[(an imitation) blood orange]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Mr.Children > [(an imitation) blood orange]
本来の表記は「[(an imitation) blood orange]」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
[(an imitation) blood orange]
Mr.Childrenスタジオ・アルバム
リリース
録音 OORONG TOKYO STUDIO
SONY MUSIC STUDIOS TOKYO
VICTOR STUDIO
SOUND CITY
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 2012年11月度月間1位(オリコン)
  • 2012年度年間8位(オリコン)
  • 2013年度年間34位(オリコン)
  • 2012年度年間3位(サウンドスキャン
ゴールドディスク
  • トリプル・プラチナ(日本レコード協会
  • Mr.Children アルバム 年表
    Mr.Children 2001-2005 <micro>
    Mr.Children 2005-2010 <macro>
    (2012年)
    [(an imitation) blood orange]
    (2012年)
    REFLECTION
    2015年
    『[(an imitation) blood orange]』収録のシングル
    1. かぞえうた
      リリース: 2011年4月4日デジタル・ダウンロード
    2. 祈り 〜涙の軌道/End of the day/pieces
      リリース: 2012年4月18日 (CD)
    3. hypnosis
      リリース: 2012年8月29日(デジタル・ダウンロード)
    ミュージックビデオ
    「Marshmallow day」
    「常套句」
    - YouTube
    ライブ映像(公式)
    「Happy Song」 (2013)
    - YouTube
    テンプレートを表示

    [(an imitation) blood orange]』(アン・イミテーション・ブラッド・オレンジ)は、日本バンドMr.Childrenの17枚目のオリジナルアルバム2012年11月28日トイズファクトリーより発売された[2]

    概要[編集]

    初回限定盤と通常盤の2形態で発売。初回限定盤はCD+DVD、通常盤はCDのみ。ジャケットはかねてからタッグを組んでいる丹下紘希によるもので、拡大したオレンジの表面を背景に、ゴシック体でアルバムタイトルが記されたシンプルなデザインとなっており、12thアルバム『I ♥ U』以来のアクリルケース入りとなった。発売当日には朝日新聞読売新聞の一面に広告記事が掲載された。

    前作『SENSE』から、ベスト・アルバムMr.Children 2001-2005 <micro>』『Mr.Children 2005-2010 <macro>』を経て約2年ぶりに発売されたオリジナルアルバム。前作以降にシングルとして発売された楽曲や、CMやドラマ主題歌など、既に発表されながらCD化されていなかった楽曲、および東日本大震災の復興支援として制作された「かぞえうた」を含む全11曲を収録。前作『SENSE』が発売までに全12曲中2曲しか公開されていなかった事とは対照的に、本作は11曲中8曲が発表済み、あるいは先行タイアップによって公開されていた。前作に引き続き雑誌への取材はほとんど受けなかったものの、テレビ出演は行われた。また、Mr.Childrenのオリジナルアルバムでは6thアルバム『BOLERO』以来収録時間が60分を切っている。

    アルバムタイトルは6曲目の「イミテーションの木」から付けられた。なお、タイトルの“[ ]”には特に意味はないという[3]桜井和寿が「震災があった時に、自分たちの音楽に対するエゴとか、探求とか、おもしろいことをやるっていうことが罪悪のように思えてたところはあって」[4]「震災で1回作り手として、自分がやられているところがあったから。みんな言うことだけど、本当に音楽なんかになんの意味があるんだろうと思ったし。……だからこそ、このアルバムは、悲しみとか苦しみを内包しないものにしたいと思ってはいましたね」[5]と語っているとおり、全体的に東日本大震災の影響を強く受けたアルバムとなっている。

    ベスト・アルバムに引き続きテッド・ジェンセンがマスタリングを担当している。

    チャート成績[編集]

    2012年のオリコン年間アルバムランキングでは、集計対象が2週分の売上のみであったが8位にランクインし、オリジナルアルバムでは10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』から7作連続の年間TOP10入りとなった。また、5月にリリースしたベスト・アルバム2枚と併せて、Mr.Childrenの作品が年間TOP10に3作ランクインした。サウンドスキャン年間チャートではベスト・アルバム2枚とともに上位3位を独占した[6]

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    1. hypnosis [5:58]
      • 弦編曲:小林武史・四家卯大
      4th配信限定シングル。
    2. Marshmallow day [4:17]
      • 管・弦編曲:小林武史・四家卯大
      資生堂MAQuillAGECMソング[7]
      仮タイトルは「Beautiful[3]
      ライブでは『ap bank fes '12 Fund for Japan』にて先行披露された。
      ミュージック・ビデオが制作され、桜井のみが出演している。監督は川村真司関和亮と高橋圭。
    3. End of the day [5:50]
      • 管・弦編曲:小林武史・四家卯大
      34thシングル。
    4. 常套句 [4:05]
      • 弦編曲:小林武史・四家卯大
      フジテレビ系ドラマ『遅咲きのヒマワリ 〜ボクの人生、リニューアル〜』主題歌[8]
      「Marshmallow day」同様ミュージック・ビデオが制作された[9]。監督は半崎信朗で、全編モノクロアニメーションとなっている。
      ライブツアー『MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』の5月10日・京セラドーム大阪公演では、制作途中ながら一部が披露された。
    5. pieces [6:33]
      • 弦編曲:小林武史・四家卯大
      34thシングル。表記はされていないが、シングルに収録された音源と異なっている。
    6. イミテーションの木 [5:03]
      仮タイトルは「花るん[3]
    7. かぞえうた [4:42]
      3rd配信限定シングル。
      配信から約1年8ヶ月を経てCD初収録となり、5th配信限定シングル「REM」に次いでCD音源化までの期間が長い楽曲。
    8. インマイタウン [5:18]
      本作発売後に開催された『Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour』では唯一披露されなかった曲である。
    9. 過去と未来と交信する男 [5:22]
      仮タイトルは「MRB(マイナーロックバンド)[3]
    10. Happy Song [6:05]
      • 管・弦編曲:小林武史・四家卯大
      フジテレビ系『めざましテレビ』2012年度テーマソング[10]2012年4月2日 - 2013年3月29日)。
      ナオト・インティライミがコーラスで参加している。
    11. 祈り 〜涙の軌道 [5:43]
      • 弦編曲:小林武史・四家卯大
      34thシングル。

    初回限定盤付属DVD[編集]

    ミュージック・ビデオが収録されている。
    1. hypnosis
    2. Marshmallow day
    3. 常套句
    4. 祈り 〜涙の軌道

    参加ミュージシャン[編集]

    テレビ出演[編集]

    ライブ映像作品[編集]

    hypnosis

    Marshmallow day

    作品名 備考
    Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour
    Mr.Children REFLECTION {Live & Film} 『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』に収録。

    End of the day

    常套句

    作品名 備考
    MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012 弾き語りで演奏された。
    Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour

    pieces

    イミテーションの木

    作品名 備考
    Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour

    かぞえうた

    過去と未来と交信する男

    作品名 備考
    Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour

    Happy Song

    作品名 備考
    Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour

    祈り 〜涙の軌道

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ [(an imitation) blood orange] Mr.Children”. ORICON NEWS. 2014年12月30日閲覧。
    2. ^ Mr.Children、2年ぶりアルバム&ライブ映像集の全貌判明”. 音楽ナタリー (2012年10月18日). 2020年9月26日閲覧。
    3. ^ a b c d 『FATHER & MOTHER』Mr.Childrenオフィシャルファンクラブ会報、2013年4月号、4頁
    4. ^ ROCKIN'ON JAPANロッキング・オン、2015年7月号、55頁
    5. ^ MUSICA』FACT、2015年1月号、29頁
    6. ^ 2012年のCD売上は前年比2.6%増 - アーティスト別トップはミスチル”. 2014年9月5日閲覧。
    7. ^ Mr.Children新曲は「hypnosis」と「Marshmallow day」”. 音楽ナタリー (2012年7月4日). 2020年8月22日閲覧。
    8. ^ Mr.Children新曲が生田斗真主演フジ連続ドラマ主題歌に”. 音楽ナタリー (2012年9月28日). 2020年8月22日閲覧。
    9. ^ アルバムで初音源化された曲の中から、2曲以上がミュージック・ビデオ制作されたのも『BOLERO』以来となる。
    10. ^ Mr.Children「めざましテレビ」新OPテーマ曲を提供”. 音楽ナタリー (2012年3月27日). 2020年8月22日閲覧。