007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
No Time to Die
No Time To Die 13.svg
監督 キャリー・ジョージ・フクナガ
脚本 ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド英語版
スコット・Z・バーンズ
キャリー・ジョージ・フクナガ
フィービー・ウォーラー=ブリッジ
原作 イアン・フレミング
製作 バーバラ・ブロッコリ
マイケル・G・ウィルソン
出演者 ダニエル・クレイグ
ラミ・マレック
レア・セドゥ
ラシャーナ・リンチ
ベン・ウィショー
アナ・デ・アルマス
ナオミ・ハリス
ジェフリー・ライト
クリストフ・ヴァルツ
レイフ・ファインズ
音楽 ハンス・ジマー[1]
主題歌 「No Time To Die」
ビリー・アイリッシュ
撮影 リヌス・サンドグレン
編集 トム・クロス
エリオット・グレアム
製作会社 ダンジャック
イーオン・プロダクションズ
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
ユナイテッド・アーティスツ
ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ・リリーシング
世界の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 イギリスの旗 2021年9月30日
日本の旗 2021年10月1日
アメリカ合衆国の旗 2021年10月8日
上映時間 163分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $250,000,000
前作 007 スペクター
テンプレートを表示

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(原題:No Time to Die)は、2021年のスパイ映画イーオン・プロダクションズが製作する「ジェームズ・ボンド」シリーズの第25作目となる。主演のダニエル・クレイグは、架空の英国MI6諜報員であるジェームズ・ボンドを演じるのは5回目であり、クレイグは本作が最後のボンド映画になると語っている。監督はキャリー・ジョージ・フクナガ、脚本はニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジが務める。レア・セドゥベン・ウィショーナオミ・ハリスジェフリー・ライトクリストフ・ヴァルツロリー・キニアレイフ・ファインズが前作の役柄を再演し、ラミ・マレックラシャーナ・リンチアナ・デ・アルマスダリ・ベンサーラフランス語版ビリー・マグヌッセンデヴィッド・デンシックが新キャラクターとして出演する。

企画開発は2016年に始まった。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、『スペクター』(2015年)公開後、ソニー・ピクチャーズの契約満了に伴い、国際配給権を獲得したユニバーサル・ピクチャーズが配給する初のボンド映画となる。メトロ・ゴールドウィン・メイヤーの子会社であるユナイテッド・アーティスツ・リリーシングは、全世界のデジタルおよびテレビ放映権を含む北米の権利を保有している。また、ユニバーサルは、全世界での物理的な家庭用メディアでの発売権を有している。

ダニー・ボイルは当初、監督と脚本をジョン・ホッジと共同で担当することになっていた。両者は2018年8月に創造性の違いから離脱し、その1カ月後にボイルの後任としてフクナガが発表された。キャストの大半は2019年4月までに契約していた。プリンシパルフォトグラフィーは2019年4月から10月まで、ワーキングタイトル『Bond 25』で行われた。最終的なタイトルは2019年8月に発表された。

ボイル監督の離脱とその後のCOVID-19パンデミックによって延期された後、イギリスでは2021年9月30日、日本では10月1日、アメリカでは10月8日に公開される予定。

あらすじ[編集]

エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドの確保から5年後、現役を退いたジェームズ・ボンドは、ジャマイカで穏やかな日々を過ごしていた。そんなある日、彼のもとに旧友でもあるCIAエージェントのフェリックス・ライターがやって来て、誘拐された科学者ヴァルド・オブルチェフを救い出してほしいと依頼する。

現役復帰したボンドは、危険な最新技術を操る正体不明の敵との想像を超える過酷な闘いに身を投じる。

キャスト[編集]

主人公のダニエル
ジェームズ・ボンド
演 - ダニエル・クレイグ、日本語吹替 - 藤真秀[2]
主人公で元MI6エージェント。前作『007 スペクター』で現役を退く。
リューツィファー・サフィン
演 - ラミ・マレック[3][4]、日本語吹替 - 中井和哉[2]
本作の悪役。ボンドとスワンの敵でテロリストのリーダー。
マドレーヌ・スワン
演 - レア・セドゥ、日本語吹替 - 園崎未恵[2]
前作のボンドガール。『スペクター』で彼のミッションを支援した医師であり、また前作で死亡したミスター・ホワイトの娘。
ノーミ
演 - ラシャーナ・リンチ、日本語吹替 - 斎賀みつき[2]
ボンドの引退後しばらくして現役に就き、007番号が割り当てられた新しい『00』エージェント。
パロマ
演 - アナ・デ・アルマス、日本語吹替 - 水樹奈々[2]
ボンドを支援するCIAエージェント。
M
演 - レイフ・ファインズ、日本語吹替 - 原康義[5]
MI6部長。
Q
演 - ベン・ウィショー、日本語吹替 - 川本克彦[5]
MI6の兵器開発課長。
イヴ・マネーペニー
演 - ナオミ・ハリス、日本語吹替 - 杉本ゆう[5]
Mの秘書でありボンドの仲間。
フェリックス・ライター
演 - ジェフリー・ライト、日本語吹替 - 石田圭祐[5]
ボンドの旧友でありCIA局員。誘拐された科学者ヴァルド・オブルチェフの救出を依頼する。
ビル・タナー英語版
演 - ロリー・キニア、日本語吹替 - 白熊寛嗣[5]
Mの補佐を務めるMI6の幕僚主任。
エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド
演 - クリストフ・ヴァルツ、日本語吹替 - 山路和弘[2]
前作の悪役であり巨大組織「スペクター」を束ねていた首領。彼の身柄は現在MI6の管理下に置かれている。本名はフランツ・オーベルハウザー。
プリモ
演 - ダリ・ベンサラ
ボンドがイタリアマテーラで最初に遭遇した敵の傭兵。
ヴァルド・オブルチェフ
演 - デヴィッド・デンシック、日本語吹替 - 多田野曜平[2]
誘拐された科学者。
ローガン・アッシュ
演 - ビリー・マグヌッセン、日本語吹替 - 浪川大輔[2]
ボンドがオブルチェフを見つけるのを支援するためにライターによって割り当てられたCIAエージェント。

製作[編集]

2020年1月15日にビリー・アイリッシュがシリーズ史上最年少で主題歌を提供することが007と本人のインスタグラムで発表された。

撮影[編集]

公開[編集]

当初は2020年2月14日に全世界公開とアナウンスされていた[6]。その後、イギリスでは同年4月3日、アメリカでは4月8日、日本では4月10日に公開予定とされていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全世界で11月まで延期されることが決まり、さらに後日新たな公開予定日がイギリスは11月12日、日本は11月20日、アメリカは11月25日に決まっていた[7]。しかし、同年10月には翌2021年4月まで再度延期されることが発表され[8]、更に2021年1月には10月まで3度目の延期が発表された。

主題歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ‘No Time to Die’: Hans Zimmer Takes Over as Composer on Bond Movie (EXCLUSIVE)”. 2020年1月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』悪役は中井和哉が吹替!藤真秀、園崎未恵ら豪華声優集結”. シネマトゥデイ (2021年8月30日). 2021年8月30日閲覧。
  3. ^ Nicholson, Tom (2018年12月7日). “Léa Seydoux, Ben Whishaw, Ralph Fiennes And The Gang Will Return For Bond 25” (英語). Esquire. 2019年3月25日閲覧。
  4. ^ “007最新作「ボンド25」悪役にラミ・マレック”. 日刊スポーツ. (2019年4月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904270000043.html 2019年6月26日閲覧。 
  5. ^ a b c d e 『007/#ノータイムトゥダイ』日本語吹替版キャスト。いつもの“ボンドチーム”にはお馴染みのレギュラーメンバーが顔を揃えている。M:原康義/Q:川本克彦/マネーペニー:杉本ゆう/タナー:白熊寛嗣/フィリックス・ライター:石田圭祐。#007待ちきれない”. Twitter (2021年9月12日). 2021年9月12日閲覧。
  6. ^ “『007』最新作、世界公開は2020年2月14日 新監督はキャリー・ジョージ・フクナガに!”. cinemacafe.net. (2018年9月20日). https://s.cinemacafe.net/article/2018/09/20/58378.html 2018年9月23日閲覧。 
  7. ^ “新型コロナで延期の『007』新作、日本公開は11月20日に決定!”. シネマトゥデイ. (2020年3月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0114617 2020年3月11日閲覧。 
  8. ^ ボンド新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」、2021年に公開延期”. AV watch (2020年10月5日). 2020年10月5日閲覧。