鼠小僧次郎吉 (大佛次郎)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鼠小僧次郎吉
著者 大佛次郎
発行日 1932年
発行元 新潮社
ジャンル 時代小説
日本の旗 日本
言語 日本の旗 日本語
ページ数 -
公式サイト opac.ndl.go.jp
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

鼠小僧次郎吉』(ねずみこぞうじろきち)は、大佛次郎が1931年(昭和6年)に発表した義賊鼠小僧をモチーフにした時代小説であり、同作を原作とし、1932年(昭和7年)製作・公開、衣笠貞之助(正篇)・秋山耕作(解決篇)監督による日本の長編劇映画、サイレント映画剣戟映画であり、リメイクされて1933年(昭和8年)製作・公開、山中貞雄、1965年(昭和40年)製作・公開、三隅研次、それぞれの監督による日本の長編劇映画である。1983年(昭和58年)には、鷹森立一監督によるテレビ映画へのリメイクもなされた。

略歴・概要[編集]

小説『鼠小僧次郎吉』の初出は、1931年(昭和6年)、雑誌『講談倶楽部』(講談社)1月号からの18回にわたる連載である[1]。単行本は、1947年(昭和22年)、東京の出版社新潮社から出版されている[2][3]。小説『鼠小僧次郎吉』は、大佛の著作権が消滅していないため青空文庫には収められていない。

映画『鼠小僧次郎吉』のうち、1932年版1933年版の2作のサイレント映画の上映用プリントは、東京国立近代美術館フィルムセンターに所蔵されておらず[4]マツダ映画社も所蔵していない[5]。後者に関しては『鼠小僧次郎吉 中篇 道中の巻』のうち、30秒のフィルム断片(玩具フィルム)が発見されており、大阪芸術大学藝術研究所の「玩具映画および映画復元・調査・研究プロジェクト」がこれを復元してサイレント・30秒尺のプリントとして所有・公開している[6]1965年版に関しては、ビデオグラムがリリースされた形跡はない。

1932年版[編集]

鼠小僧次郎吉
正篇 / 解決篇
監督 衣笠貞之助(正篇)
秋山耕作(解決篇)
脚本 木村富士夫
原作 大佛次郎
出演者 林長二郎
撮影 杉山公平(正篇)
片岡清(解決篇)
製作会社 松竹下加茂撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1932年3月18日(正篇)
日本の旗 1932年10月13日(解決篇)
上映時間 11分(正篇)
89分(解決篇)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

鼠小僧次郎吉』(ねずみこぞうじろきち)、『鼠小僧次郎吉 解決篇』(ねずみこぞうじろきち かいけつへん)は、1932年(昭和7年)製作・公開、衣笠貞之助(正篇)・秋山耕作(解決篇)監督による日本の長編劇映画、サイレント映画剣戟映画である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

  • 林長二郎 - 鼠小僧次郎吉・浪人小谷新九郎(二役)
  • 尾上栄五郎 - 立見雄一郎
  • 志賀靖郎 - 太田黒嘉平次(権勢家)
  • 堀正夫 - 梵字の安五郎(悪親分)
  • 大林梅子 - その妾お滝
  • 関操 - 伊勢屋主人重三郎
  • 井上久栄 - 娘お小夜
  • 和田宗右衛門 - 百姓与右衛門
  • 風間宗六 - 倅与茂七
  • 飯塚敏子 - 娘お千代
  • 山本馨 - 長屋の勘五郎
  • 永井柳太郎 - 銀的の寅

1933年版[編集]

鼠小僧次郎吉
前篇 江戸の巻
中篇 道中の巻
後篇 再び江戸の巻
監督 山中貞雄
脚本 山中貞雄
原作 大佛次郎
出演者 大河内伝次郎
撮影 吉田清太郎
製作会社 日活太秦撮影所
配給 日活
公開 日本の旗 1933年3月18日(前篇)
日本の旗 1933年10月13日(中篇)
日本の旗 1933年10月13日(後篇)
上映時間 66分(前篇)
59分(中篇)
81分(後篇)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

鼠小僧次郎吉』(ねずみこぞうじろきち)は、1933年(昭和8年)製作・公開、山中貞雄監督による日本の長編劇映画、サイレント映画、剣戟映画である。「前篇 江戸の巻」「中篇 道中の巻」「後篇 再び江戸の巻」の3作が製作され、それぞれ公開された。本作は上映用プリントが現存しておらず、僅かなフィルム断片のみ発見されている。

スタッフ・作品データ[編集]

  • 監督・脚本:山中貞雄
  • 原作:大佛次郎
  • 撮影:吉田清太郎
  • 上映時間(巻数 / メートル):前篇 66分[7](8巻 / 1,832メートル) / 中篇 59分[7](7巻 / 1,631メートル) / 後篇 81分[7](9巻 / 2,223メートル)
  • フォーマット:白黒映画 - スタンダードサイズ(1.33:1) - サイレント映画
  • 初回興行:前篇 / 後篇新宿帝都座、中篇 浅草富士館

キャスト[編集]

  • 大河内伝次郎 - 鼠小僧次郎吉・長沢屋勘右衛門・大阪屋仁吉(三役)
  • 清川荘司 - 乾分提灯亀
  • 星ひかる - 乾分辰公
  • 高勢実乗 - 梵字の安五郎
  • 中村英雄 - 政吉
  • 芝田新 - 須走りの虎吉
  • 鳥羽陽之助 - 一石橋の清次
  • 寺島貢 - 改代町の長五郎
  • 賀川清 - 太田黒嘉平次
  • 秋月龍 - 真鶴の栄造
  • 陸大洲 - 河内屋清兵衛
  • 杉浦くに - 糊屋の婆さん
  • 小川雪子 - 梵字の妾お滝
  • 大倉千代子 - お小夜
  • 高津愛子 - お鈴

1965年版[編集]

鼠小僧次郎吉
監督 三隅研次
脚本 新藤兼人
原作 大佛次郎
製作総指揮 斎藤米二郎
財前定生
出演者 林与一
音楽 鏑木創
撮影 牧浦地志
編集 菅沼完二
製作会社 大映京都撮影所
配給 大映
公開 日本の旗 1965年4月3日
上映時間 77分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

鼠小僧次郎吉』(ねずみこぞうじろきち)は、1965年(昭和40年)製作・公開、三隅研次監督による日本の長編劇映画、剣戟映画である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

テレビ映画[編集]

鼠小僧次郎吉』(ねずみこぞうじろきち)は、1983年(昭和58年)製作・放映された日本のテレビ映画である[8]1965年版と同じく林与一主演、新藤兼人脚本で、鷹森立一監督により『時代劇スペシャル』の枠で2時間・1話完結作品として放映された。

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書[3]

  • 小説
    • 『鼠小僧次郎吉』、新潮社、1932年
    • 『鼠小僧次郎吉』、鷺ノ宮書房、1948年
    • 『大仏次郎時代小説選集 第3巻』、同光社磯部書房、1952年
    • 『鼠小僧次郎吉』、同光社、1956年
    • 『鼠小僧次郎吉』、光風社、1965年
    • 『日本伝奇名作全集 第2』、番町書房、1970年
    • 『鼠小僧次郎吉』、光風社書店、1972年
    • 『大仏次郎時代小説全集 第12巻』、朝日新聞社、1976年
    • 『鼠小僧次郎吉』、徳間書店、1988年 - 徳間文庫 ISBN 4195985846
    • 『鼠小僧次郎吉』、朝日新聞社、2005年 - 大佛次郎時代小説全集 第12巻 ISBN 4861430119
  • シナリオ
    • 『山中貞雄作品集 1』、実業之日本社、1985年 ISBN 4408410268
    • 『山中貞雄作品集』、実業之日本社、1998年 ISBN 4408102857

[編集]

  1. ^ 時代小説初出年表、大佛次郎研究会、2010年1月19日閲覧。
  2. ^ 鼠小僧次郎吉国立国会図書館、2010年1月19日閲覧。
  3. ^ a b OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2010年1月19日閲覧。
  4. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年1月19日閲覧。
  5. ^ 主な所蔵リスト 劇映画=邦画篇マツダ映画社、2010年1月19日閲覧。
  6. ^ 生誕百年 映画監督 山中貞雄 鼠小僧次郎吉 道中の巻、東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年1月19日閲覧。
  7. ^ a b c d e Film Calculator 換算結果、コダック、2010年1月19日閲覧。
  8. ^ 鼠小僧次郎吉テレビドラマデータベース、2010年1月19日閲覧。
1932年版
1933年版
1965年版