アーティスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]