1月0日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1月0日は、天体暦などにおいて、1月1日の一つ前に来る日付を指す。

概要[編集]

天文学での元期として使われる日付であり、実質的には前年の12月31日を意味する。1900年1月0日とは、1899年12月31日のことである。

元期として使いやすいためには、その起点が「0」であると便利である。そうでないと、算術上の日数計算が1日だけずれてしまい、面倒なことになる。これは、西暦1年の前年を紀元前1年とする流儀と、西暦1年の前年を西暦0年とする流儀の両方があって、紀元前の年数が1年だけずれることと同様である(「0年#西暦0年」、「紀元前1年#西暦0年」も参照)。その他多くの換算などで、しばしば便宜的に使われる日でもある。

「1900年1月0日」の表現は、西暦1900年を元期とする暦表時を作成した際に用いられた[1]。また、サイモン・ニューカムTables of the Sun でも用いられていた。

1900年1月0日12時(世界時)すなわち1899年12月31日12時(世界時)は、ユリウス日の変種である Dublin Julian Date (DJD) の起点日(元期)でもある[2]

マイクロソフト・エクセルによる1900年日付様式によれば、1900年1月0日はJanuary 0, 1900と表示された[3](これはもともと、Lotus 1-2-3とのバグ互換のために入っていた調整に由来する。詳細は「Microsoft Excel#1900年うるう日問題」を参照のこと)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Leap Seconds”. Time Service Department, United States Naval Observatory. 2006年12月31日閲覧。
  2. ^ ASTROCLK Astronomical Clock and Celestial Tracking Program Archived 2007年09月28日, at the Wayback Machine. (page 110)
  3. ^ XL2000: Early Dates on Office Spreadsheet Component Differ from Excel”. マイクロソフト. 2007年12月8日閲覧。 “In the Microsoft Office Spreadsheet Component, the value 0 evaluates to the date December 30, 1899 and the value 1 evaluates to December 31, 1899. ... In Excel, the value 0 evaluates to January 0, 1900 and the value 1 evaluates to January 1, 1900.”