龍が如くモバイル for GREE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
龍が如くモバイル for GREE
対応機種 フィーチャー・フォン
iPhone
開発元 セガ(後のセガゲームス
発売元 GREE
メディア Webアプリ
発売日 FP版:2011年2月23日
iPhone版:2011年7月1日[1]
Android版:2011年7月12日[2]
テンプレートを表示

龍が如くモバイル for GREE』(りゅうがことくモバイル フォーグリー)は、GREEより2011年2月23日に配信された携帯電話専用のオンラインゲームアイテム課金制。龍モバと略されることもある。本項では龍が如くモバイル以外のオンラインゲーム作品についても記載する。

セガ(後のセガゲームス)の龍が如くシリーズを題材に携帯電話用にアレンジした作品。ストーリーはゲームオリジナルになっている。また、PlayStation 3用ソフト『龍が如く OF THE END[3]PlayStation Portable用ソフト『クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編』と連動している。

「GREE Platform 2011年上半期優秀アプリ表彰」の優秀賞を受賞[4]

2013年4月25日、サービスが終了[5]

龍が如くモバイル for GREE[ソースを編集]

登場人物[ソースを編集]

銀次(ぎんじ)
このゲームの主人公ともいえる人物。元風間組構成員。ある事件をきっかけに風間組に命を狙われる。プレイヤーにアドバイスをしてくれる案内役でもある。ちなみに『クロヒョウ2』である条件を満たすと相棒として連れて行くことが可能。
フェリックス・リチャードソン
あるチャプターのボスとして登場。
ジェイク・ヒューズ
CIAの極東を担当する捜査員で、狭山のパートナー。銀次に衝突したときはマフィアのボスとして偽っていた。昔に寿司職人を目指して修業したが、挫折してCIAのエージェントに就くに至った。
マーク・ウォン
このゲームのラスボス。

主なイベント[ソースを編集]

いずれも一週間前後(イベントによっては最大10日間)限定で行われる。

  • 護符奪還作戦シリーズ
  • バトルステージシリーズ
  • チームバトルシリーズ
  • OOの依頼シリーズ
  • 同盟コンプシリーズ

龍が如く 絆[ソースを編集]

龍が如く 絆
対応機種 スマートフォン
開発元 セガ
発売元 GREE
メディア Webアプリ
発売日 2012年3月26日[6]
テンプレートを表示

龍が如く 絆』(りゅうがことく きずな)は、GREEより2012年3月26日に配信された携帯電話専用のオンラインゲーム。アイテム課金制。

『龍が如くモバイル』に続く、携帯電話版『龍が如く』のタイトル。


脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]