100分de名著

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

100分de名著』(ひゃっぷんでめいちょ)とは、NHK Eテレ2011年3月30日に放送を開始した教養番組である。

概要[編集]

2010年9月に4日連続で放送した特集番組『一週間de資本論』を基にした番組である。毎回古今東西の名著にスポットライトをあて、その作品の奥深さを、「噛み砕いて解説したらこの人の右に出る人はいない」というプレゼンターがわかりやすく、かつ楽しく解説するというものである。題名の「100分」とは毎週25分間、4回で100分間に渡ってその作品の背景他を詳しく解説するという狙いで付けられた。[注釈 1]

『一週間』は定時再放送以外に3度再放送が行われた。また、『一週間』では司会の堀尾正明と解説以外にゲスト解説を招く格好で放送したが、『100分』では最終回(週)のみゲストが出演する(出演しない月もある)。

番組のNHKテキストとともに「100分de名著ブックス」がシリーズで刊行されている。

放送日時[編集]

同じ月に初回放送が5週ある場合は、第5週は第4週の再放送になる。

2011年度
  • 初回放送:水曜 22:00 - 22:25
  • 再放送:次週水曜 5:35 - 6:00、11:30 - 11:55
いずれも解説放送あり。
2012年度・2013年度・2014年度
  • 初回放送:水曜 23:00 - 23:25
  • 再放送:次週水曜 5:30 - 5:55、12:25 - 12:50
2014年7月8日の早朝回の再放送は「2014 FIFAワールドカップ」の準決勝戦中継のため休止した。
2015年度
  • 初回放送:水曜 22:00 - 22:25
  • 再放送:次週水曜 6:00 - 6:25、12:00 - 12:25
2016年度・2017年度・2018年度・2019年度・2020年度
  • 初回放送:月曜 22:25 - 22:50
  • 再放送:同週水曜 5:30 - 5:55、12:00 - 12:25

出演者[編集]

司会[編集]

2011年度
2012年度
2013年度
  • 伊集院光
  • 武内陶子 4月 - 11月、2014年1月分担当
  • 礒野佑子(NHKアナウンサー)12月分担当
2014年度・2015年度
  • 伊集院光
  • 武内陶子
2016年度
  • 伊集院光
  • 礒野佑子
2017年度
  • 伊集院光
  • 島津有理子
2018年度
  • 伊集院光(8月度を除く)
    • 齋藤孝(8月度)
  • 島津有理子(4月 - 9月)
  • 安部みちこ(NHKアナウンサー) 10月 -
2019年度・2020年度
  • 伊集院光
  • 安部みちこ

テーマ音楽[編集]

  • 2011・2012年度:「100分 de 名著 -Theme-」(作曲・横山克
  • 2013年度からは椎名邦仁作曲のテーマ音楽が使われている。

内容[編集]

レギュラー放送[編集]

2010年代[編集]

2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

2020年代[編集]

2020年
2021年[編集]
2021年
司会 内容 解説
ゲスト
語り手
その他出演者
備考
1 伊集院光 安部みちこ マルクス資本論 斎藤幸平 朗読:岡山天音
語り:目黒泉
2 ファノン黒い皮膚・白い仮面 小野正嗣 朗読:北村有起哉
語り:小口貴子
3 100分de災害を考える
第1回 「自然」と対話する 寺田寅彦「天災と日本人」
第2回 見えざる隣人としての「死者」 柳田國男「先祖の話」
第3回 「明日の不確かさ」を胸に刻む セネカ「生の短さについて」
第4回 「生きる意味」を問いなおす 池田晶子「14歳からの哲学」
若松英輔 朗読:滝藤賢一
語り:加藤有生子
4 渋沢栄一「論語と算盤」 守屋淳 朗読:小野武彦
語り:内藤裕子
5 三島由紀夫金閣寺 平野啓一郎 朗読:山田裕貴
語り:小口貴子
6 ブラッドベリ華氏451度 戸田山和久 朗読:玉置玲央朝倉あき
語り:加藤有生子
2021年6月期の題材だが、
第1回の本放映は2021年5月31日。
7 ボーヴォワール「老い」 上野千鶴子 朗読:筒井真理子
語り:目黒泉
2021年7月期の題材だが、
第1回の本放映は2021年6月28日。
8 アレクシエーヴィチ戦争は女の顔をしていない 沼野恭子 朗読:
語り:加藤有生子
東京オリンピック放送のため第一週は休止し、
第二週(8月9日)から放送。

スペシャル放送[編集]

100分間拡大スペシャルで、司会の武内(2013年度 - 2015年度)・礒野(2016年度)・島津(2017年度)・安倍(2019年度・2020年度)と伊集院(2013年度 - 2019年度)・稲垣吾郎(2019年度)・カズレーザー(2020年度)に加えて4名の指南役が出演、指南役が原則1作品ずつ取り上げた。

受賞歴[編集]

100分de平和論(2016年1月2日放送)

(NHKエデュケーショナル/テレコムスタッフ/日本放送協会)

100分deメディア論(2018年3月17日放送)

(NHKエデュケーショナル/テレコムスタッフ/日本放送協会)

エピソード[編集]

  • 司会を務めていた島津は、2018年5月に取り上げた『生きがいについて』(神谷美恵子)に啓発を受けて医師になることを決意、同年9月限りでNHKを退職し、医大生となった。
  • 2020年のCOVID-19パンデミックに伴い、4月の「ピノッキオの冒険」第3回から声優の招聘は断念され、園部啓一の音声解説は付かずナレーターも交替。解説者を交えたスタジオ収録も不可能となり、当初5月に採り上げる予定だった「純粋理性批判カント)」は4月初旬に2週分収録を終えた時点で中断が決まり、放送は6月に延期。4月中にはパンデミックとパニックを描く内容からリクエストが多く寄せられた「ペスト」、報道の危うさを訴えた「100分deメディア論」の再放送が行われ、5月のレギュラー枠には「平家物語」の再放送が充てられた。また5月11日から6月25日まではEテレサブチャンネルでも、休校や分散登校で自宅待機となった小中学生向けに「夏目漱石スペシャル」、「ファーブル昆虫記」などの再放送が行われた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「資本論」自体は2021年1月に再び採り上げられる。
  2. ^ 2016年3月12日のEテレセレクション枠で再放送。
  3. ^ 2019年6月22日のEテレセレクション枠で再放送。
  4. ^ 2020年4月19日 0:30再放送。
  5. ^ 2019年1月2日 1:00再放送。
  6. ^ 2021年1月16日 15:00再放送。

出典[編集]

  1. ^ 再放送決定!「100分de名著」”. Eテレ お願い!編集長. NHK (2018年). 2018年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月17日閲覧。
  2. ^ シティボーイズ斉木しげる、カントに扮して「永遠平和のために」朗読”. お笑いナタリー. ナターシャ (2016年8月1日). 2021年4月27日閲覧。
  3. ^ ドラマ「赤めだか」ギャラクシー賞1月度月間賞、たけしの演技に評価”. お笑いナタリー. ナターシャ (2016年2月22日). 2021年4月27日閲覧。
  4. ^ “第42回「放送文化基金賞」表彰対象について” (PDF) (プレスリリース), 公益財団法人 放送文化基金, (2016年6月8日), http://www.hbf.or.jp/upload/42kisha.pdf 2021年4月27日閲覧。 
NHK Eテレ 水曜 22:00 - 22:25
前番組 番組名 次番組
100分de名著
NHK Eテレ 水曜 23:00 - 23:25
3か月トピック英会話
100分de名著
テレビでハングル講座(月曜22時枠からの移動)
NHK Eテレ 水曜 22:00 - 22:25
スーパープレゼンテーション(同日22時25分に繰り下げ移行)
100分de名著
NHK Eテレ 月曜 22:25 - 22:50
オイコノミア
100分de名著
-