龍田 (熊本市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 熊本県 > 熊本市 > 北区 > 龍田
龍田
熊本市立龍田中学校
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 熊本県
市町村 熊本市
行政区 北区
人口 (2012年(平成24年)8月1日現在)
 - 計 12,508人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 861-8006
市外局番 096 (熊本MA)

龍田(たつだ)は熊本県熊本市北区の地名。龍田一丁目から龍田九丁目までが設置されている。竜田、立田ともいう。2012年8月1日現在の人口は12,508人[1]郵便番号861-8006。

地理[編集]

龍田は熊本市の北東部に位置する住宅地。西に立田山、東に白川があり、自然も豊かである。北で楡木・楠、北東で龍田弓削、東で白川越しに上南部、南東で同じく白川越しに下南部、南で龍田陳内、南西で僅かに黒髪・室園町、西で乗越ヶ丘、北西で兎谷・清水岩倉と接している。

※室園町とは、道路上の一点で接している。
※※清水岩倉とは、道路上の一点で接している。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

近くにある立田山(龍田山)にちなんでいると伝えられる。

沿革[編集]

竹の後遺跡群など多数の遺跡が残っていることから、少なくとも飛鳥時代には集落があったと考えられる。
961年(応和3年)、国司紀師信によって代継宮が奉祀される。[2]
源俊国国司時代の1156年(保元元年)に弓削神社創建と伝わる。
1332年(元弘2年)、立田阿蘇三宮神社が宇治惟直によって牧鶴に創建。
15世紀後期から1560年頃まで菊池氏一族の立田氏により支配。立田小太郎重治により、白川小金淵に立田城が築城される。また、1555年頃には、立田山中に宝積寺、陳内阿蘇神社が建立された。加藤氏統治時代には、鹿子木一族が支配したとされ、1588年(天正16年)には、清正によって豊後街道が拓かれ、肥後藩の参勤交代における要所となる。
1645年(正保2年)、現在の武蔵塚公園のあるあたりに、宮本武蔵が葬られたとされる。
細川氏統治時代には、東福寺、片彦瀬菅原神社など多くの仏社が建立され、立田阿蘇三宮神社は現在地に移設された。[3]
神風連の乱、西南戦争では戦火に見舞われることとなった。
1889年4月1日町村制が施行され、龍田村に。飽託郡に含まれた。
1886年(明治19年)現在の龍田小学校の元となる上龍小学校が設立。
1912年(明治45年)弓削神社消失、焼失の翌1913年大正2年)に再興。

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

国道
県道

施設[編集]

熊本市立龍田小学校
公共
  • 龍田御野立所
  • 熊本国際民藝館
  • 芭蕉公民館
  • 一丁公民館
  • 龍田三町内公民館
  • 堂の前団地
    • 堂の前団地集会所
  • 武蔵塚公園
教育
郵便局
  • 竜田郵便局
  • 熊本上龍田簡易郵便局

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]