0課の女 赤い手錠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
0課の女 赤い手錠
監督 野田幸男
脚本 神波史男
松田寛夫
原作 篠原とおる
出演者 杉本美樹
郷鍈治
室田日出男
荒木一郎
丹波哲郎
岸ひろみ
音楽 菊池俊輔
主題歌 杉本美樹「女の爪あと」
撮影 中島芳男
編集 祖田富美夫
製作会社 東映東京撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1974年5月21日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

0課の女 赤い手錠』(ぜろかのおんなあかいわっぱ)は、篠原とおる漫画『0課の女』を原作とした 1974年に公開された日本映画。ジャンルはエロティック・アクション

あらすじ[編集]

警視庁所属の女刑事・零はある日外交官を殺してしまうがひっそりと懲戒免職となり、留置場に入れられ1ヶ月が過ぎる[1]。同じ頃服役を終えた仲原義秀はチンピラ仲間と共に一組のカップルを襲って男を殺し、女をレイプした後拉致するという卑劣な事件を起こす。

キャスト[編集]

零(レイ)
演 - 杉本美樹
赤色が好きらしく、作中では服やアクセサリーなど赤い物を身につけている[2]冒頭で外交官殺しを犯し留置場に入り、その後警視庁から命じられて誘拐事件の人質救出と犯人抹殺のため身を偽って犯人グループのアジトに侵入する。チェーン付きの赤い手錠を携帯しており、相手に投げて身動きを止めるための武器として使っている。
仲原義秀
演 - 郷鍈治
「横須賀の玉転がし」と呼ばれるチンピラグループのリーダー。冒頭で神奈川刑務所を出所するが、直後に仲間と共に凶悪犯罪に手を染める。粗暴で気性が荒い性格だが弟思いな一面があり、自ら身代金の受け渡しに訪れるなど少々不用心な所もある。誘拐事件を起こした後、人質の杏子、仲間となったレイたちと共に逃亡を図る。
日下正志
演 - 室田日出男
警視庁所属の刑事。娘を誘拐された善悟に協力し、「誘拐された杏子を生きたまま取り戻し、事件自体を公にしないために秘密裏に解決してほしい」との彼の願いのもと捜査にあたる。犯罪者には厳しい態度で接するが基本的には真面目で忠誠心があり正義感の強い性格で、その後善悟の裏の顔を知り戸惑いを見せるようになる。
南雲杏子
演 - 岸ひろみ
善悟の娘。22歳。学生運動家風の若者と交際していたが、民政党前総裁の息子と結婚することになり別れ話をしていた所、義秀たちに襲われる。その後義秀たちに拉致されてそのまま誘拐事件の人質となり、その後逃亡を図る彼らに薬物を投与されて抵抗できない状態となり連れ回される。
南雲善悟(なぐもぜんご)
演 - 丹波哲郎
民政党次期総裁候補の大物政治家。杏子によると「総理になるためなら、どんなことでもできる男」と評されている。杏子を前総裁の息子と政略結婚させようとしていた所娘を誘拐されるが、おおごとにしたくないため極秘に誘拐事件を解決するよう警視庁に命じる。
加藤
演 - 河合絃司
善悟の秘書。誘拐事件の最初の身代金3,000万円を犯人に渡す役を任される。その後善悟が2度目の身代金1億円を要求されてからは、日下たちに同行し犯人たちとのやり取りを見守る。
石原
演 - 土山登士幸
善悟の秘書。善悟の指示の下、他の2人の同僚秘書と共に稲葉を捕まえた後、水攻め、ガスバーナーで皮膚をヤケドさせるなどの拷問を加える。
三島
演 - 藤山浩二
善悟の秘書。ある時日下の指示で動いていた所、仲間の秘書が銃で撃たれて死んだため彼を責める。
山中
演 - 団巌
善悟の秘書。後半の義秀とのカーチェイスシーンでは、運転手役を務める。

義秀の仲間[編集]

関三郎
演 - 荒木一郎
髭面にサングラスをかけ、背中に虎の刺繍が入ったデニムの服を着ている。ナイフの扱いに長けており、人と闘う時には切る以外に飛び道具として使用している。寡黙な性格だが手先が器用で仲間の会話中に1人で黙々とナイフで木彫りの人形を作っていることが多い。
稲葉徹
演 - 遠藤征慈
頭にオレンジ色のタオルを巻いているのが特徴。疑い深い性格で結構気が弱く、状況が悪くなったりストレスを感じるとすぐに物や人に当たるなどして暴れる。その後刑事たちに捉えられ仲間のことを話すよう脅される。
野呂次男
演 - 菅野直行
モータースと書かれた白いつなぎを着ている。不真面目なお調子者で喋り好きな性格だが、義秀からは信頼されている。仲間とともに杏子や零を痛めつける。義秀から二度目の身代金の受け取りを任される。
仲原義明
演 - 小原秀明
義秀の弟。義秀から“アキ”と呼ばれている。数日前に育ててくれた父親が亡くなり義秀を頼って横須賀にやって来る。義秀とは違い気弱な性格で言葉数も少なめだが根は悪い人間ではなく人質の杏子にも優しく接する。
矢野加律子
演 - 三原葉子
義秀たちの姉御的存在。スナック「マンハッタン」のママ。スナックに義秀たちが杏子を連れて来たことで、結果的に刑事から義秀の仲間とみなされる。以前悪さをして留置場に入れられた時に零と一度会っており、その後再会した彼女に義秀たちに元刑事であることをバラさない代わりに金を要求する裏取引を計る。

警察関係者[編集]

演 - 戸浦六宏
警視庁の幹部。日下の上司。したたかな性格で、日下に「南雲の希望通り誘拐事件を解決することで貸しを作っておけば、自分たちの将来が保証される」と本音を述べる。
所轄署主任
演 - 関山耕司
零が黒人女性殺人事件の捜査で勝手な行動をし、現職刑事が友好国の外交官を射殺するという事件をしでかし、国際問題や自身たち警視庁の上役の責任問題になりかねないため激怒する。
井上
演 - 久地明
刑事。メガネをかけている。最初の身代金受け渡しの時に一般人のフリをして少し離れた場所で張り込み、現場に現れた犯人を捕まえようとする。
金子
演 - 佐藤晟也
刑事。最初の身代金受け渡しの時に一般人のフリをして少し離れた場所で張り込み、現場に現れた犯人を捕まえようとする。
今西
演 - 横山繁
刑事。ハンチング帽を被っている。最初の身代金受け渡しの時に一般人のフリをして少し離れた場所で張り込み、現場に現れた犯人を捕まえようとする。
所轄署長
演 - 相馬剛三
警官
演 - 山田甲一
警官
演 - 木村修

その他の人たち[編集]

リチャード・サクソン
演 - ロルフ・ジェイサー
外交官(大使館付一等書記官)。ある夜客としてディスコに訪れた所、踊っていた零を気に入り酒をおごったことで親しくなる。実はエミイ殺しの容疑者らしき男。SMプレイが好きで自身はS役。
エミイ
演 - 柿沢エミ(写真のみ)
零の友人で過去の殺人事件の被害者で黒人女性。冒頭で自身の事件に絡んで零が殺人事件を犯し刑事を辞めさせられる。
留置場の女たち
演 - 谷本小夜子小甲登枝恵、竹本清女
加律子と同時期に留置場で過ごす女たち。加律子と同じく警察に恨みを抱いており、自身たちが過ごす留置場に後から犯罪者として入ってきた零が元刑事と知って皆で痛めつける。
高坂正雄
演 - 森祐介
杏子の恋人。ただし、冒頭で杏子が善悟の政治活動に絡んで他の男と結婚することになり、彼女から別れを切り出される。その直後に現れた義秀たちに杏子を襲われ、彼女を助けようとするが彼らに殺されてしまう。
神奈川刑務所の看守
演 - 佐川二郎
冒頭部出所する義秀を見送った看守。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 作中では刑事による外交官殺しが公になると国際問題となり、警視庁の幹部の責任問題になる恐れから、事件は表向き“何者かにより外交官が殺されたが迷宮入り”となる。零は密かに1ヶ月間勾留されるが起訴されていない状態。
  2. ^ 冒頭の刑事時に所持している手錠、拳銃、警察手帳までが赤色の物を使用している。