007 慰めの報酬 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
007 慰めの報酬
ジャンル アクションゲーム
対応機種 PlayStation 2
PLAYSTATION 3
Xbox 360
Wii
Windows(海外のみ)
ニンテンドーDS(海外のみ)
開発元 Treyarch
Beenox (PC, Wii)
Vicarious Visions (NDS)
Eurocom (PS2)
発売元 アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗オーストラリアの旗 アクティビジョン
日本の旗 スクウェア・エニックス
発売日 欧州連合の旗 2008年10月31日
アメリカ合衆国の旗 2008年11月4日
オーストラリアの旗 2008年11月30日
日本の旗 2009年3月26日
対象年齢 ESRBT(13歳以上)
PEGI16
ACB:M (PS2, PS3, Xbox360, Wii, PC)
ACB:PG (NDS)
CEROC(15才以上対象)
テンプレートを表示

007 慰めの報酬』(ダブルオーセブン なぐさめのほうしゅう、Quantum of Solace)は007を題材にしたゲーム作品。2008年(日本では2009年3月26日)に発売された。開発元は、PlayStation 2版がEurocom、それ以外のPLAYSTATION 3Xbox 360WiiWindows版はTreyarchである。

概要[編集]

主人公のジェームズ・ボンドダニエル・クレイグ)の視点となり自分で操作する。映画『007 カジノ・ロワイヤル』と『007 慰めの報酬』がゲームの舞台。海外ではPlayStation 2版では最高の評価を得ているが、Wii版では最低の評価を得ている。武器名は略称か映画の名をとって名づけられている。ちなみに、PlayStation 2版はTPS(三人称視点)だがそれ以外はFPS(一人称視点)でプレイする。さらに、PlayStation 2版はその以外の機種のものとは全体的なストーリーは同じだが、任務の内容や、登場する武器、操作方法、ステージの地形が大きく異なっており、プレイステーション2版では、ハイチのドックでの潜入がある代わりに、それ以外の機種の、カジノポイズン、マイアミ空港、モンテネグロ鉄道、ベニスがなくなっている。

PLAYSTATION 3Xbox 360Windows版(国内未発売)は12人、Wii版は4人までのネットワーク対戦が可能。PlayStation 2版は一人でしかプレイできない。なお、PlayStation 2版はスクウェア・エニックス最後のPS2ソフトであった。

主題歌[編集]

映画版と違い「When Nobody Loves You」という曲である。

映画と違う点[編集]

  • ボンドが愛用している拳銃は映画版ではワルサーPPKに戻っているのに対し、ゲーム版はP99のままである。
  • 映画ではホワイト邸と地下穴、スラム街、マイアミ空港、モンテネグロ鉄道、貨物船での戦闘のシーンが無く、科学センター外部という場所のシーンが一切ない。またゲームでは科学センター内部で激しい銃撃戦をするが、映画ではディミトリオスとの少々の格闘で終わっている。映画でのスラム街とマイアミ空港はどちらかと言うと、戦闘よりも追跡に近い。
  • オペラハウスで、ボンドは「今日は休館日だ」と言っているが、映画ではオペラを上演している。
  • ゲームでは科学センター外部と内部に客が一人もいないが、映画では展覧会をしていたため、かなりの量の客でにぎわっている。(PlayStation 2版では、今日は閉館したということになっている。)
  • ベニスでゲットラーを倒す場所、状況が異なる。ただ、武器は同じようだ。
  • 映画ではハイチのドックで潜入は行っていない。
  • 服装やその他の仕様がところどころ違う。