.22ロングライフル弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
.22 Long Rifle (.22 LR)
.22 LR.jpg
.22 ロングライフル弾Long Rifle
亜音速ホローポイント弾 (左側)
普通初速型 (中央)
“スティンガー”高速ホローポイント弾 (右)
種類 リムファイア
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
製造の歴史
設計者 J. スティーヴン 武器&工具社(J.Stevens Arms & Tool Company)
設計時期 1887
特徴
元モデル .22 Long[1]
薬莢形状 直線形状、起縁式(Rimmed, straight)[1]
弾丸 0.223 in (5.7 mm) - 0.2255 in (5.73 mm)[1]
首径 .226 in (5.7 mm)[1]
底面径 .226 in (5.7 mm)[1]
リム径 .278 in (7.1 mm)[1]
リム厚 .043 in (1.1 mm)[1]
薬莢長 .613 in (15.6 mm)[1]
全長 1.000 in (25.4 mm)[1]
ライフリング 1:16"[1]
雷管のタイプ リムファイア方式[1]
弾丸性能
弾頭重量/種類 初速 エネルギー
40 gr. (2.6 g) Solid[2] 1,200 ft/s (370 m/s) 104 ft·lbf (141 J)
38 gr. (2.5 g) Copper-plated HP[2] 1,260 ft/s (380 m/s) 134 ft·lbf (182 J)
32 gr. (2.1 g) Copper-plated HP[2] 1,430 ft/s (440 m/s) 141 ft·lbf (191 J)
31 gr. (2.0 g) Copper-plated RN[3] 1,750 ft/s (530 m/s) 204 ft·lbf (277 J)
30 gr. (1.9 g) Copper-plated HP[3] 1,640 ft/s (500 m/s) 191 ft·lbf (259 J)
出典: [2][3]

.22ロングライフル弾英語: .22 Long Rifle)は、アメリカ合衆国で開発された小型弾薬である。単に“22LR”("twenty-two-[ˈɛl]-[ˈɑːr]")と呼ばれることが多い。世界で最も生産数が多く安価な弾薬であり拳銃からライフルまで幅広い銃器に使われている。

歴史[編集]

.22口径のリムファイアカートリッジ(5.6×15mmR)は長年の定番弾薬であり、今日でも売り上げ数では世界で最も多く、突出している。

1887年、アメリカの銃器メーカー、J. Stevens Arms&Tool Companyが.22 Longの薬莢と.22 Extra Longの40グレーン(2.6 g)の弾丸を組み合わせて開発した[4]1845年のFlobert BB弾頭、1857年の.22 Smith&Wessonカートリッジの流れを汲んでいるため弾頭の形状が丸い。.22LRカートリッジは幅広いライフルやピストルで使用できる、数少ない弾薬の1つである 。

.22ロングライフルとそれに使える弾薬(.22ショート、.22ロングおよび.22エクストラロング)はヒール弾を使用する。ヒール弾とは、弾丸が薬莢と同じ直径であり、その「ヒール」(尾部)のみが薬莢に収まるよう径が細くなっている弾丸である。

年間生産量は2〜2.5 億発と推定されている[5][6]。 NSSFは、米国でこれまでに生産された100億発の銃器用弾薬の半分が.22LRで構成されていると推定している[7]

利用[編集]

.22LRは価格が安いため、訓練や害獣駆除に適している。また、小型で隠しやすいため暗殺に使われることでも知られる。一方で威力と射程距離が低く不発弾が多いというデメリットがあり、軍隊では訓練を除いてほとんど使用されない。また、貫通力が比較的高いため、警察も民間人への被害や犯罪者による強奪を恐れて採用しない傾向がある。

初心者が銃器の訓練をする場合、発射時の反動に驚き、尻を後ろに引いたり肘を曲げる癖がつくことが多い。しかし.22LRはほとんど反動がないため、発砲への恐怖を克服しやすく理想的な訓練弾薬となる。ボーイスカウトはライフル射撃の訓練を100年以上の間.22LRで行っている。

.22LRは大型弾薬と比較して発射音が静かであり、射撃場の近隣への騒音被害が少なく、射手の聴力に与える影響も少ない。特に亜音速弾は静かなためサプレッサーとの組み合わせに適している。

訓練で多用されるために競技大会に出る射撃選手にもそのまま.22LRを愛用する者が多く、.22LRはオリンピックの射撃種目の正式採用弾薬となっている。

.22LRがあまりにも人気なため、AR-15M1911など様々な銃の「.22LRへの変換キット」が市販されている。これにより低価格で訓練が行える上に、高威力弾の使用が禁止されている屋内射撃場での訓練も可能になる。また、一定の需要が見込めるため発売時のラインナップに.22LRモデルを追加する銃器メーカーも多い。[8]


.22LRはネズミヘビリスといったアメリカに出現する害獣の駆除に多用されている。もともと対人用の弾薬であるので中型獣の狩猟にも使用でき、ウサギイノシシシカコヨーテなども胸か頭への1発の射撃で仕留めることが可能であり、瞬間空洞も狭いため被弾部分の周囲の肉や革を大きく傷つけることがない優秀な弾薬である。

.22LRは単純かつ小型であり、古いリムファイア方式を使用していることから最も製造コストのかからない弾薬と言われる。量産効果もあり、1発あたり10セント(10円)以下で市販されていることが多い。50発または100発入りのパッケージを最低単位として販売されており、一発ずつ仕切りで区分して箱詰めされている。しかしグレードの低い“お得用”のものは、しばしば“ブリックパック”方式の容器に雑多に詰められて販売されている。これらは50発入りのものが10箱、または1箱に500発の入った“カートン”、もしくはブリックパックされたものが10個、合計で5,000発の入った“ケース”での販売が一般的である。同じ製造設備で競技用の精密弾も製造出来ることから、高性能な弾薬も比較的価格が安いことで知られる。

威力[編集]

.22 LR弾および.45ACP弾(後方)

.22ロングライフル弾の威力は銃身の長さと作動方式によって異なる。 例えば、ボルトアクションライフルは、半自動ライフルとは異なる動作をすることがある。 .22 LRは150ヤード(140 m)まで有効だが、実用範囲はそれほど大きくない。150ヤード飛翔した後、弾道の低下を補うことが困難になるためである。 比較的短い有効範囲、低い報告、および軽い反動は、それを練習弾として使用するために好んだものにした。

.22LRの精度は優れているが、例外的なレベルではなく他の様々な弾薬と同程度のものである。 ライフルに寄与する要因は高速度弾でさえ、100ヤード(91m)以内で超音速から亜音速への減速である。 弾丸が減速するにつれて、超音速飛翔に起因する衝撃波が弾を追い越し、弾道経路を乱し、軽微ではあるが測定可能な不正確さを引き起こす可能性がある[要出典]

100ヤード(91 m)をゼロイン基準にすると、40グレーンの弾丸を持つ標準高速度22 LRの弾道は50ヤード(46 m)で2.7インチ(69 mm)上昇し、150ヤード(140 m)では10.8 インチ(27 cm)下降する[9]。中距離でリスのような小さな動物を標的とした場合のオーバーシュート(弾の飛び越し)を避けるためには、0.22 LRライフルを75ヤード(69 m)でゼロインする必要がある[9]

狩猟用弾薬として、リムファイアは主に小さな標的を仕留めるために使用される。 それは、150ヤード以上の距離のリスウサギ、80ヤード(73m)以上の地表にいるイノシシマーモット、およびキツネで非常に有効である。コヨーテのような大きな動物にも有用だが、その射程射程は一般に65ヤード(59m)以内であり、最も強力な.22弾を用いててもハンターが正確に標的の頭もしくは胸を射抜くことが必要となる。

.22 LR弾丸はより大きな弾薬よりも強力ではないので、人間に対するその危険は過小評価されることがある。 しかし、実際には.22 LRの弾丸は、レーガン大統領暗殺未遂事件で死亡した4人の負傷者や、フィンランドで発生したセイナヨキ応用科学大学銃乱射事件(11人死亡、1人負傷)、ヨケラ(Jokela)中高等学校銃撃事件 (死者8人、負傷者1人)、 1979年クリーブランド小学校銃撃事件 (2人が死亡、9人が負傷)、 ロバート・ケネディ暗殺事件など多くの射撃事件で、.22 LRの弾丸が容易に人を殺害または重傷を負わせることが可能だと示している[10][11][12]

400ヤード(370m)を飛行した後でさえ、.22 LRの弾丸は依然として約500ft/s(150m/s)の速度で飛翔している。跳弾は、より強力な弾薬の場合よりも.22 LR弾の方が起こりやすい。これは、被覆されていない鉛の弾頭と適度な速度の組み合わせにより、軽い角度で硬い物体に当たるときに発射体が逸れたり変形したりすることが少ないためである。.22LRの弾丸は、特に角度の浅い状態で水面に着弾した際に容易に跳弾を起こすことが知られており、射線上の数百ヤード離れた向かい側の海岸にある人物や物体に重大な傷害を発生させる可能性がある[13]

リムファイアの弾丸は一般に無被覆鉛(標準速度弾の場合)または銅被覆もしくは金メッキ(高速または超高速弾の場合)のいずれかである。 弾丸上の薄い銅層は、弾丸とバレルとの間の摩擦を低減する高速潤滑剤として機能し、バレル摩耗を低減し、また、鉛の弾丸の酸化を防ぐ。鉛の弾頭は長期間保管すると酸化する傾向があり、表面の酸化物は、カートリッジがスムーズに薬室に装填されることを妨げるか、超高速弾を使用すると、銃腔内圧力が危険なほど高圧になり、薬莢を破裂させ、射手を傷つけることがある。 低速の標準および亜音速弾は、酸化防止のために鉛弾頭にワックス潤滑剤を塗布する。

派生型[編集]

さまざまな.22 LR弾は、通常、名目速度に基づいて4つの異なるカテゴリに分けられる。

  • 亜音速弾: "ターゲット"または "競技"用弾を含み、名目上の速度が1,100 ft / s(340 m / s)以下のもの
  • 通常弾:1,000-1,135 ft / s(305-346 m / s)、一般的な速度は約1,125 ft / s(343 m / s)
  • 高速弾:毎秒1,200-1,310 ft / s(370-400 m / s)
  • 高初速度弾または超高速弾:1,400 ft / s(430 m / s)以上

亜音速弾[編集]

22口径ロングライフル弾と.22 Aguila Sniper 亜音速弾(右)

亜音速弾の銃口速度は約330m / s(約1,080ft / s)。 これらの弾丸には、より遅い発射体の終点弾道を改善するために、 時には46〜61グレーン(3.0〜4.0g)の超重銃弾が装備されている。 逆に、これらの弾丸には雷管と軽量弾もしくは超軽量弾が含まれている場合がある。

亜音速弾は、わずかに優れた精度と騒音低減のために一部のシューターに好まれている。 超音速で飛翔する弾丸は、狩りの際に動物を警戒させる大きな衝撃音を生み出し、 超音速から亜音速に減速する超音速弾(または発射体)がこの音速帯で劇的な空気力学的変化を受け、弾丸の安定性および精度に悪影響を及ぼす可能性があるため、正確さは亜音速弾で改善されると報告されている。

20℃の空気中の音速は約1,115 ft/s(340 m/s)なので、亜音速弾の銃口速度は多くの狩猟条件下での音速よりわずかに低い。 しかし、32°F(0℃)の冷たい空気の条件下では、音速はおよそ銃口速度である1,088ft/s(332m/s)に低下する。 したがって、この温度以下で使用される「亜音速弾」は実際には超音速で飛翔し、超音速から亜音速に移行する際に不安定になり、精度が低下する可能性がある。これに対抗するために、一部の弾薬メーカーは、亜音速弾の速度を310m/s(310m/s)以下に下げた。

亜音速弾とセミオートの.22 LR銃器の様々な組合せは、不十分な反動エネルギーの結果として銃器の動作の信頼性の低い作動サイクルをもたらす。 一部の亜音速弾では、弾丸の質量が増加した結果、共通のブローバック動作を繰り返すために十分なエネルギーが生成されるように、より重い弾(より低い速度を達成する)を使用する。 一例として、Aguila .22 LR SSS "Sniper SubSonic"弾には、.22ショートケースの場合、60グレーンの弾丸があり、弾薬のサイズは.22のライフル弾と同じである。 しかし、他の問題が発生する可能性があり、Aguila弾の重くて長めの弾丸は、弾丸が飛行中に安定することを確実にするために、グリーンヒルの公式に基づく、より速い銃身内旋転が必要である。

.22リムファイアの亜音速弾の2つのパフォーマンスクラスが存在する。 いくつかの亜音速弾は、様々な22の短いCBと22の長いCB弾のように、比較的低い衝撃エネルギーを提供する29グレーンの弾丸で約700 ft/s(210 m/s)の速度を与える。 これらは火薬をまったく使用しないか、少量のみを使用することができ、狩猟ではなく屋内訓練または標的練習のみを目的とした弾薬の特徴を有することができる。 これらが.22 LR形式である場合は、古い.22 CBシューティングギャラリーライフルではなく、カートリッジ用に設計された銃器の援助にのみ役立つ。 Aguila SSSは、標準的な40グレーンの弾丸を使用して、多くの高速の22口径長距離ライフル弾に相当する60グレーンの弾丸で約950フィート/秒(290 m/s)の速度を出す。 他の銃器用の亜音速弾も同様の性能を発揮し、小規模な狩猟や危険な動物の駆除、過度の騒音を避けるためのものである。

通常弾[編集]

高速度撮影された、.22LR弾の巻き起こすシュリーレン現象

標準速度0.22LR弾の速度は、製造業者によって異なる。 いくつかの標準的な速度の弾薬は、わずかに超音速 - 約1,125ft/s(343m/s)であり、他の弾薬、例えばCCI標準速度.22 LR弾薬は1070fpsである。 ほとんどの標準速度弾薬は、弾丸重量が40gr(2.6g)である。 標準速度の弾丸は、超音速付近またはわずかに速度を生成する。 これらの弾薬は、一般に、短いバレルがより燃焼速度の遅い火薬を十分に活用しないため、 拳銃でこれらの速度を発達させない[要出典]

高速弾[編集]

弾頭に銅による被覆の施された.22 LR 高速弾

0.22ライフル弾には、もともと黒色火薬が積まれていた。 最初の無煙火薬粉末は、元の黒色粉末火薬使用の弾薬の標準速度と一致するように意図されていた。 無煙粉末は黒色粉末よりも効率的であり、カートリッジケースはより多くの粉末を保持することができる。 「高速」または「高速」と呼ばれる無煙粉末負荷が主要弾薬メーカーによって提供され、典型的な速度増加が8%(毎秒1,200フィート(370 m/s)から毎秒1,300フィート(400 m)/s))を使用しながら、標準の40-gr solidまたは36-gr hollow point lead bulletを使用する。

高初速弾[編集]

多くの.22 LR弾は、標準的な40グレーンよりも軽い弾丸を使用し、さらに高い速度で発射される。 高初速弾は、通常、約30〜32グレーン(1.9〜2.1 g)で、銃口の速度は毎秒1,400〜1,800フィート(430〜550 m/s)である。 このより速い速度は、部分的にはより軽い弾丸の使用によるものである。

“CCI スティンガー(Stinger)”は初の超高速22L LR弾で、標準のリムファイヤー弾に比べて速度とエネルギーが大幅に増加した。 スティンガーのケースは長いライフルの長さよりも長い(長さが約0.71インチ(18mm)、長さが15.1mm(15.1mm))が、32gr(2.1g )、長いライフル弾と同じ全長を与える。 (この長いケースは、いくつかの銃で排出問題を引き起こす可能性がある。)ライバルバレルの長さを最大限に利用するために、より遅い燃焼速度の粉体が使用される。 ほとんどの.22のライフルの粉末は、バレルの長さが約19インチ(480mm)まで増加する。 スティンガーで使用されている粉体は、NRAによって試験された最長0.22バレルの長さ、26インチ(660mm)までの速度を増加させる[14]

その後の超高速弾は、30grの重量範囲の軽い弾丸と遅い燃焼のライフルパウダーの装填を伴う長距離ライフルの場合に基づいて、他のメーカーによって導入された。 これらのカートリッジの多くの全長は、標準の長尺ライフルカートリッジの全長よりも短かった。 一つの例は“レミントン ヴァイパー(Remington Viper)”である。 もう一つは“フェデラル スピットファイア(Federal Spitfire)”である。

“CCI ヴェロシター(Velocitor)”超高速弾では、標準的な長さのライフルケースサイズと標準重量40gr(2.6g)の独自の中空ポイントデザインの弾丸を使用して、拡張と外傷を強化する。 この弾丸の銃口速度は1,435ft/s(437m/s)である。 弾丸質量と空気抵抗の比がより良いため、ヴェロシターは他の超高速弾の軽量弾と比較してより長距離で優れた性能を発揮する[要出典]

散弾[編集]

.22口径“ラットショット”散弾

特別な22口径の散弾。至近距離での害虫・害獣駆除に使用されるため、これらはしばしば「ラット・ショット(Rat Shot)」または「スネーク・ショット(Snake Shot)」と呼ばれる。 通常のものより長い薬莢に、内部に散弾の詰められた半透明のプラスチックの弾頭部がある。構造的には通常のショットシェルと同様で、発砲されると散弾がプラスチックのカバーを突き破って銃口から飛散する。

用途の際は.22LRや.22WMRを発射できる22口径のリボルバーやライフルで用いられるが、専用のショットガンもあり、ショットシェルは短距離のスキート射撃や特別なスケールダウンされたクレーターゲットでのトラップシューティングに使用できる。

フルメタルジャケット(完全被甲弾)[編集]

第二次世界大戦中、0.24 LRのフルメタルジャケットバージョンが消音器付きハイスタンダードHDMピストル用に開発された[15]

曳光弾[編集]

曳光弾はリムファイヤーでも入手できる[16]

構造[編集]

標準的な22リムファイヤーカートリッジ(BB、CB、ショート、ロング、ロングライフル)は、弾丸が構築され、ケースに保持される方法で他の多くのカートリッジと構造が異なる。

ほとんどのカートリッジでは、弾丸は薬莢の「ネック」内に完全に挿入され、弾丸支持面の周りのケースネックからの張力によって適所に保持され、いくつかの薬莢では、弾丸の溝(溝)のまわりのケースの最上部に小さな圧締部がある。標準の.22 リムファイアの弾丸(.22マグナムまたは.22 WRF / .22レミントンスペシャルは含まれない)は、ケースとケースの口に挿入された弾の後部に「ヒール(ステム)」と呼ばれる段があり、弾丸はそのステムの部分で圧締され、弾丸支持面の大部分を露出させたままにして、弾丸と薬莢の直径を同一にしている。

.22 WMR弾の薬莢直径は弾丸よりも大きく、この構築方法は、弾薬の信頼性に悪影響を与える水分または他の要素への暴露からカートリッジを最小限に保護するという点で、本質的な弱点を有する。 現在のリムファイヤー弾薬の総合的な信頼性は非常に高いが、センターファイア式よりもかなり低い。

薬莢の長さ[編集]

.22ショート、.22 LR、.22ウィンチェスター・マグナム、および.22ホーネット

.22 LRはストレートウォールケースを使用している。 採用されているタイプと供給機構に応じて、.22LRに適合した薬室が設けられた銃器は、以下の短いリムファイヤーカートリッジを安全に収容し、発射することができる。

  • .22 BB - ショート、ロングレングス(雷汞式)
  • .22 CB - ショート、ロング、ロングライフル長(雷汞式)
  • .22 ショート
  • .22 ロング

.22ロングライフルは,.22エクストラロング弾を使用する銃器でも使用することができる。

用途[編集]

現在、リムファイヤー弾は、主に小さな害獣害鳥の駆除、射撃競技趣味の範囲での射撃(プリンキング)のため、および安価な訓練のために使用されている。 .22 LRはブルズアイ、メタリックシルエットとピン射撃の部門、高校、大学、アメリカのボーイスカウト、プロジェクトアップルシード、4Hクラブのシューティングイベントなど多くの射撃イベントの選択肢である。 また、オリンピックの精密ライフル射撃とピストルシューティングイベントでも使用されている。

良質のリムファイヤー弾薬は非常に正確であり、主な利点は、低コスト、低リコイル、低発射音、高精度で他の弾丸に比べコストパフォーマンスが高い。 欠点は威力が低いので、小規模な競技会や小さな動物を目標としての使用に適している。[17]。 護身用の銃器の弾薬としては、小さいサイズかつ非常に軽量で簡単に隠せる拳銃などに用いられる。 一般的に.22 LR弾は威力はあまり大きくないと思われやすいが、前述の通り.22 LR弾を使用する拳銃とライフルは対人殺傷用の武器として使用することもできてしまう。 この弾丸は一般的に浸透しており、安価であり、入手も容易だからである。

ほとんどのセミオートライフルは、標準または高速度のリムファイア弾を発射するときは大抵きちんと機能するが、反動が小さい亜音速弾は、武器の動作を繰り返すには反動が小さすぎる。 この小さい反動を補うために、ほとんどのオートマチック式の銃は、弾薬を薬室に装填するためのパワーを得るためにダイレクトブローバックオペレーションシステムを使用する。 なおボルトアクションライフルなど、射手が弾丸を手動で排莢、装填する銃にはこの問題はあまり関係ない。

.22 LRと亜音速の小さなケース(亜音速弾を使用する場合)は、 サプレッサー(「サイレンサー」または「サウンドモデレーター」とも呼ばれる)での使用に適している。 発射ガス少ないことは、あまり大型のサプレッサーを使用しなくても良いことを意味する。

Ruger 10/22とスタームルガーMkIは、その信頼性と低コストのために一般的な選択肢としてよく選ばれ、別な弾丸を使用する銃器などと外観上はほとんど区別できない(ただし弾丸自体が軽く小さいためバレルが細く、銃器自体も軽いので手に取ると判別できる。)。 サプレッサーの使用制限が最小限の場所では、サプレッサー付き.22 LR使用銃器が「特別に聴覚保護を必要とせず、近隣住民に射撃音で迷惑をかけづらい」と言う特徴のため自宅の敷地内での遊戯射撃で好まれている。 また人口の多い地域で危険な動物の駆除を行う場合に、過剰に警報を発生させることなく部隊を派遣することができるため、地方政府機関は動物駆除のためにサプレッサー付きの.22LR弾使用武器を使用することがある。

.22LRは、警察や軍の狙撃兵によっては限られた場合でしか利用されてない。 射撃音が小さいのが利点であるものの、目標との距離が短距離である時に使用されることを想定しているため、使用環境は都市部に限られている[18]

イスラエル軍は1990年代サプレッサー付き.22 LRライフルを暴動鎮圧のために使用し「作戦の前に邪魔な“犬”を排除する」と言っていたが、想定されていたよりも殺傷能力が低いことがわかったため現在はあまり使用されていない。[18] 。他の例には、CIAの前身組織であったOSS(Office_of_Strategic_Services)によるサプレッサー付きハイスタンダードHDMピストルの使用が含まれる[15]フランシス・ゲーリー・パワーズは、彼が飛行している際に撃墜された時にサプレッサー付きハイスタンダードピストルを支給された。 サプレッサーを装着されたスタームルガーMK IIは、1990年代にアメリカ海軍Navy SEALsによって使用されていた[19]

各部寸法[編集]

.22 long rifle cartridge(インチ表記)

22 Long Rifle cartridge.svg

.22ロングライフル最大CIPカートリッジ寸法。 すべてのサイズはミリメートル(mm)[20]

このカートリッジの一般的なライフリングツイスト数値は、一周406mm(1:16インチ)、条数6、旋条のランド(山)幅= 2.16mm、Øランド= 5.38mm、Øグルーブ(谷)= 5.58mmである。

公式のCIP (Commission Internationale Permanente Pour. I'Prereve des ArmesàFeu Portatives)判決によれば、.22ロングライフルは最大170.00MPa(24,656psi)のPピエゾ圧力を扱うことができる。 CIP規制国では、各ライフルカートリッジのコンボは、消費者に販売することを証明するために、この最大CIP圧力の125%で証明されなければならない。

.22 LR弾は通常、かかと付き鉛弾または薄く被覆された弾丸を使用するため、公称弾丸の直径は公称口径の直径よりも大きく、溝よりも僅かに小さい直径である。 SAAMIは公称弾丸直径0.2255インチを公差-0.004で指定し、指定された口径は0.222インチである。 実際には、0.224インチ、または若干大きな弾丸が一般的であり、バレル溝の直径は一般に約0.223インチである。

銃口初速[編集]

  • 40グレーン(2.6g)の無被覆鉛弾丸:1,082ft/s(330m/s).22LR 亜音速弾
  • 36グレーン(2.3g)の銅被覆弾丸:1,328ft/s(405m/s).22LR 高速度弾
  • 32グレーン(2.1g)銅被覆弾丸:1,640ft/s(500m/s).22LR 超高速弾 “CCI スティンガー ”

注:実際の速度は、所与の銃器の銃身長および弾薬の製造業者が製品試験に用いる銃器の銃身長などの多くの要因に依存し、実際には大きく異なる。 上記の速度は典型的なものである。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k SAAMI/ANZI. "American National Standard Z299.1-1992." SAAMI (Newtown, Connecticut USA) November 24, 1992.
  2. ^ a b c d Federal Cartridge Co.”. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月25日閲覧。
  3. ^ a b c Simpson,Rich. "Remove pesky rodents with sure-shot rimfire rifles". Times-News (Twin Falls, Idaho, USA) March 28, 2008.
  4. ^ Kokalis, Peter: Weapons Tests and Evaluations: The Best of Soldier of Fortune, page 331. Paladin Press, 2001. ISBN 978-1-58160-122-0
  5. ^ Forensic Analysis: Weighing Bullet Lead Evidence”. Board on Chemical Sciences and Technology (2004年). 2009年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月9日閲覧。
  6. ^ Simpson, Layne. “Rimfire Hunting Cartridges”. Petersen's Hunting. 2009年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月9日閲覧。
  7. ^ Top 3 Calibers To Stock In 2017”. Shooting Sports Retailer. January 18,2017閲覧。
  8. ^ HK416 .22 LR Rifle” (英語). Heckler & Koch. 2019年7月18日閲覧。
  9. ^ a b Hornady's New .17 Mach 2”. 2007年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月25日閲覧。
  10. ^ “'It was God's call': Shocking words of mother whose daughter, 6, died after her brother accidentally shot her”. Daily Mail (London). (2012年8月13日). http://www.dailymail.co.uk/news/article-2187810/Jenn-Stanovich-Mother-says-accidental-shooting-girl-6-Gods-call.html 
  11. ^ Thompson, Paul (2012年3月22日). “'They said they found the bullets... that's what could f*** me up': What teen accused of gunning down two British tourists in Florida told brother in prison phone call”. Daily Mail (London). http://www.dailymail.co.uk/news/article-2118785/Shawn-Tyson-said-murdered-James-Cooper-James-Kouzaris-Sarasota-Florida.html 
  12. ^ “BBC NEWS | Northern Ireland | Playground shooter avoids prison”. News.bbc.co.uk. (2007年11月13日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/7092484.stm 2008年9月8日閲覧。 
  13. ^ Fadala, Sam (1989). The Book of the Twenty-Two (1 ed.). South Hackensack, New Jersey: Stoeger Publishing Company. p. 249. ISBN 978-0-88317-149-3. "After the bullet glanced off of the water, its remaining velocity was 1195 fps. Only 43 fps were lost... The missile remains lethal after a ricochet." 
  14. ^ Stinger - Rimfire Research & Development. “Rimfire Research & Development”. 2017年2月10日閲覧。
  15. ^ a b Kokalis, P. G (August 2002). “OSS Silenced Pistol”. The Small Arms Review 5 (11). オリジナルの2009年09月3日時点によるアーカイブ。. http://www.smallarmsreview.com/pdf/OSSPistol.PDF 2009年8月25日閲覧。. 
  16. ^ Dan Shideler (2010-09-15). The Greatest Guns of Gun Digest. Krause Publications. p. 148. ISBN 1-4402-1414-X. https://books.google.com/books?id=-GEwQP0fpA4C&pg=PA148. 
  17. ^ Federal Premium: Ballistics Detail”. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月25日閲覧。
  18. ^ a b Ruger 10/22 Suppressed Sniper Rifle”. 2014年10月10日閲覧。
  19. ^ Warner, Ken (1993). Gun Digest (47 ed.). Iola, Wisconsin: DBI Books. p. 48. ISBN 978-0-87349-131-0. "From the Mossad (Israel's intelligence agency) to US Navy SEALs, the silenced Ruger is now reported the favored tool for clandestine operations." 
  20. ^ C.I.P. TDCC datasheet .22 Long Rifle

参考文献[編集]

  • 床井雅美:著 『メカブックス ピストル弾薬事典』p.173(ISBN 978-4890633357)並木書房:刊 2016年

関連項目[編集]