11ぴきのねこ ふくろのなか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

11ぴきのねこ ふくろのなか』は、馬場のぼる作の絵本『11ぴきのねこ』シリーズの一作である。1982年出版。

あらすじ[編集]

遠足へ出かけた11ぴきのネコたち。その途中、「花を取るな」、「橋を渡るな」、「木に登るな」などと禁止事項を催促されている立て札があるにもかかわらず、無視してその通りに行い、さらに目の前にあった大きな布製の袋に「入るな」と書かれていたのも無視して中に入ってしまう。だがそれは、高い山に住んでいる怪物「ウヒアハ」が仕掛けた罠だった。ウヒアハに捕まり過酷な仕事をやらされるネコたちは、何とかその場から逃げようと作戦を開始する。

何とかウヒアハを倒し、その場を後に山を下りて行く一同。そこで「わたるな」と書かれた立て札を前にした大道路に出くわすが、一同はそばにあった歩道橋を渡って行くのだった。

登場キャラクター[編集]

11匹のねこ
本シリーズの主役。看板の忠告を無視し続けたウヒアハに捕らえられるも、脱出に成功する。なお、とらねこ大将だけ、花を取るなに関しては彼らを止めようとする。
ウヒアハ
高い山に住んでいる怪物。11匹のねこをとらえて強制労働させるも、11匹のねこの罠にはまり撃退される。