135丁目駅 (IND8番街線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
135丁目駅
135 Street
NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-B.svg NYCS-bull-trans-C.svg
ニューヨーク市地下鉄
135 St IND downtown jeh.JPG
137丁目の公園にある駅構内への入口
駅情報
住所 West 135th Street & Saint Nicholas Avenue
New York, NY 10030
マンハッタン区
地区 ハーレム、ハミルトン・ハイツ
座標 北緯40度49分02秒 西経73度56分53秒 / 北緯40.81709度 西経73.94803度 / 40.81709; -73.94803座標: 北緯40度49分02秒 西経73度56分53秒 / 北緯40.81709度 西経73.94803度 / 40.81709; -73.94803
ディビジョン BディビジョンIND
路線 IND8番街線
運行系統       A Stops late nights only (深夜帯)
      B Stops weekdays only (平日23時まで)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: M3, Bx33
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 6線(停車線 2線、通過線 2線、留置線 2線)
その他の情報
開業日 1932年10日(86年前) (1932-09-10[1]
バリアフリー情報 車椅子でホーム間を移動可能
利用状況
乗客数 (2016)1,731,460[2]増加 2.2%
順位 282位
次の停車駅
北側の隣駅 145丁目駅 (8番街線列車): A Stops late nights only C Stops all times except late nights
145丁目駅 (コンコース線列車): B Stops weekdays only
南側の隣駅 125丁目駅: A Stops late nights only B Stops weekdays only C Stops all times except late nights

135丁目駅(135ちょうめえき、英語: 135th Street)はニューヨーク市地下鉄IND8番街線にある駅である。マンハッタンハーレムとハミルトン・ハイツの交差点に位置し、A系統が深夜のみ、B系統が平日の23時まで、C系統が深夜を除く終日停車している。

駅構造[編集]

配線図
凡例
145丁目駅上層階
145丁目駅下層階
G 地上階 出入口
P
ホーム階
相対式ホーム、右側の扉が開く。
北行緩行線 NYCS-bull-trans-A.svg 深夜のみ:インウッド-207丁目駅行き145丁目駅
NYCS-bull-trans-B.svg ラッシュ時:ベッドフォード・パーク・ブールバード駅行き(145丁目駅)
NYCS-bull-trans-B.svg 平日日中:145丁目駅行き(終点)
NYCS-bull-trans-C.svg 168丁目駅行き(145丁目駅)
北行留置線 定期列車なし
北行急行線 NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-D.svg 通過
南行急行線 NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-D.svg 通過 →
南行留置線 定期列車なし
南行緩行線 NYCS-bull-trans-A.svg 深夜のみ:ファー・ロッカウェイ-モット・アベニュー駅行き125丁目駅
NYCS-bull-trans-B.svg 平日:ブライトン・ビーチ駅行き(125丁目駅)
NYCS-bull-trans-C.svg ユークリッド・アベニュー駅行き(125丁目駅)
相対式ホーム、右側の扉が開く。

この駅は1932年9月10日に開業した[1][3]。この駅は構内に6つの線路を持っており、これはニューヨーク市地下鉄内で同じトンネル内の同じ高さに6線がある3駅の内の1つである(あと2駅はディカルブ・アベニュー駅ホイト-スカーマーホーン・ストリーツ駅である)。外側の2線が南北緩行線、内側の2線が急行線、緩行線と急行線の間にある2線が南北留置線である。

出口[編集]

改札口は全てホーム階に位置し、南北ホーム間の連絡通路などは存在しない。終日開いている改札口は135丁目の端にあり、一部時間帯のみ開いている改札口は北側の137丁目にある。なお、137丁目側の改札口の駅員詰所は閉鎖されている[4]。そのほか、南行緩行線ホームの北側にはトイレがあった。駅の南北端にある階段はどちらもセント・ニコラス・パークに通じており、昔ながらの外観をしている。

  • 階段1つ、セント・ニコラス・アベニューと西135丁目の交差点西側、セント・ニコラス・パーク内(南行ホームのみ)[5]
  • 階段1つ、セント・ニコラス・アベニューと西135丁目の交差点北東(北行ホームのみ)[5]
  • 階段2つ、セント・ニコラス・アベニューと西135丁目の交差点南東(北行ホームのみ)[5]
  • 階段1つ、セント・ニコラス・アベニューと西137丁目の交差点西側、セント・ニコラス・パーク内(南行ホームのみ)[5]
  • 階段1つ、セント・ニコラス・アベニューと西137丁目の交差点南東(北行ホームのみ、出口のみ)[5]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ニューヨーク・タイムズ, List of the 28 Stations on the New Eighth Ave Line, September 10, 1932, page 6
  2. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership 2011–2016”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2017年5月31日). 2017年6月1日閲覧。
  3. ^ Crowell, Paul (1932年9月10日). “Gay Midnight Crowd Rides First Trains In The New Subway: Throngs at Station an Hour Before Time, Rush Turnstiles When Chains are Dropped”. ニューヨーク・タイムズ. https://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=9507E2D61231E633A25753C1A96F9C946394D6CF 2015年11月8日閲覧。 
  4. ^ Reopening Closed Subway Entrances”. pcac.org. New York City Transit Riders Council (2001年11月). 2015年12月6日閲覧。
  5. ^ a b c d e MTA Neighborhood Maps: Harlem / Hamilton Heights”. mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2015年). 2015年7月12日閲覧。