龍角散

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
株式会社龍角散
Ryukakusan Company, Limited
龍角散本社(龍角散ビル)
龍角散本社(龍角散ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
101-0031
東京都千代田区東神田二丁目5番12号
設立 1928年(創業は1871年
業種 医薬品
法人番号 2010001031982 ウィキデータを編集
事業内容 医薬品などの製造販売
代表者 代表取締役社長 藤井隆太
資本金 6,000万円
純利益 13億7522万9000円(2020年03月31日時点)[1]
純資産 96億9246万2000円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 183億8364万円(2020年03月31日時点)[1]
外部リンク https://www.ryukakusan.co.jp/
テンプレートを表示

龍角散(りゅうかくさん)は、東京都千代田区にある製薬会社株式会社龍角散)、また同社が製造・販売するのど薬(鎮咳去痰薬)の商品名(日本国登録商標第795587号ほか)。

沿革[編集]

龍角散は非常に歴史の古い薬であり、原型は、江戸時代後期(文政年間)に秋田藩佐竹家御典医である藤井玄淵によって創製され、藩薬とされる[2]蘭学を学んだ玄信が西洋の生薬を取り入れ改良した。正亭治は藩主佐竹義堯に仕え、御典医となり[3]、義堯の持病である喘息を治すためにこの薬を改良した。龍角散と命名されたのもこの頃とされている。龍角散の名は龍骨龍脳鹿角霜といった生薬に由来するが、これらの生薬は後の処方見直しの際に外された。

明治維新によって藩薬であった龍角散は藤井家に下賜される。1871年、正亭治は秋田藩の江戸屋敷に近い神田豊島町で藤井薬種店[4]を始め、龍角散は一般に発売されることとなり[5]、正亭治の長男得三郎の弟・定吉が大曲に支店を開いたとされる一方、秋田県立博物館の展示によると、「明治初期の記録によると、得三郎は正亭治の三男。正亭治は大曲(皇漢洋薬種所)と東京に店を持っており、始めは大曲を本店とし、やがて拠点を東京に移した」となっている[6]

1893年、得三郎が龍角散の微粉末状の処方を完成させ、藤井得三郎商店を開業[2]。8月に正亭治が死去し、10月には家督を継いだ[3]

また業界に先駆けて、積極的に新聞広告を出したり、街頭宣伝を行ったりして、龍角散を全国的なヒット商品に育てることに成功した。関東大震災後に大阪へ工場を移し、事業を復興するにあたり、遠縁の森垣亀一郎が船会社との交渉などで協力して、製品や救援物資の輸送が可能になったという[7]

株式会社としては1928年に設立。第二次世界大戦後の1964年には社名を主力商品名の「龍角散」と改称し[2]、また同時期にアジア輸出、技術提携を展開。錠剤や散剤、トローチなど龍角散を冠した数多くの商品を開発している。藤井康男が社長だった1970年頃から主力製品の龍角散の売り上げが頭打ちとなり、1990年代半ばには負債が40億円あり、売上高に匹敵するほどの経営危機に陥るが、知名度のある龍角散ブランドを生かしたのど飴や水なしで飲める新製品を軸にした市場展開が奏功し立て直しに成功した。また、近年は服薬補助ゼリーがヒットした。医療用分野では1990年からジェネリック医薬品分野にも進出している。

縁者[編集]

家族[編集]

  • 元々は名古屋を本社とする小林大薬房(現在の小林製薬)とともに販売ルートを確立していった[8]
  • 出典は人事興信録の4巻と8巻によるもの。藤井家は代々秋田の大曲に住んでいたという[9][10]
  • 藤井得三郎(正亭治の長男。今の秋田県出身で、東京府平民)[9][10]
  • 妻:よし(益子太兵衛の長女)[9][10]
  • 長女:千代[10]
    • 娘婿:米次郎(小林忠兵衛の次男)[9][10]
  • 長男:正太郎(京都帝国大学医学部を出た医者)[9][10]

親戚・遠縁[編集]

  • 小林忠左衛門(今の岐阜県出身)[12]
    • 小林忠兵衛(忠左衛門の三男。名古屋・小林薬房、取締役)[12]
      • 吉太郎(忠兵衛の長男、米次郎の兄)[12]
      • 房五郎(忠兵衛の三男、米次郎の弟)[12]
  • 森垣亀一郎(ふくの姉・ふみの夫)[13]

子孫[編集]

  • 藤井家は、1805年頃に秋田から大曲に移住し、代々薬種業を営んだ家のことで藤井薬店として大曲市民に親しまれた家である。玄渕、玄信、利庵といい、その昔佐竹公が秋田に移封の際常陸(茨城)から来た人である。
  • 県南を薬の誇る卸屋として繁昌し、よくテレビに出る龍角散本舗は当家出身で、明治時代に東京に出て、代々、得三郎を名乗り、名声を博した。
  • かつて、江戸、明治、大正の初期の頃までの藤井家の庭はすばらしく、今でも古老の自慢にきかれ、当時は大曲の名所でもあった。その子孫・正治郎、英之助は薬種商を経営し、今日、隆昌を続けている。又、別家も藤井分店として薬屋を継続営業していたが、昭和の初め、男鹿(北浦)に転居した[14]
  • 勝町(現在の大仙市浜町)に足を入れると右側に丸徳商店のラムネ工場があり、左手に大きな藤井薬局があった。この店先には築山や噴水、土堤、鉄柵、数多い金看板などがあったという[15]
  • 子孫の正治郎は、大曲町の助役。のち町長代理[16]
  • 玄淵の子孫として、六郷町の琴平地区で薬屋を営む賢三(けんぞう)がいる[17]

その他[編集]

  • 初代藤井得三郎、2代目得三郎(米次郎)、3代目得三郎(勝之助)、4代目康男と続き、現社長の隆太は株式会社の5代目[5](秋田の玄淵から数えると8代目[18])。
  • プレジデントファミリー』2018年1月号(冬号)では、社長・藤井隆太のインタビュー記事によると、「うちや小林製薬さん、久光製薬さんといった同族経営の製薬メーカーは、一緒にビジネスをしたり、 系図をたどると遠縁にあったりと関係が深いです。」と発言している。
  • 秋田に転封された佐竹義宣に従い水戸から大曲に移ってきた藤井家は、代々秋田藩の御典医を務めた。龍角散の原型はその秋田初代の藤井玄淵が考案し、二代目藤井玄信が改良した。この薬は廃藩置県で消える藩から藤井家に下賜され、正亭治は「龍角散」の名前で一般向け薬として売り出したとの説もある(あんばいこう著「食文化あきた考」無明舎出版より)。

事業所[編集]

千葉工場
本社
千葉工場

製品[編集]

鎮咳去痰薬
  • 龍角散シリーズ(#龍角散(鎮咳去痰薬)参照)
    • 龍角散【第3類医薬品】
    • 龍角散胃健錠【第2類医薬品】
    • 龍角散ダイレクトトローチ マンゴー【第3類医薬品】- 「龍角散」の処方にニンジン末を加えた5種類の生薬を微粉末にしたトローチタイプの鎮咳去痰薬。マンゴーの香りとメントールにより清涼感と芳香が持続する爽やかな味。2012年4月に従来の「龍角散トローチFL」の後継製品として発売。
    • 龍角散ダイレクトスティック【第3類医薬品】- 「龍角散」の処方にニンジン末とアセンヤク末を加えた6種類の生薬を配合した水なしで服用できるスティック顆粒タイプ。スティック1包で大人1回服用分で携帯にも便利。服用量を調節することで3歳から服用できる。ミント味とピーチ味がある。「クララN」「クララCOOL」のリニューアル商品として、2008年10月から販売開始[20][21]
    • 龍角散せき止め錠【指定第2類医薬品】- 製造販売元:小林薬品工業
    • 龍角散のせき止め液【指定第2類医薬品】
    • 龍角散鼻炎朝夕カプセル【第2類医薬品】(鼻炎用内服薬)
    • 龍角散ののどすっきりタブレット
    • 龍角散ののどすっきり飴[注釈 1]
嚥下補助製品
製造終了品
  • 龍角散〈細粒〉【第3類医薬品】- 「龍角散」の処方をベースに、服用の際にむせたり、こぼしたりしないように細粒タイプにした製品。
  • 龍角散ドロップノドローチ【第3類医薬品】-「龍角散」の処方にニンジン末を加え、ドロップタイプにした製品。
  • 龍角散AZのどスプレー【第3類医薬品】- アズレンスルホン酸ナトリウムを配合した口腔咽喉用薬。製造販売元:昭和薬品化工
  • 龍角散せき止めカプセル「コデポン」【指定第2類医薬品】- 製造販売元:佐藤薬品工業
  • 龍角散ののどすっきりガム
  • クララ
  • 嚥下補助ゼリー
  • 浦島 - 外用潤滑ゼリー

龍角散(鎮咳去痰薬)[編集]

株式会社龍角散が製造販売する鎮咳去痰薬(パッケージ上の表記は鎮咳去痰剤)。(たん)を切って、を抑えるための薬である。散剤だけでなくトローチや錠剤、のど飴なども販売されている。「ゴホン!といえば龍角散」のキャッチコピーが長年使われている。

キキョウセネガキョウニンカンゾウを中心とした生薬が配合された粉末タイプの薬(第3類医薬品)で、咳、痰、のどの炎症による声がれ、のどのあれ、のどの不快感、のどの痛み、のどのはれに効能・効果を有する。1回1杯(15歳以上の大人。小児は年齢・内容によりさらに少なく調整する)を1日につき3-6回に分けて服用する。なお生後3ヶ月未満の乳幼児は服用しないようにする。直接喉の粘膜に作用して効果を表す薬であるため、飲料水を使って服用すると効果が薄れてしまうので、必ず飲料水なしでゆっくり溶かしながらのどに運ぶように服用する。2012年4月にリスク区分が変更となり、従来の第2類から第3類に移行した。「龍角散〈細粒〉」「龍角散ダイレクトスティック」「龍角散ドロップノドローチ」も同時にリスク区分を変更している。

大気汚染が深刻な中華人民共和国では「神薬」と呼ばれる[2]

2017年に他人の楽天ポイントを不正使用し、購入した中国人の男が逮捕された[24]。中国国内では模造品が密造されており、商品名が「龍散のどすっきり飴」となっていたり、家紋が「下がり藤」以外のものが使用されていたりしており、龍角散の公式ホームページで注意喚起がなされている[25]

昭和20年代から台湾大韓民国への輸出を開始した[26]2019年現在は台湾、大韓民国、香港アメリカ合衆国タイで展開している[26]

また、2017年から越境ECを開始し、中華人民共和国向けに自社サイトでネット通販を行っている[26]2019年には華潤三九中国語版と提携し、今後中華人民共和国にて「龍角散ダイレクトスティック」「龍角散ののどすっきりタブレット」「龍角散ののどすっきり飴」を華潤三九が販売することを発表した[27][26]

おくすり飲めたね(嚥下補助製品)[編集]

おくすり飲めたねとは、主に幼児を対象とした薬の服薬補助ゼリーであり、薬をゼリー状のオブラートに包み込み、服用できるようにしたもので、特許取得商品である[28]。「おくすり飲めたね」は登録商標(第4537663号)である。味はピーチ味とイチゴ味、ぶどう味があり、また粉薬に対応したチョコレート味も開発された。元々は嚥下が困難な病人のために開発した商品で、1998年から「龍角散嚥下補助ゼリー」として市販化されている。

一方で、従来からの「龍角散嚥下補助ゼリー」も健在であり、また大人用の補助ゼリーとして「らくらく服薬ゼリー」という商品がある。これらはレモン味となっており、適度な酸味が唾液の分泌を促す働きを活用している。また、独特の強い香味があり、飲むのが苦手な人が多い漢方薬に対応した「漢方薬服用ゼリー」という商品もある。従来の服薬補助ゼリーは薬を包みこんで使用することが前提となっており、掻き混ぜると薬がゼリーに溶け出し、薬の味が染み出る難点があった。本品はゼリー性状を改良したことで掻き混ぜて使用することが可能となっている。味は粉薬にも対応出来るように、いちごチョコ風味とコーヒーゼリー風味の2種類がある。2013年5月には「らくらく服薬ゼリー」をリニューアルし、翌月には新たにスティックタイプを追加発売した。

両商品のCMでは、キャッチコピーが「ゴクン!といえば龍角散」に変更されている。服薬補助ゼリーの開発は、営業から服薬補助水の依頼を受けた現執行役員の福居篤子の発案で、社内の反対の中、藤井現社長の決断で進められた[29]。福居はこの一連の服薬補助ゼリー開発で、日本薬剤学会主催の「旭化成製剤学奨励賞(現・旭化成創剤研究奨励賞)」など計6つの賞を受賞した[29]

広報活動[編集]

提供番組[編集]

現在
過去

CMキャラクター[編集]

その他の広報活動[編集]

近年は発祥の地である秋田県の原料となるハーブの栽培に力を入れており、テレビCMなどで積極的なアピールを行っており、2015年3~5月には、秋田県立博物館で「ゴ本(ホン)!といえばくすり展~秋田のミニくすり博物館~」が開催された[6]。2019年には大仙市大曲、秋田市、美郷町六郷で、龍角散の紙袋やポスターなどの家庭薬展が開催された[30][31][32]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 株式会社龍角散 第92期決算公告
  2. ^ a b c d 【もとをたどれば】龍角散/秋田藩の薬 中国でも人気毎日新聞』朝刊2019年9月15日(6面)2019年9月18日閲覧
  3. ^ a b [人事興信録の4巻より]
  4. ^ 千代田区ホームページ”. 町名由来板:豊島町. 2020年3月10日閲覧。]
  5. ^ a b KANDAアーカイブ”. 百年企業のれん三代記. 2020年3月4日閲覧。
  6. ^ a b "平成27年度第1回特別展示、秋田県立博物館出張展示「ゴ本(ホン)!といえばくすり展~秋田のミニくすり博物館~」”. 秋田県立図書館. 2020年7月16日閲覧。
  7. ^ 瀬戸本淳. “連載 神戸秘話⑥”. 月刊神戸っ子2017年6月号. 2020年3月4日閲覧。
  8. ^ [1]
  9. ^ a b c d e f 人事興信録4巻、藤井得三郎
  10. ^ a b c d e f g 人事興信録8巻、藤井得三郎
  11. ^ [人事興信録だと「肅」、コトバンクだと「粛」の字を使っている]
  12. ^ a b c d 人事興信録8巻、小林忠兵衛より
  13. ^ 人事興信録8巻、森垣亀一郎より
  14. ^ [三森英逸の大曲のまちなみと住人の歴史]
  15. ^ [大曲市史・第二巻]
  16. ^ 大曲市史より
  17. ^ 昭和48年、六郷町商店街会報誌より
  18. ^ 龍角散のルーツ株式会社龍角散
  19. ^ 龍角散ビル”. 日本デザイン振興会. 2020年12月24日閲覧。
  20. ^ “龍角散、顆粒タイプののど薬「龍角散ダイレクトスティック」2品を発売”. NIKKEI-NET. (2008年7月8日). http://health.nikkei.co.jp/release/drug/index.cfm?i=2008070806003j5 [リンク切れ]
  21. ^ “龍角散 新製品情報/龍角散ダイレクト” (プレスリリース), 龍角散, (2008年), http://www.ryukakusan.co.jp/topix/direct/index.html 2010年11月17日閲覧。 
  22. ^ “創業家の社長にしかできないこと コクヨと龍角散の社長のいくつかの共通点”. NIKKEIビジネスオンライン. (2012年1月25日). https://web.archive.org/web/20120905140808/http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120120/226345/?rt=nocnt 
  23. ^ のど飴についてのお知らせ、龍角散、2011年11月10日。 (PDF)
  24. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170919-00000011-ann-soci
  25. ^ 当社商品の偽物にご注意下さい - 2019年11月23日閲覧。
  26. ^ a b c d 「ゴホン!といえば龍角散」でおなじみの株式会社龍角散、中国OTC医薬品トップメーカー・華潤三九(カジュンサンキュウ)とパートナーシップ締結を発表、PRTIMES(株式会社龍角散)、2019年8月14日 17時00分。
  27. ^ 龍角散、中国大手大衆薬メーカーと提携、日本経済新聞、2019/8/14 20:20。
  28. ^ 「おくすり飲めたね」の類似品にご注意ください!、龍角散 - 2019年12月9日閲覧。
  29. ^ a b 「龍角散」復活 左遷された女性開発者が原動力にヒットの原点 龍角散(上)日経新聞社、出世ナビ ヒットの原点 2018/1/16
  30. ^ 知って得する地域情報(1)”. マイ広報紙. 2020年6月27日閲覧。
  31. ^ "「龍角散」ゆかりの品々を展示 紙袋やポスター50点展示”. 秋田魁新報電子版". 2020年3月4日閲覧。
  32. ^ "「龍角散」のふるさと秋田 健康を支えた家庭薬展”. 秋田県市民活動情報ネット". 2020年3月4日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 当初はパウダー部分のみ提供し味覚糖が「龍角散ののど飴」として製造・販売していたが、2011年より自社による製造・販売に切り替わっている[22]。味覚糖はライセンス貸与の解消を受け、2011年より「味覚糖のど飴」を販売している。こちらは龍角散とは無関係の商品である[23]
  2. ^ 一社提供は文化放送のみ。ネット局はローカルスポンサー。
  3. ^ 放送される時間帯は制作局であるTOKYO FMによるローカル編成のため、放送は同局のみ。

参考文献[編集]

  • 朝日新聞
  • 秋田魁新報
  • プレジデントファミリー
  • 「秋田藩「お薬」事情」『食文化あきた考』あんばいこう、無明舎出版、秋田、2007年7月、122頁。ISBN 9784895444620。OCLC 676145844

関連項目[編集]