11月5日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2017年 11月霜月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

11月5日(じゅういちがついつか)はグレゴリオ暦で年始から309日目(閏年では310日目)にあたり、年末まであと56日ある。

できごと[編集]

トヨタ・カローラ販売開始(1966年)
赤軍派の一斉検挙となった大菩薩峠事件(1969)。弱体化した赤軍派は連合赤軍を結成する
尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件(2010)。映像投稿者「sengoku38」擁護のプラカード

誕生日[編集]

太宰春台
経世論を提唱した儒学者太宰春台(1680-1747)誕生
天下国家ヲ治ルヲ経済ト云。世ヲ経シテ民ヲ済フト云義也――『経済録』
ウィルコックス
アメリカ合衆国の女流詩人エラ・ウィーラー・ウィルコックス(1850-1919)誕生
貴方が笑えば、世界は貴方と共に笑う。貴方が泣くとき、貴方は一人で泣く――『情熱の詩』(1883)より『Solitude』
幸徳秋水
アナキズムの影響を受けたジャーナリスト幸徳秋水(1871-1911)誕生
盛なる哉所謂帝国主義の流行や、勢ひ燎原の火の如く然り。世界萬邦皆に其膝下に慴伏し、之を賛美し崇拝し奉持せざるなし――『帝国主義』(1901)
ホールデン
トランスヒューマニズムの先駆者とされる生物学者J・B・S・ホールデン(1892-1964)誕生
科学は未だ幼少期にあります。未来のものは未来のことを予期することはできません。 信念も、価値も、制度も安全ではないということです――『ダイダロス、あるいは科学と未来』(1923)
インダストリアルデザインの草分けとなったフランスのデザイナー、レイモンド・ローウィ(1893-1986)誕生。画像はGG1形電気機関車
歴史小説家、海音寺潮五郎(1903-1977)誕生
女優ヴィヴィアン・リー(1913-1967)誕生。画像は『風と共に去りぬ』(1939)
把瑠都凱斗
BoA
大韓民国歌手BoA(1986-)誕生

忌日[編集]

記念日・年中行事[編集]

  • 雑誌広告の日(日本の旗 日本
    日本雑誌広告協会が1970年に制定。
  • いいりんごの日(日本の旗 日本
    青森県2001年に制定。「いい(11)りんご(5)」の語呂合せ。
  • 縁結びの日(日本の旗 日本
    島根県の「神話の国・縁結び観光協会」が制定。旧暦10月(新暦11月ごろ)に出雲大社に全国の神が集まり縁結びなどの会議をするとされていること(神無月を参照)と、「いい(11)ご(5)えん」(いいご縁)の語呂合せから。
  • いい5世代家族の日(日本の旗 日本
    製薬会社ノバルティスファーマが制定。「いい(11)ご(5)せだい」の語呂合せ。
  • 津波防災の日(日本の旗 日本)、世界津波の日(World Tsunami Awareness Day 国際連合の旗 国際連合
    津波防災の日は2011年に制定。世界津波の日は2015年に制定[2]。1854年11月5日(旧暦、グレゴリオ暦では12月24日)に安政南海地震が発生した日から[3][4][5][6][7]
  • Burn ALL GIFs day(全てのGIFを焼き尽くす日)
    画像フォーマットGIFLZW特許問題に関連して、GIFの使用をとりやめてPNGJPEG等への置き換えを推奨する日として1999年から実施されていたが、アメリカで2003年6月、日本で2004年にLZWの特許が失効したことから、この頃以降は活動が行われていない。

フィクションのできごと[編集]

  • 1867年 - 米海軍フリゲート艦エイブラハム・リンカーン号が、日本沿岸で潜水艦ノーチラス号と接触。リンカーン号に乗艦していたピエール・アロナックスら3名が海に投げ出され、浮上したノーチラス号に収容される。(小説『海底二万里』)
  • 1955年 - エメット・L・ブラウンが自宅トイレの床で滑って転び、便器で頭を打ったショックでタイムマシンの原理(次元転移装置)を思いつく。同時に30年後の未来からマーティという少年(マーティ・マクフライ)が現れる。(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』)

誕生日(フィクション)[編集]

忌日(フィクション)[編集]

  • 2004年 - L(エル・ローライト)、漫画・アニメ『DEATH NOTE』に登場するキャラクター(アニメでは2007年[14])(* 1979年[15]
  • 2004年 - レム、漫画『DEATH NOTE』に登場する死神のキャラクター[15]
  • 2004年 - ワタリ(キルシュ・ワイミー)、漫画・アニメ『DEATH NOTE』に登場するキャラクター(アニメでは2007年[16])(* 1933年[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ トヨタ企業サイト”. 2013年8月12日閲覧。
  2. ^ 国連、11月5日を「世界津波の日」に制定 日本が提案”. 日本経済新聞. 2015年12月12日閲覧。
  3. ^ 11月5日は「津波防災の日」
  4. ^ 日本提案で「世界津波の日」制定へ 国連委で決議 「稲むらの火」ちなみ11月5日
  5. ^ 11月5日が世界津波の日に 日本提案、国連が決議採択
  6. ^ 岸田外相「世界中で津波対策が進むことを希望」 世界津波の日採択
  7. ^ 11月5日を「世界津波の日」に 決議採択
  8. ^ 佐藤寿也の妹の美穂が1990年生まれであるから(コミックス59巻より)。
  9. ^ 満田拓也『Major―Dramatic baseball comic』24巻、小学館、1999年、107頁、ISBN 978-4-09-125504-4。
  10. ^ 大場つぐみ小畑健『バクマン。キャラクターブック キャラマン。』集英社、2011年、34頁、ISBN 978-4-08-874849-8。
  11. ^ 岸本斉史 『NARUTO -ナルト- [秘伝・臨の書] キャラクター オフィシャルデータ BOOK』 集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2002年、59頁、ISBN 4-08-873288-X。
  12. ^ 松江名俊 『史上最強の弟子ケンイチ 公式ガイドブック 史上最強の秘伝書』 小学館〈少年サンデーコミックス〉、2014年、58頁。ISBN 978-4-09-125016-2。
  13. ^ 松江名俊 『史上最強の弟子ケンイチ 公式ガイドブック 史上最強の秘伝書』 小学館〈少年サンデーコミックス〉、2014年、212頁。ISBN 978-4-09-125016-2。
  14. ^ 大場つぐみ小畑健『DEATH NOTE/A アニメーション公式解析ガイド』、集英社、2007年、6頁、ISBN 978-4-08-874197-0。
  15. ^ a b c 大場つぐみ小畑健 『DEATH NOTE HOW TO READ 13』 集英社ジャンプ・コミックス〉、2006年、10、27、96、146頁、ISBN 4-08-874095-5。
  16. ^ 大場つぐみ小畑健『DEATH NOTE/A アニメーション公式解析ガイド』、集英社、2007年、11頁、ISBN 978-4088741970。

関連項目[編集]