1001

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1000 1001 1002
素因数分解 7×11×13
二進法 1111101001
六進法 4345
八進法 1751
十二進法 6B5
十六進法 3E9
十八進法 31B
二十進法 2A1
ローマ数字 MI
漢数字 千一
大字 千壱
算木 Counting rod h1.pngCounting rod 0.pngCounting rod 0.pngCounting rod v1.png

1001千一、せんいち)は自然数、また整数において、1000の次で1002の前の数である。

性質[編集]

他の進数での性質[編集]

  • Nが以上の偶数進法では、1001÷11の商は、「N2-(N-1)」となる。
    • 例として、六進法では 1001÷11 = 51(十進表記で 31 = 62-5)、十進法では 1001÷11 = 91(十進表記で 91 = 102-9)、十六進法では 1001÷11 = F1(十進表記で 241 = 162-15)となる。
  • 六進法、十進法、十二進法二十進法では、1001と表記される数はの倍数になる。
    • 1001に相当する数は、六進法が (217)10、十進法が (1001)10、十二進法が (1729)10、二十進法が (8001)10であり、いずれも7で割り切れる。(※六進法では七は(11)6と表記される)

その他 1001 に関連すること[編集]

関連項目[編集]