龍が如く5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
龍が如く5 夢、叶えし者
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 プレイステーション3
開発元 セガ
発売元 セガ
人数 1人
メディア BD-ROM
発売日 2012年12月発売予定
テンプレートを表示

龍が如く5 夢、叶えし者』(りゅうがごとくファイブ ゆめ、かなえしもの)は、セガより2012年12月に発売予定のプレイステーション3用ゲームソフト。キャッチコピーは「四人の男と一人の少女の物語。」。

目次

概要

2011年8月31日に行われた「龍が如くスタジオ」発足記者発表会において、名越稔洋から発表されたシリーズナンバリングタイトルの最新作[1]で、『龍が如く4 伝説を継ぐもの』の正統続編[2]。ゲーム設計を一から作り直して制作されている[1]

10月27日に公式サイトにて本作の希望登場都市(札幌名古屋大阪福岡の4都市)アンケート[3]を実施していたが、最終的にこの4都市に東京(神室町)を加えた計5都市が登場する形になった[4]

今作も前作同様に複数の主人公が登場し、桐生一馬、秋山駿、冴島大河、そして新たに登場した品田辰雄と、これまでのシリーズを通して登場していた澤村遥の計5人で構成されている。遥は初めて主人公として登場し、他の主人公たちとは異なる遊び方になるとのこと[5]

ストーリー

登場人物

劇中の主な用語

月見野
札幌の舞台となる街。すすきのビルやさっぽろテレビ塔などから、モデルはすすきのと思われる。
錦栄町
名古屋の舞台となる街。サンシャイン栄名古屋テレビ塔などから、モデルはと思われる。
永洲街
福岡の舞台となる街。福博であい橋や屋台街などから、モデルは中洲と思われる。

実在企業

関連項目

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 名越稔洋氏率いる龍が如くチームが「龍が如くスタジオ」を設立。「クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編」は2012年春発売,「龍が如く5」プロジェクトも始動”. 4Gamer.net (2011年8月31日). 2011年9月4日閲覧。
  2. ^ 龍が如くPRESENTS『復活!神室町 RADIO STATION』第9回”. 龍が如く.com (2012年4月26日). 2012年4月27日閲覧。
  3. ^ 次回作『龍が如く5(仮)』”. 龍が如く.com (2011年10月27日). 2011年11月2日閲覧。
  4. ^ 『龍が如く5(仮)』“全国5大都市”登場!”. 龍が如く.com (2011年11月24日). 2011年11月25日閲覧。
  5. ^ 龍が如くPRESENTS『復活!神室町 RADIO STATION』第11回”. 龍が如く.com (2012年5月24日). 2012年5月24日閲覧。


今日は何の日(9月22日

もっと見る

「龍が如く5」のQ&A