10.21国際反戦デー闘争 (1969年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

1969年の10.21国際反戦デー闘争は、1969年10月21日東京都新宿区を中心に発生した日本の新左翼暴動事件。

事件の概要[編集]

国際反戦デーにあたるこの日、新左翼各派は前年の国際反戦デー闘争(新宿騒乱)に続き大規模な街頭闘争を計画、新宿を中心に各地で機動隊と衝突した。

また、新宿以外でも日本生産性本部NHK放送センター日本工業倶楽部に火炎瓶を持った学生らが乱入、占拠したほか、本所警察署に火炎瓶が投げ付けられる事件も発生した[1]

この事件での逮捕者は1594人に上り、過去最大であった。但しこの記録は翌月の佐藤首相訪米阻止闘争で塗り替えられることになる。

逮捕者には、地方の大学から動員された、東京地理に疎い学生が多かったという。 また、デモへの参加、逮捕者には教師なども含まれたが、日本教職員組合は無関係であるとの姿勢を示した。広島県教職員組合に所属する教諭5人が逮捕された例では、同県教組は除名処分はしないとしつつも救援活動などを断った[2]

警備に当たった警察官が攻撃を受け受傷する事例が相次いだ。1969年10月27日、警視庁は公務中に負傷した44人に対して特別昇任を行った。44人のうち40人は6カ月以上の療養者であった[3]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「反戦デー 学生ゲリラ相次ぐ NHK放送センターに乱入」『朝日新聞』昭和44年(1969年)10月21日夕刊、3版、1面
  2. ^ 「救援活動はしない 広島県教組決める」『朝日新聞』昭和44年(1969年)10月28日朝刊、12版、15面
  3. ^ 「公傷警官を特別昇任 警視庁が初の措置」『朝日新聞』昭和44年(1969年)10月28日朝刊、12版、15面
  4. ^ 臼井敏男 『叛逆の時を生きて』 朝日新聞出版、2010年、144頁。