龕附天正金鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

龕附天正金鉱(がんつきてんしょうきんこう)は、静岡県伊豆市土肥にある天正年間に掘られた金の手掘り坑道。

天正5年(1577年)に開発された金鉱で、代官彦坂元成により運営されていたが、慶長年間江戸幕府金山奉行大久保長安の支配となり、慶長11年(1606年)に最盛期を迎える。

坑道は、山柿の大木が坑口にあり柿木間歩といわれた。全長100m、最奥部まで60m。松明をつけて作業していたので、逆さ階段など換気を考えた工夫が見られる。また、最奥に龕(女陰形金脈龕)が祀られている。これは、坑夫が最奥に金銀が多量に埋蔵する鉱脈を発見し、これ以上掘り進むと祟りがあると恐れ、龕を彫り山の神として祀ったところであり、全国的にここだけである。考古学者軽部慈恩により龕附天正金鉱と名づけられた。また、日本大学の発掘調査で金の精錬炉跡も発見された。

土肥温泉の温泉街に位置し、伊豆市指定史跡に指定されている[1]。坑道の外側に鉱脈の体験掘りができる場所がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 市指定-史跡・名勝 伊豆市役所

関連項目[編集]

座標: 北緯34度54分21.1秒 東経138度47分24.1秒