鼠璞十種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

鼠璞十種』(そはくじっしゅ)は江戸学三田村鳶魚江戸についての未刊随筆を集めた叢書幕末成立の『燕石十種』の影響を受ける。

題名[編集]

価値の低いものを高いものとみなすことを意味する成語「鼠を以って璞と為す」に由来する。『燕石十種』の「燕石」にもそのような意味がある。

故事の出典は『戦国策策三・八十である。

(書き下し)応侯[1]曰く、「人、玉の未だ理(をさ)めざる[2]者を璞と謂ひ、人、鼠の未だ臘(ほじし[3])にせざる者を樸と謂ふ。周人、樸を懐きて鄭の賈[4]に過(よぎ)りて曰へらく、『樸を売らんと欲するか。』鄭の賈曰く、『之を欲す。』其の樸を出だして之を視るに、乃ち鼠なり。因りて謝して取らず。

今、平原君、自ら賢しと以(おも)ひ、名を天下に顕はす。然るに、其の主父[5]を沙丘[6]に降(くだ)して之を臣とす。天下の王の尚ほ猶ほ之を尊ぶ、是れ、天下の王鄭の賈の智に如かざるなれば、名に眩みて其の実を知らざるなり。」

脚注[編集]

  1. ^ 范雎
  2. ^ 磨いていない
  3. ^ 干し肉
  4. ^ 商人
  5. ^ 主父偃
  6. ^ 離宮、現在の河北省広宗県

経緯[編集]

三田村鳶魚は1916年(大正5年)1月7日、国書刊行会代表者早川純三郎に随筆4冊を依頼された。国書刊行会は先に幕末成立の『燕石十種』を翻刻、『続燕石十種』『新燕石十種』を手がけている。三田村の初期の構想は大正5年の当用日記始末に書き残されており、実際の刊行では「雪の降道」が除かれ、「色里新かれうびん」が入った。

後に三田村は規模を拡大した『未刊随筆百種』を刊行した。

昭和45年(1970年)、「鼠璞十種」は名著刊行会によって復刊された。昭和53年(1978年)、森銑三野間光辰朝倉治彦監修により中央公論社から校訂本が刊行された。上中下の3巻とし、宇田敏彦、安藤菊二が分担して諸書の現存文に杉本苑子の推薦文が付く。同メンバーは先に『三田村鳶魚全集』『未刊随筆百首』を復刊しており、『鼠璞十種』の後、新たに随筆を集めた『随筆百花苑』を編集した。

収録作品[編集]

第一冊[編集]

  • 加藤雀庵「高尾追々考」堀江東花蔵本
  • 加藤雀庵「新吉原細見記考」堀江東花蔵本
  • 高力種信「諸家随筆集」島田筑波蔵本
  • 木室卯雲「奇異珍事録」山中共古蔵本
  • 小梅散人五息斎「浮世草」
  • 橋本経亮「橘窓自語」三村竹清谷文晁写本
  • 竹尾善筑「即事考」林若樹蔵本
  • 鈴木桃野「反古のうらがき」、三村竹清蔵浅野梅堂書入本
  • 岡田老樗軒「読老庵日札」三村竹清蔵本
  • 「色里新かれうびん」

第二冊[編集]

  • 白峯院「明和誌」山中共古蔵本
  • 大郷良則「道聴塗説」「続道聴塗説」上巻島田筑波蔵本、下巻・続編林若樹蔵本
  • 「昔ばなし」
  • 大谷木忠醇「燈前一睡夢」南葵文庫蔵本
  • 小寺玉晁「江戸見草」国立国会図書館蔵小寺自筆本
  • 瀬尾柳斎「板児録抜粋」山中共古蔵本
  • 森立之「遊相医話」林若樹蔵本
  • 大村成富「宝貨漫文抄」三村竹清蔵大村自筆本
  • 宝永年間諸覚」南葵文庫蔵本
  • 「伊勢町元享間記」南葵文庫蔵本
  • 河内全節「麹街略誌稿」島田筑波蔵本

参考文献[編集]

  • 三田村鳶魚「崖略」
  • 朝倉治彦「後記」中央公論社本各巻

関連項目[編集]