齋藤綱記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
齋藤 綱記
オリックス・バファローズ #48
20161218 Kouki Saitoh.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道札幌市
生年月日 (1996-12-18) 1996年12月18日(22歳)
身長
体重
182 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト5位
初出場 2016年9月12日
年俸 600万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

斎藤 綱記(さいとう こうき、1996年12月18日 - )は、オリックス・バファローズに所属する北海道札幌市出身[2]プロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

新光小学校3年生の時に野球を始め、当時から投手としてプレーした[2]

北照高校では1年生の秋にベンチ入りした[3]第43回明治神宮野球大会では準決勝戦において8回表に2番手で登板し、2回を投げ無失点だった[3][4]。2年生の夏の第95回選手権大会の1回戦・常総学院戦において7回裏に2番手で登板し、2回を投げ被安打0、無失点だった[2][5]。秋の北海道大会・小樽地区予選では、5回参考記録ながら完全試合を達成した[2]。優勝した3年生の春の北海道大会の決勝戦では、7回表から3番手で登板し、3回を投げて無失点だった[6][7]。夏の第96回選手権大会・南北海道大会の小樽地区予選の代表決定戦・対小樽潮陵戦では先発登板したが、7回に2四球と5安打で7失点するなど計9失点で、チームはコールド負けした[8][9]

大学への進学や社会人野球チームへの入部を勧められたが、高校から直接NPBの球団に入ることを望んだため、以上のチームからのオファーを全て固辞したうえで日本学生野球協会プロ志望届を提出した[2]2014年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズに5巡目で指名[10]。契約金3,500万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は48[11]

プロ入り後[編集]

2015年には、ウエスタン・リーグ公式戦8試合に登板。計10回で0勝3敗、防御率14.40という成績を残した[12]

2016年には、3月15日広島東洋カープとのウエスタン・リーグ開幕戦に先発[13]。同リーグ公式戦全体では、20試合の登板で3勝7敗、1完投、防御率5.25を記録した[14]。その一方で、9月8日にプロ入り後初めての出場選手登録を果たす[15]と、12日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(Koboスタジアム宮城)で、4点ビハインドの2回裏に2番手で一軍公式戦にデビュー。4イニングを投げたが、6被安打、2被本塁打、2奪三振、2与四球、4失点と振るわず[16]、一軍公式戦ではこの登板だけでシーズンを終えた。シーズン終了後のアジアウインターベースボールリーグでは、ウエスタン・リーグの選抜メンバー[17]として5試合に登板。3試合に先発する一方で、1勝0敗1ホールド、防御率7.00という成績を残した[18]

2017年には、シーズン中に背中や腰を痛めた影響で、一軍公式戦への登板機会がなかった。ウエスタン・リーグ公式戦では、10試合の登板で2勝3敗、防御率5.12をマーク[19]。その一方で、シーズン終了後の秋季キャンプからは、オーバースローだった投球フォームをサイドスローに変えている[20]

選手としての特徴・人物[編集]

高校生時代にストレートで最速144km/hを記録。縦と横のスライダーカーブチェンジアップスプリットなどの変化球も投げる[2]。オリックスへの入団3年目まではオーバースローだったが、3年間で一軍公式戦への登板が1試合にとどまったことから、「プロ野球で生き残る」という決意の下にサイドスローへの転向を決断した。転向を公表した際には、「(チームメイトで右のサイドスローである)比嘉幹貴を左投げにしたような投手を目標に、柳田悠岐のような左の強打者を抑えられるようになりたい」と語っている[20]

高校3年生の時に、ヤクルトスワローズで右のエースとして長らく活躍した松岡弘がコーチに就任。在学中は、松岡から呼吸法、体重移動、メンタル面についてのアドバイスを受けた[21]

特技はバルーンアートで、オリックスへの入団を機に、球団合宿所の「青濤館」へ入寮。入寮の際には、ファンに自身の名前を早く覚えてもらうために、「高校時代の友人にもらった」という「クマタン」(クマのキャラクター)のぬいぐるみを持参した[22][23]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 20 4.0 6 2 2 0 0 2 0 1 4 4 9.00 2.00
2018 5 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 12 3.1 0 0 1 0 1 4 0 0 2 2 5.40 0.30
通算:2年 6 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 32 7.1 6 2 3 0 1 6 0 1 6 6 7.36 1.36
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 48 (2015年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 北照・斎藤プロ1本「指名だけ考えてる」 日刊スポーツ 2014年9月25日紙面から
  3. ^ a b 北照・斎藤がプロ志望届提出へ 日刊スポーツ 2014年8月21日紙面から
  4. ^ 明治天皇御生誕160年記念 第43回明治神宮野球大会 試合結果 準決勝 仙台育英 - 北照 公益財団法人 日本学生野球協会
  5. ^ 第95回高校野球選手権 8月9日第4試合結果 スポニチ Sponichi Annex
  6. ^ 北照9年ぶり4度目V土門2戦連続決勝打 日刊スポーツ 2014年6月2日紙面から
  7. ^ 2014年高校野球春季北海道大会 スポニチ Sponichi Annex
  8. ^ 北照・斎藤悪夢「心の弱さが…」/南北海道 日刊スポーツ 2014年7月3日紙面から
  9. ^ 小樽潮陵が夏34年ぶり北照撃破/南北海道 日刊スポーツ 2014年7月3日紙面から
  10. ^ 2014年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2014年10月23日配信
  11. ^ オリックスドラフト5位斎藤 背番号48に「悪くない数字」 日刊スポーツ 2014年11月22日紙面から
  12. ^ 2015年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  13. ^ 2016年3月15日 【ファーム】 試合結果 (広島東洋vsオリックス) NPB.jp 日本野球機構
  14. ^ 2016年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  15. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2061年9月 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  16. ^ 2016年9月12日 楽天イーグルス 対 オリックス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  17. ^ 2016アジアウインターベースボールリーグ(AWB) NPBメンバー表 NPB.jp 日本野球機構
  18. ^ 球員個人紀錄 齋藤 綱記 48 亞洲冬季棒球聯盟全球資訊網
  19. ^ 2017年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  20. ^ a b 2017年契約更改情報 11月22日(水) 齋藤 綱記投手 オリックスバファローズ
  21. ^ 元ヤクルト松岡氏 北照でエース心得伝授 日刊スポーツ 2014年5月14日紙面から
  22. ^ オリックス新人・佐野の特技はバルーンアート 東スポWEB 2015年1月11日紙面から
  23. ^ オリックス 新人3選手が熊グッズと入寮デイリースポーツ 2015年1月10日紙面から

関連項目[編集]