龍仁市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
京畿道 龍仁市
Korean Folk Village-Wondumak-01.jpg
位置
龍仁市の位置
各種表記
ハングル: 용인시
漢字: 龍仁市
片仮名転写: ヨンイン=シ
ローマ字転写 (RR): Yongin-si
統計
面積: 591.32 km2
総人口: 1,073,115(2020年6月) 人
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
上位自治体: 京畿道
下位行政区画: 3区4邑3面28行政洞35法定洞
行政区域分類コード: 31190
龍仁市の木: モミ
龍仁市の花: クロフネツツジ
龍仁市の鳥: キジ
自治体公式サイト: 龍仁市
テンプレートを表示
龍仁市庁

龍仁市(ヨンインし)は、大韓民国京畿道中部に位置する

ソウルの南約40キロに位置し、京釜高速道路嶺東高速道路が通っていることから、ソウルのベッドタウンとして近年人口が急増している。また韓国民俗村があり、外国人観光客や韓国各地の修学旅行生が訪れる。大韓民国の地方自治法第175条に基づいて特例が適用される特定市に指定されている。

歴史[編集]

龍仁は高句麗の時に駒城縣だったが、新羅景徳王の時には巨黍県と改称して漢州に属した。

水餘面・蒲谷面・慕賢面・邑三面・水枝面・器興面・南四面・二東面・内四面・古三面・外四面・遠三面
  • 1915年 - 古三面の一部が安城郡陽城面に編入。(12面)
  • 1931年 - 邑三面が駒城面に改称。(12面)
  • 1938年1月1日 - 水餘面が龍仁面に改称。[6](12面)
  • 1963年1月1日 - 古三面が安城郡に編入。[7](11面)
  • 1973年7月1日 - 駒城面竹田里が水枝面に編入。[8](11面)
  • 1979年5月1日 - 龍仁面が龍仁邑に昇格。[9](1邑10面)
  • 1983年2月15日(1邑10面)[10]
  • 1985年10月1日 - 器興面が器興邑に昇格。[11](2邑9面)
  • 1994年12月26日 - 器興邑の一部が水原市八達区に編入。(2邑9面)
  • 1996年3月1日 - 龍仁郡が龍仁市に昇格。[12](2邑8面4行政洞)
    • 龍仁邑を廃止し、4つの行政洞に分割。
    • 水枝面が水枝邑に昇格。
    • 外四面が白岩面に改称。
    • 内四面が陽智面に改称。
  • 2000年9月1日 - 駒城面が駒城邑に昇格。[13] (3邑7面)
  • 2001年12月24日 - 水枝邑を廃止し、6つの行政洞に分割。(2邑7面10行政洞)
  • 2002年9月5日 - 人口50万人を突破。
  • 2003年3月31日 - 上峴洞の一部が分立して星福洞が発足。(2邑7面11行政洞)
  • 2005年10月31日(3区1邑6面22行政洞)[14]
    • 水枝区器興区処仁区設置。当時の人口69万6853人だった。
    • 器興邑を廃止して5つの行政洞に分割。
    • 駒城邑を廃止して4つの行政洞に分割。
    • 蒲谷面が蒲谷邑に昇格。
    • 豊徳川2洞が豊徳川2洞と新鳳洞に、上峴洞が上峴1洞と上峴2洞にそれぞれ分洞。
  • 2007年
    • 5月9日 - 光教新都市組成により嶺東高速道路南側の水枝区上峴洞と器興区霊徳洞の各一部を水原市霊通区下洞に編入し、嶺東高速道路側の下洞の一部を上峴洞に編入した。[15][16]
    • 7月1日 - 器興区の御井洞が東栢洞と上下洞に分割した。[17](3区1邑6面23行政洞)
  • 2010年8月2日 - 器興区新葛洞から霊徳洞を分立した。(3区1邑6面24行政洞)
  • 2012年4月 - 住民登録人口が90万人を突破した。
  • 2017年
    • 9月1日 - 住民登録人口が100万人を突破した。[18]
    • 12月11日(3区3邑4面24行政洞)
      • 二東面が二東邑に昇格。
      • 慕賢面が慕賢邑に昇格。
  • 2019年9月13日 - 不合理な行政区域の調整の一環として、水原市霊通区遠川洞の一部と龍仁市器興区霊徳洞の一部を交換した。[19][20]
  • 2020年1月20日 - 新葛洞は新葛洞と甫羅洞に、東栢洞は東栢1洞・東栢2洞・東栢3洞に、霊徳洞は霊徳1洞と霊徳2洞にそれぞれ分割された。[21](3区3邑4面28行政洞)
  • 2021年2月19日 - 南四面を南四邑に昇格。

交通[編集]

鉄道[編集]

竹田駅 - 宝亭駅 - 駒城駅 - 新葛駅 - 器興駅 - 上葛駅
東川駅 - 水枝区庁駅 - 星福駅 - 上峴駅

バス[編集]

高速道路[編集]

観光[編集]

行政[編集]

下部行政区域[編集]

3区の面積は、水枝:器興:処仁がそれぞれ1:2:11という比率であるが、人口は最も広い処仁区が最も少ない。

警察[編集]

消防[編集]

姉妹・友好都市[編集]

韓国国外[編集]

中華人民共和国の旗 中国 揚州市
中華人民共和国の旗 中国 泰安市
 ウズベキスタン フェルガナ
マレーシアの旗 マレーシア コタキナバル
トルコの旗 トルコ カイセリ
オーストラリアの旗 オーストラリア クイーンズランド州レッドランドシティー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州フラートン

韓国国内[編集]

スポーツ[編集]

龍仁室内体育館は市外バスターミナルに近く、韓国女子バスケットボールリーグ(WKBL)のほかフットサル・ボクシング・ハンドボールの会場としても使用される。

種目 チーム名 創立年度 ホーム競技場
WKBL 三星生命ブルーミンクス 1977年 龍仁室内体育館

脚注[編集]

  1. ^ グローバル世界大百科事典》〈용인의 연혁
  2. ^ 勅令第98号 地方制度改正件 (1895年旧暦5月26日)
  3. ^ 勅令第36号 地方制度官制改正件(1896年8月4日)
  4. ^ 朝鮮総督府令第111号(1913年12月29日
  5. ^ (신구대조) 조선 전도부군면리동 명칭 일람(1917年
  6. ^ 군청소재 면명을 군명에 따라 개정 동아일보, 1937.12.16.
  7. ^ 法律第1175号 시·군관할구역변경및면의폐치에관한법률(1962年11月21日
  8. ^ 大統領令第6542号 市・郡・区・邑・面の管轄区域変更に関する規定、1973年3月12日制定。
  9. ^ 大統領令第9409号 미금읍등53개읍설치에관한규정(1979年4月7日
  10. ^ 大統領令第11027号 市・郡・区・邑・面の管轄区域変更及び面設置等に関する規定(1983年1月10日)第1条第14項、第15項
  11. ^ 大統領令第11772号 京畿道楊州郡檜泉邑等の邑の設置と邑の管轄区域変更に関する規定(1985年9月26日
  12. ^ 法律第4994号 경기도파주시등5개도농복합형태의시설치등에관한법률(1995年12月6日
  13. ^ 행정자치부공고 제2000-95호, 2000년 8월 5일.
  14. ^ 龍仁市条例第648号 구및읍·면·동의명칭과관할구역에관한조례(2005年10月5日
  15. ^ 전라남도 나주시 등 4개 시·군의 관할구역 변경에 관한 규정, 대통령령 제19875호 (2007년 2월 8일)
  16. ^ 노호근 (2007年4月29日). “수원.용인 경계일부-어정동 분동 등 관할구역 변화”. 뉴시스. http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0000397338 2017年11月20日閲覧。 
  17. ^ 노호근 (2007年7月2日). “<소식>용인시 동백동, 상하동 사무소 개소”. 뉴시스. http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=003&aid=0000475277 2017年11月20日閲覧。 
  18. ^ 용인시 100만 인구 돌파..기초자치단체 중 4번째 연합뉴스, 2017.9.3.
  19. ^ 경기도 수원시와 용인시의 관할구역 변경에 관한 규정, 大統領令第30036号(2019年8月13日)
  20. ^ 이재상 (2019年8月6日). “부산·수원·용인 등 관할구역 변경…불합리한 행정구역 조정”. 뉴스1. http://news1.kr/articles/?3688344 2019年8月19日閲覧。 
  21. ^ 龍仁市条例第1997号 구및읍·면·동의명칭과관할구역에관한조례(2020年1月10日